面接での「最近感動したことは?」への答え方のコツと例文

転職面接で最近感動したこと

仕事の面接で、「最近感動したことは何ですか?」と聞かれることがあります。

仕事への意欲や得意なことを尋ねられるとばかり思っているときに、こんな質問をされて戸惑う人も多いはずです。

面接官がこうした質問をするのは、求職者の価値観やふだんの態度を知りたいと思っているからです。仕事をいっしょにできる人柄かどうか、職場にすぐに馴染める性格かどうかなどを面接官は見極めようとしています。あえて会社や仕事と関係のない話題を持ち出すのは、不意をつかれた就活生がどんな回答をするかを面接官は見ようとしているからです。

一見、意味のないように思える質問にも、面接官の意図が隠されています。今回は、このような不意の質問へのベストな回答例も用意しました。なぜこうした質問が出るのかを理解し、ふさわしい答えができるように準備をするようにしましょう。

最近感動したことを面接で聞かれる理由

仕事とは無関係なことにしか思えなくても、面接の場でのすべての質問は求職者の評価のために行われています。自分を上手にアピールするには、質問の裏にある面接官の意図を読み取らなければいけません。

最近感動したことは何ですかと尋ねられたのであれば、その答えからなにをチェックされるのかをよく考えておくべきです。自分の評価を左右する大切な場面であることを理解して、慎重に答えるようにしましょう。

人柄を見極めるため

感動したことについて尋ねられるとき、面接官は就活生の人柄に注目していることが多いです。

面接の大きな目的のひとつは、相手の人柄を確かめ、信頼できる人物かどうかをチェックすることにあります。最近感動したことを話してもらうことで、その人の素の人柄や価値観などを面接官は見ることができます。

なにに感動するのかは人によって大きく異なります。同じ対象についてであっても、どんな部分に感動したのか、どんな感情をもったのかも人によってさまざまです。こうした質問を通して、その人の基本的な性格や人生のなかで重視しているものなどを企業は知ろうとしています。

意外な質問に対して素早く対応する能力

わざと意外な質問をぶつけることで、面接官は就活生の不測の事態への対応能力をチェックすることもあります。

会社や仕事についての質問ばかり続けたあとで、最近感動したことのように、「仕事と無関係に思える質問」をわざとぶつけてきます。このときその人物がうろたえたりしないか、的確で説得力のある応答ができるのかなどを面接官はチェックします。

意外な事態がおきても、冷静に考えをめぐらせ、素早く対処することもまた企業が求める資質のひとつだからです。

あるいは、万一の場合を考えて前もって念入りに対策を練ることのできる人物かどうかも、この質問から面接官は見ることができます。

仕事に対する価値観を知るため

最近感動したことについての質問で、その人物がどのような価値観を仕事に対してもっているのかをチェックされることもあります。つまりこれは、仕事をするうえでなにを大切に考えているかを知るための質問です。

仕事への価値観は、その人の職場での取り組み方に大きく影響を与えると考えられます。面接官がこのポイントに興味をもつのは当然のことです。

もしも企業がめざす価値観とその人物の価値観とが等しいと判断されれば、その人には高評価がつくことでしょう。逆にあまりにも価値観がかけ離れていれば、仕事にうまく馴染めないだろうと評価も下がるかもしれません。

こうした質問で高評価を得るには、その企業がもっている理念や価値観を事前によく調べ、それを踏まえた回答を用意することが大切です。

自分のまわりに気配りができる人物かどうかを見るため

物事に感動できるというのは、他人や周囲の事がらに対して鋭い感受性をもっているということです。こういう人は、周りの人を思いやる能力も高く、円滑な業務のために必要な行動をとることができると考えられます。

他人に感情移入する資質がなければ、小説を読もうが映画をみようが感動することはありません。本人が感動したと言い張ったところで、その中身はじつは薄っぺらな感想にすぎないでしょう。

感動の内容を聞くことで、その求職者の人間らしい心や感性のアンテナの鋭さ、周囲を見て行動する能力の高さなどを面接官は判断しようとしています。

抽象的な事柄でも伝える能力があるかどうかを見るため

感動を相手に伝えることは簡単ではありません。限られた時間のなかで、抽象的な内容を相手に的確に伝えるのはとてもむずかしいことです。

たんに事実を並べるだけだったり、力んで話すだけだったりでは感動の内容を相手に伝えることはできません。感動という個人的な感情を第三者に伝えるには、ポイントを要領よくまとめ、客観的な情報を加えながら説明する力が必要です。会議や営業でも大いに活用できるものであるため、面接官はこの能力の有無をチェックしようとします。

こうした高度な表現力をもつ人材はほとんどの企業で歓迎されます。面接でこの質問にうまく答えることができた就活生には、高評価が与えられる可能性が高くなるでしょう。

最近感動したことに回答するのときのポイント

感動についての質問に答えるときに、押さえておくべきポイントをここでご紹介しておきます。

自分の実体験にもとづくエピソードを使う

他人から聞いた話を自分の体験のように話したり、まったくの作り話を持ち出したりするのはいけません。かならず実体験に基づいたエピソードを取り上げましょう。

実体験でない話は中身に乏しく粗が目立つので、面接官にウソが混じっていることをすぐに気づかれてしまいます。

ウソがあると判断されることは、かなりのマイナス評価につながります。そんなリスクを冒すよりは、自分の体験のなかからエピソードを探すほうがはるかに確実で安全です。

フリーズしたり言葉を途切らせたりしない

たとえ一瞬困ったとしても、フリーズしてしまったり、話を途中で途切らせたりしてはいけません。話の内容を整理することは大切ですが、必要以上に考えこまず、思い浮かぶことを素直に伝えることもまた大切です。

感動について質問をすると、たしかにパニックになる就活生はたくさんいます。しかし面接官は、相手を困らせたくてこうした質問をするわけではありません。個性や人柄が見えやすいから、この問いかけが選ばれているだけなのです。

面接のために、最近の就活生は時間をかけて十分な対策を講じています。そのために受け答えが模範的になりすぎて、人柄を読みとるのに苦労する面接官が多いのです。

感動について質問がでるときに、面接官に意地の悪い考えはなく、その就活生の人間性を垣間見たいと思っているだけなのだと覚えておきましょう。必要以上にうろたえたりせず、素直な言葉をつないでいくことが大切です。

些細なエピソードでも大丈夫

感動したものは、些細なことでもまったくかまいません。大げさに考えるとハードルが高くなりすぎます。ふだんの生活のなかでふと気持ちが動いたこと、印象に残ったことを取り上げ、上手にまとめて話すようにしてみてください。

評価を決めるのは、気持ちの表現力やアピール力の高さです。題材自体はあまり問題ではありません。

感動したことが思いつかなくて困ってしまう人は、題材探しをむずかしく考えすぎている場合がほとんどです。大きな事がらなくても大丈夫なので、日常生活のなかからエピソードを探してみましょう。

おおらかな笑顔で答える

自然な笑顔を浮かべながら、緊張せずにおおらかに質問に答えてみてください。

面接の準備を入念にしてきた人ほど、構えた表情で機械的に答えるクセがついてしまうものです。しかし面接官が見たいのは、その人の素の人間性であり自然な表情です。

感動したことを思い出すと、そのときのことを思い出して人はつい笑顔になります。この表情をこわさず、ふつうの会話をしているつもりでおおらかに答えましょう。

ただの感動ではなく学びをセットにする

学びのない感動はただのエピソードです。学びがあった、成長につながったという話とセットにすることが、面接で高評価を得るためには必要です。

どのような影響を受けたのか、自分の行動がどのように変わったのかなどをできるだけ具体的に話すようにしましょう。

題材はなんでもよく、恋人や友人からサプライズをうけた話や、従妹の晴れ着が美しかった話などでもかまいません。ですが「○○だなと思って感動しました」で終わるのはだめです。

学びのない、個人的な感動話に興味を示してくれる面接官はいません。面接の場であることをよく理解して、相手にアピールのできる要素を話に盛り込んでください。

感動が成長につながったことを伝える

ある感動を体験したことがきっかけで、自分に成長がみられたことをアピールしましょう。感動から学びを得、さらにそれが成長につながったことを伝えてください。

わずかな成長でも大丈夫です。成長の大きさをアピールする場ではありません。むしろ小さな出来事をきっかけに、変われる人間であることを伝えるようにするといいでしょう。

身近なことから感動を得ることができ、そこから人間的にも社会的にも成長できる能力があることを説明するようにしてみてください。

最近感動したことを答えるときの例文

読書や映画の鑑賞について

映画鑑賞

書籍や映画は、感動体験を伝えやすい題材です。面接官が知っている有名作品についてなら、相手からの共感を得られやすくなるでしょう。

ポイントは、内容やあらすじの説明で終わらせないことです。ある程度のストーリー解説は必要ですが、これは手短にまとめるほうがいいでしょう。大切なのは、そこからどんな感動を得たのかということだからです。

マイナー作品を取り上げてもかまいませんが、あらすじや背景の説明、作者についての解説などに時間を取りすぎないようにしましょう。

例文

昨年のベストセラー小説である○○を読んだときに、とても感動しました。とくに作中人物の△△が人間関係に悩み、傷つきながら成長していく過程は印象的でした。自分も△△のようになりたいと思い、苦しいときでも粘り強く交渉することの必要性を学びました。

アルバイト

アルバイト

感動した体験を伝える題材としては、アルバイトも取り上げやすいものです。

アルバイトも仕事のひとつですから、仕事を通じて得られた感動や新しい価値観などは、面接官も受け入れやすいでしょう。

ただこの場合も、ただの感動エピソードの紹介だけに終始しないことが大切です。先輩が一生懸命に働く姿を見て感動しましたなどの、あまりにも陳腐な感想もやめるほうがいいでしょう。給与をもらう以上、賢明に働くことはあたりまえのことだからです。

アルバイトの経験を語るのであれば、社会人として必要な学びを得たことを忘れずに伝えることが大切です。

アルバイトの職種が志望している企業と同じものであれば、以前からその仕事に興味をもっていたことを自然にアピールすることもできます。ある程度の職業経験があると判断され、思わぬプラス評価につながるかもしれません。話を上手にまとめて高評価につなげましょう。

例文

アルバイトでスーパーのレジにいたときに、お客様のために臨機応変に動く先輩の姿をみて感動したことがあります。ベビーカーを押した女性が先輩のレジで支払いを済ませたとき、先輩は荷物台までかごを笑顔で運んでいました。

さらに使ったあとのかごも先輩が片づけてあげていました。使用後のかごはお客様が自分で片づけることになっていましたが、その女性客の方がベビーカーから離れずに済むように、先輩が片づけてあげたのだと思います。

規則に縛られずに、つねにお客様のためを思って機転をきかせる先輩の姿は本当に印象的でした。私もこういう社会人になりたいと尊敬の気持ちがわいてきました。周囲の様子に合わせて柔軟な対応ができるように、私もこの経験以来いつも心がけています。

ボランティア活動

ボランティア

感動を学びとともに伝えるには、ボランティア活動も取り上げやすい題材です。慈善や福祉に関心があったということは、それだけでその人の社会意識の強さを感じさせ、好印象を与えます。

ただボランティアといってもさまざまです。具体的な活動内容とともに、それに参加しようと思った動機も説明するようにしましょう。また個人的な関心や感動体験だけでなく、そこから自分が得た教訓や成長のきっかけなども忘れずにアピールすることが大切です。

例文

昨年の○月に●●で大変な豪雨があり、大きな被害が出たことがありました。ずいぶん前に転居していますが、●●は私が小学生を卒業するまで過ごした町です。考えるだけで心が痛みました。なにかできることがあればと思い、大学の長期休暇を使って災害復興のボランティアに参加しました。

地元の方々といっしょになって復興のお手伝いをしたことは、忘れえない経験になりました。わずかな手助けしかできなかったのに、私が大学へ戻るために●●を去るとき、皆さんは私をむしろ励ましてくれました。どこに住むことになっても、その地域の方々とのつながりを大切にして生きていこうと思いました。

大学生活をすごし、また御社の本社のあるこの町での就職をいまは希望しています。こちらの地域の方々に溶け込み、地元を大切にする社会人として働いていきたいと思っています。

まとめ

感動したエピソードがどうしても思いつかないという人は、いろいろな体験をいまのうちに積んでみてください。映画を見たり、小旅行へ行ったり、時間があれば短期のアルバイトをしてみたりしてみるといいでしょう。インプットされる経験が増えれば、印象に残る出来事や学びもそのなかで見つかるはずです。

大きなエピソードである必要はありません。志望職種や業界と関連しない経験しかなくても大丈夫です。

心に残った出来事がひとつ見つかったら、それを元に面接の準備をしてみましょう。今回ご紹介したアピール作成のコツや例文などが、そのときに大いに参考になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。