転職フェアとは?参加するメリット・デメリットとおすすめの転職フェア・服装・持ち物まとめ

転職フェアとは

転職活動するうえで、何より重要なのはどんな企業があって、どんな人材を求めているのかや、そもそもどのような事業を行っているのかなどの「情報」ではないでしょうか。

最近はインターネットをだれでも使えるようになったこともあり、自分の都合のいい時に様々な企業情報を入手することができる環境にはなりましたが、逆を言えば「みんなが誰も知ることのできる情報」になってしまいます。

転職活動を成功させたいならば、やはり「自分しか知らない情報」「誰も知らない情報」を入手しておきたいものです。

そんなみなさんにおすすめなのが「転職フェア」です。

様々な企業がコンベンションホールなどに一堂に会して自分の会社のいいところを紹介したり、求めている人材について説明を受けることも出来るので、転職活動をしようと思っている人にはぜひ参加してほしいイベントです。

そこで今回は、転職活動を行う際に「なぜ転職フェアが望ましいのか」や、参加することのメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

転職フェアとは「採用希望者と企業のマッチング」イベント

転職フェアにブースを出すような企業は、明らかに人材を欲している企業です。

それも、具体的に「あのスキルを持った人材が欲しい」などと、具体的にどのような人材が欲しいかをイメージできている企業なのです。

私たち転職活動を行う側にとっても、「うちではこんな人材を求めているんです!」と看板を掲げてくれている方が、こちらも転職先として候補を絞り込みやすいメリットがあります。

また転職フェアは新卒採用の合同説明会とは違い、採用担当者だけでなく現場で働く社員もブースにいますから、実際に働いている人の生の声を聴いて判断材料にすることも出来るでしょう。

企業にとって転職フェアは人材獲得の戦場

昨今、どの業種でも人手不足が叫ばれるようになり、求人倍率は高いものの、特定の業種だけでなく、どんな業種でも求人募集が出たままになっている状況です。

そんな売り手市場の昨今、企業にとって転職フェアは即戦力の人材を直接見つけ出し、あわよくば入社してもらえるチャンスとなっていますから、力の入れようが違います。

給与がいいとか、スキルがあれば能力給を追加するとか収入面のメリットを強調するのはもちろん、福利厚生面を打ち出してきて「ワーク・ライフ・バランス」を重視できる企業であることをアピールしている企業も多くなっています。

実際、転職サイトで求人をだしているだけではライバル企業に競り勝っていい人材を得ることができないので、転職フェアの機会を重要視している企業が多くなっているのです。

それに転職フェアでは、転職希望者に直接自社のいいところを説明できるので応募者を増やすことも出来るし、一種の青田買いをすることも可能になるわけです。

もちろん応募する私たちも、書類選考なしで採用担当者と直接話せるチャンスなわけで、疑問に思うことをその場で質問できるだけでなく、会社の雰囲気や仕事量など様々な実情を伺い知ることができます。

それでは、実際にどのようなメリットがあるのかを詳しくご紹介しましょう。

転職フェアのメリット

転職フェアのメリット1 面接では聞けないような質問ができる

転職フェアの企業ブースには採用担当者がスタンバイして質問に対応できるように準備していることが一般的です。

応募する側としては「会社の雰囲気はどうですか?」などと、面接では聞けないようなことを尋ねることができるわけです。

とはいっても、待遇面とか収入面ばかりを聞くのはさすがに印象が悪くなりますから、あなたにとって本命の企業のブースではそれらの質問をほどほどにしておきましょう。

転職フェアのメリット2 企業選びに役立つ

企業選びの際に必要な情報はたくさんありますけど、一般的には年収や仕事内容、それに年間休日数などは求人情報であったり企業のホームページ等に掲載してあるので、転職フェアであえて尋ねなくても調べれば分かります。

転職フェアなのですから、ぜひその企業で働いている人と直接話して、会社の社風や優れているところなど、一般的に知られている情報以外のマル秘情報なども知ることができるかもしれません。

転職フェアのメリット3 キャリアアップや仕事に活かせるセミナーに参加できる

転職フェアは、求人情報や企業情報を得るだけではなく、転職活動に欠かせないマナーや必勝法などを教えてもらえるチャンスもあります。

転職活動は誰でも頻繁にすることではありませんから、いざ活動をしようとしても職務経歴書の書き方や面接での自己アピールの仕方などがわからないこともあるので、それらをセミナーの場で教えてもらえると非常に有益な時間となります。

本来であればこれらのセミナーは有料で開催されていることも多いので、それが無料で参加できるのは財布にも優しいのでありがたいでしょう。

転職フェアに参加するデメリットもある

ここまでは転職フェアについて参加するメリットばかりをご紹介しましたが、メリットがあれば当然デメリットもあります。

ここでは、転職フェアに関するデメリットをいくつかご紹介したいと思います。

転職フェアのデメリット1 会社の人と出くわす可能性がある

転職活動を行っていることは、今所属している会社の人に知られたくないものです。

しかし、転職フェアに参加した時に同じ会社の人に会ってしまうかもしれません。

でも、落ち着いて考えてみれば相手も転職活動を行っているわけですから、会ってもあなたのことをばらせば自分の転職活動もばらされるわけで、たいていの場合は会社にばれることがありませんが、なんだか弱みを握られたような気分になって不安になることは避けられません。

あと、まかり間違ってもあなたの会社がブース出展している転職フェアに参加するのは避けましょう。

最近では転職フェアの広告には出展企業名が必ず掲載されているので、参加したいと思っている転職フェアの出展企業名は前もって確認してください。

転職フェアのデメリット2 人気の企業ブースは待ち時間が長い

転職フェアに参加して何度か参加してみると、人気のある企業の傾向がだいたい分かって来るものですが、どんな場所のフェアに行っても、人気のある企業ブースには行列ができていることが多いものです。

ですから、フェアの内容や場合によってはいくら待ってもブースの中にすら入ることが出来ないこともあります。

時間の都合で長い時間フェア会場にいられない場合は、時間に余裕を持ってフェア会場に出向いておくことをお勧めします。

転職フェアのデメリット3 ライバルの数に圧倒されてしまう

転職フェアと言うことは、自分と同じように転職を考えている人たちが多数来場するわけです。

人気の企業ブースに行くと、ライバルたちが列をなしてアピールをしたり、根掘り葉掘り情報を入手しようとしているわけです。

その有様を見ていると、自分が果たしてこれらのライバルより抜きんでて転職に成功することが出来るのかと不安になってしまうのです。

確かに、最近は売り手市場であることもあって転職を考えている人も多くなっているのは事実ですから、それだけを捉えて自信を喪失してしまっては転職フェアに参加した意味が無くなってしまいます。

転職フェアの開催時期・開催地はどうすれば分かる?

実際に転職フェアに参加しようと思った場合、自分が仕事を探そうと思っている地域で近々転職フェアの開催予定があるかどうか探してみましょう。

転職フェアを探す際にはインターネット検索が手っ取り早くておすすめです。

あと、転職フェアは開催される時期が集中することが多く、一般的には年度初めを見越した2月~3月、半年を経過した9月前後に多く開催されます。

企業の求人は2018年になってもどんどん活発になっているので、いつでも求人があってその内容も日々変化していることも多いものですが、特に年度初めの4月と下半期の始まりである10月を節目にして中途採用を募る企業が多いので、その前にお紺割れる転職フェアはぜひチェックしておきましょう。

また、大手企業の主催する転職フェアは東京・大阪・名古屋・福岡・札幌などの5大都市を中心に行われますが、最近では地方でも開催されることが多くなっています。

これは、地方に拠点を置く企業も景気回復の流れを受けて人材を採用しようとしていることや、都会に労働力が移動する中で地方の人材がさらに不足したことで企業が優秀な人材を確保しようと躍起になっていることが原因です。

リクルートなどの大手企業が行う転職フェアだけでなく、地方の新聞社などが開催する転職フェアまで視野を広げて積極的に参加するのも効果ありと言えます。

自治体主催の転職フェアも見逃さないこと

最近は地方の人口減少が叫ばれており、自治体が移住・定住を推奨する政策を展開するようになりました。

その関連としてIターンやUターンを推進することを目的に自治体が転職フェアを開催することも多くなっています。

自治体が地元の企業を集めて「転職セミナー」とか「転職相談会」などの名称で転職フェアが行われることも多くなっています。

おすすめの転職フェア

それでは、ここからは民間企業が主催する転職フェアの特徴を詳しくご紹介していきます。

あなたにピッタリの転職フェアが見つかれば、ぜひ積極的に参加してみることを検討してみましょう。

doda

doda転職フェア

doda(デューダ)は、東京や大阪を中心に300社が参加する大規模な転職フェアを行っています。

大規模な転職フェアだけに入場前は列ができることが多いのですが、インターネットで事前にエントリーシートを作成して印刷の上持参しておくと優先的に入場できるのでぜひ事前に準備しましょう。

参考 doda転職フェアdoda

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職フェア

求人情報サイトの運営で老舗と言えるリクルートが主催する転職フェアは、東京・名古屋・大阪の3大都市で開催されています。

リクナビNEXTの転職フェアは転職お役立ちセミナーが会場内で開催されたり、自信のキャリアを分析して転職時のアピールポイントを見つけてくれる「キャリア相談コーナー」などがあるので非常に助かります。

ちなみにイベントのタイトル名は「はじめての転職フェア」ですが、対象者の転職回数は限定されていませんので、ぜひ参加してみましょう。

もし当日会場でわからないことがあれば、会場内に常駐の「フェアナビゲーター」に聞くと会場内の説明はもちろん、企業ブースの回り方、転職フェアの活用法までしっかりと教えてくれるので頼ってみましょう。

参考 【リクナビNEXT】の転職フェアリクナビNEXT

マイナビ

マイナビの転職フェア

大手企業の転職フェアが東京・大阪などの大都市中心なのに対し、マイナビの転職フェアは、岐阜、名古屋、大阪、広島、福岡、浜松、横浜、京都など、日本国中さまざまな都市で開催されることが多いです。

マイナビの転職フェアは比較的幅広い年代の人が参加できるイベントになっていて、大手企業や優良企業の出展も多いのでよい情報を入手しやすいイベントとなっています。

これから始めて転職活動をする人にはマイナビの転職イベントが登竜門としてはお勧めです。

参考 転職フェア・イベントならマイナビ転職マイナビ転職

転職フェアの持ち物はどんなものがいい?

転職フェアに参加する場合、ぜひ持っておいて欲しい持ち物は次の通りです。

  • 筆記用具
  • メモ帳
  • A4サイズの書類が入る大きめのかばん
  • 履歴書
  • 職務経歴書

筆記用具やメモ帳は必須アイテムですが、もらえる資料を1つにまとめて持ち運べる大きめのビジネス用かばんがあればぜひ用意しておきましょう。

あと、履歴書や職務経歴書はある程度記入済みの物を持って行き、キャリアカウンセラーなどに添削してもらう場合には速やかに提示できるようにしておきます。

その他、セミナーの内容を家に帰って確認したいような場合はICレコーダーやスマートフォンの録音機能を使って保存することもよいでしょう。

ガイドブックを見て回る順番を決めておく

転職フェアの受付では、ガイドブックや名札、各企業へ提出するためのエントリーシートなどが配られますが、まずはガイドブックをチェックしましょう。

自分が目当ての企業ブースの場所を確認するだけでなく、効率よく回るために優先順位をつけるためにもぜひチェックしましょう。

まとめ

転職フェアは大都市を中心に行われることが多く、あなたが済んでいる場所によっては転職フェアに参加できない場合もあるかもしれません。

だからといって、それは転職活動に大きな問題とはなるわけではありません。

例えば転職サイト、転職エージェントをしっかり活用すれば転職活動はしっかり行えますし地方にいても都会の求人情報をリアルタイムに入手することも可能なのです。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントとは? 転職エージェントとは?他のサービスとの違いや使うのがおすすめな人を解説!

それでも、転職フェアは「リアルタイムな転職事情」を目の当たりにできる貴重な機会には変わりありませんので、ぜひ一度は参加してみて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。