エグゼクティブ転職・ハイクラス転職におすすめの転職エージェント6選

エグゼクティブ転職に強い転職エージェント

上級管理職への転職を目指したり、ハイクラス向けの求人を狙うことを、エグゼクティブ転職と呼びます。

現職で役員であったり、中間層の人が上級管理層への転職を目指す動きは、活発化しています。最近では、こうしたハイクラスの転職を目指した人を支援する転職エージェントが数多く存在するようになりました。

実際に、こうした転職を目指すなら、転職エージェントを活用したほうが、成功しやすいでしょう。

今回は、エグゼクティブ転職をする際に、どうして転職エージェントを活用するべきなのか、おすすめの転職エージェントサイト、転職エージェントを活用する際の注意点などを、ご紹介していきます。

エグゼクティブ転職を目指すなら転職エージェントを活用すべき理由

エグゼクティブ転職を目指す人の多くは、ハイクラスの職や役職に就いている人がほとんどでしょう。給料や待遇が良いため、または立場上の事情で、すぐに職場をやめるのが難しいために、転職活動が上手くいかない、といった方が多いと思います。

そのような人たちがエグゼクティブ転職をするサポートをしてくれるのが、転職エージェントです。転職エージェントを上手く活用すれば、自分で探すよりも多くのメリットを受けられます。

以下、メリットを具体的に解説していきます。

求人を探す手間が省ける

エグゼクティブ転職を目指す人が求人を1から探そうとすると、求人数が多く、かなり手間がかかります。

転職エージェントを利用すれば、自分に合ったハイクラスの求人を、的確に紹介してもらえます。しかも、他の転職サイトには掲載されていないような、特別な求人を紹介してくれる可能性もあります。

つまり、自分ひとりで転職先を探すよりも、確実に良い転職先と巡り会える可能性が高い、ということです!

サポートが充実している

転職エージェントは、求人を紹介してくれるだけではありません。その後のサポートが充実しているのも定評があります。

たとえば、求人応募語にある書類を代理で提出してくれたり、面接のサポートをしてくれます。担当のエージェントは、今まで数多くの求職者の転職案件を扱ってきましたから、多くの企業が求める人材像を把握しています。

そのため、履歴書の書き方から面接のアドバイスまで、的確なサポートが受けられるのです。さらに、求職者と企業の仲介に立って、給料交渉まで行ってくれるのは心強いですね。

エグゼクティブ転職の転職エージェントには2種類ある

エグゼクティブ転職の人が転職エージェントを上手に活用するためには、転職エージェントについて理解しておきましょう。
まず、エグゼクティブ系転職エージェントは主に2種類があります。それは、

  • 総合転職エージェント
  • ヘッドハンティング型転職エージェント

です。以下で詳しく解説します。

総合転職エージェント

専任のコンサルタントが担当となり、膨大なデータベースよりあなたにマッチする求人を紹介してくれる、一般的な形式のエージェントのことです。

総合型の大きなメリットは、大量の案件を抱えていることです。広い求人がありますから、自分の希望する求人に巡り会える確率が上がったり、他の案件と比較することが可能です。

ヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型では、総合型のように、担当のエージェントは付きません。あなたの希望する条件に合った求人を、コンサルタント(ヘッドハンター)から連絡がくる方式です。エグゼクティブ転職の、特殊スタイルとなります。

ヘッドハンティング型の大きなメリットは、エグゼクティブ求人の中でもさらにハイクラスの案件を紹介してもらえます。
多くのエグゼクティブの求人は、重要な事業戦略に関わっていますから、公には公開したくない場合がほとんどです。

そのため、機密情報を守れるエージェント(ヘッドハンター)に依頼するのです。公開されない求人にふれることができるのは、大きな利点です。

しかし、こうした案件は数少ないです。自分が希望する求人とめぐりあうには、中長期的となるでしょう。

エグゼクティブ転職でのおすすめの転職エージェントを紹介

ここでは、2種類の転職エージェント別、おすすめのエージェントサイトをご紹介していきます。

エグゼクティブ転職におすすめの総合転職エージェント

JACリクルートメント

jacリクルートメント

JACリクルートメントは、ロンドンで創業された、日系転職エージェントです。日本ではすでに30年近くの実績を積み重ねており、日本をはじめアジア7カ国に拠点を広げている世界的な大企業です。

中国やシンガポール、近隣アジアやイギリスなどの転職に強いです。そのため、グローバルスキルを活かした転職が得意な転職エージェントサイトと言えます。

外資系企業や海外進出企業の案件を数多く保有していますし、さらにグローバルスキルがある人用の個別説明会を開催するなど、海外での転職支援に力を入れています。

自身の語学力を活かしたい、海外転職に興味がある人なら、是非登録をおすすめしたい転職エージェントです。

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職業界大手である「リクルートキャリア」が運営している転職エージェントサイトです。

この名を知らない転職者は少ないでしょう。実際、求人数や転職成功実績はともに業界トップクラスを誇ります。幅広い業種や職種の情報を保有しています。

リクルートエージェントに登録すれば、専任コンサルタントが付きます。希望条件に沿った求人を紹介してもらえたり、応募企業にかんする情報を公開してもらえるのがポイント。さらに応募書類の作成や面接対策なども、無料でサポートしてもらえます。

リクルートエージェントでは、ハイクラスのエグゼクティブの転職事例や、エグゼクティブ転職を専門としたコンサルタントも在籍しています。

コンサルタントは、エグゼクティブ向けの非公開の情報を持っており、その求人情報の豊富さ、各業界の企業動向や内部事情に詳しいのが特徴です。

エグゼクティブ転職を目指す人には、心強い味方であると言えます。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ

総合人材サービス大手である「パーソルキャリア」が運営している、エグゼクティブ転職に特化した転職エージェントサイトです。

dodaエグゼクティブでは、パーソナルキャリアグループで集められた多くの業界や職種の求人より、年収800万円を超えるような求人を保有しています。

一般的には公開されていないような、CEO・COO・CFO・CIOといった経営層・管理部門の責任者、または金融・IT・コンサルティング業界における特別な求人も扱っています。

キャリアドバイザーにも好評があり、業界知識や経験が豊富で、サポートの実績をしっかりと積んでいるようなエグゼクティブ専任のコンサルタントが在籍しています。

そのため、エグゼクティブの転職に関する情報が充実していますから、WEBサイト上には、エグゼクティブ向けの情報が数多くあります。

たとえば、キャリア進化論をまとめた「ゼネラル・マネージャーの条件とは?」「戦うエグゼクティブたち」「ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方」といった有力な特集はおすすめですよ。

enミドルの転職

enミドル

enミドルには、1,500万円以上の、管理職向きの案件が紹介されています。

取り扱っている職種が多岐に渡っており、求人の年収も1,000万円以上のものがほとんどです。ハイクラス層の中でも、さらに年収をアップさせたい人にはおすすめです。

こちらは総合型の転職サイトにはなりますが、登録をすれば、スカウトサービスを利用することも可能です。

エグゼクティブ転職におすすめのヘッドハンティング型転職エージェント

キャリアカーバー

キャリアカーバー

総合人材サービスである「リクルートキャリア」の、エグゼクティブ転職に特化したサービスです。

サイト登録時には、職務経歴書をサイトに記入していきます。すると、キャリアカーバー内のヘッドハンターが、あなたの「かかりつけヘッドハンター」として、キャリアに沿った求人を紹介してもらえます。

キャリアカーバーのヘッドハンターは、経営幹部や幹部候補の転職支援実績が多数あります。また、それぞれ独自のコネクションがありますから、従来の転職エージェントと比較すれば、エグゼクティブ転職のプロと言えます。

転職希望者と企業のニーズが沿った案件に、出会える確率がぐっと上がります。

キャリアカーバーは業界の中でもトップクラスですから、求人数と知名度は高いです。ですから、対応している業種や職種も広く、希望分野の求人があるかどうか、チェックしやすいのも特徴です。

より専門的なヘッドハンターにキャリア相談をしたい人や、通常の転職エージェントでは希望どおりの求人が見つからない人は、是非利用したいですね。

ビズリーチ

ビスリーチ

ビズリーチでは、管理職や専門職といったハイクラス向けの求人が揃っています。また、ハイクラス向けの情報やサービスが充実しているのもポイントです。

ビズリーチに在籍しているヘッドハンターの数は、およそ1,700人ほどと多いのが特徴です。自分に合ったハンターとめぐり逢いやすいでしょう。

年収2,000万円を超えるような案件があったり、ベンチャー企業や中小企業はもちろん、大企業の案件も多数抱えています。

ビスリーチ ビズリーチってどうなの?口コミから見たメリット・デメリットと総合評価

エグゼクティブ転職にて転職エージェントを活用する際の5つの注意点

エグゼクティブ転職には、専用の転職エージェントを活用するのが重要であることはご紹介しました。

以下では、転職エージェントを利用する際に気をつけたい点を4つご紹介します。

複数の転職エージェントに登録しよう

エグゼクティブ向けの求人は、他の求人と比較して、数が少ないです。複数の転職エージェントに登録して情報収集をした方が、機会を失わずにすみません。

無料で登録できますから、是非複数のエージェントに登録して、求人情報を集めましょう。

転職エージェントの複数利用 【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

同じ案件に、複数のコンサルタントから応募しない

複数の転職エージェントに登録したら、同じ企業の案件に複数のエージェントから応募することは避けましょう。

企業側からエージェントに「複数の応募がきている」と連絡が行くと、企業や担当コンサルタント両者に不信感を与えてしまいます。

場合となっては、応募自体が無効になったり、コンサルタントから企業案件を紹介してもらう機会が減る可能性もあります。

Vorkersで社内の雰囲気を把握しよう

Vorkers」というサイトでは、会社評判の口コミが掲載されています。ここで、自分が転職希望する会社を検索してみましょう。

社員のリアルな口コミが見られますから、ある程度の社内の雰囲気を把握することができるでしょう。

エージェントによっては、売上のために偽りの情報を教える人もいます。自分である程度の情報は収集しておくようにしましょう。

転職口コミサイト 転職口コミサイトの情報は信用していい?信用できる口コミの見分け方とおすすめの転職口コミサイト

転職エージェントとの相性を見極めよう

もしも転職エージェント担当者との相性が合わない、と思ったら、そのエージェントの利用は考えたほうが良いでしょう。

担当エージェントと相性が合わないと、転職活動がやりにくくなったり、素直な意見が伝えられず希望条件と合わない求人が紹介されたりするケースもあります。

この人とは合わないな、と思ったら、別のエージェントを活用するようにしましょう。

まとめ

近年ではグローバル化やIT化、M&A件数の増加により、管理職やCEOに適した人材が求められている傾向にあります。

ですがこうした求人は、秘匿情報になるので、非公開でエージェントを介して依頼されているのが多いです。そのため、エグゼグティブ転職をするのなら、転職エージェントの活用が重要なのです。

ですが、転職エージェントの情報をすべて鵜呑みにしてはいけません。エージェントの中には、自分の利益のためだけに求人を案内しているケースも少なくありませんから、「Vorkers」といった情報サイトを利用して、自分でも企業に関する情報を集めましょう。

エグゼクティブ転職で年収アップを目指すなら、事前に実績とスキルを磨くのが効果的です。また、海外進出を目指すのなら、語学力や海外での留学経験があるとなお良いでしょう。

是非この記事を参考にして、転職エージェントを活用したエグゼクティブ転職を成功させましょう!

外資系企業への転職 外資系企業へ転職するメリット・デメリット・転職方法や求められる人材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。