一般職と総合職の違いとは?一般職から総合職に転職できるの?両者の違い・特徴を徹底比較

一般職と総合職の違い

求人情報のなかによく登場するのが、一般職と総合職という名称です。だいたいわかっているつもりでも、この2つの明確な違いについては考えたことがなかったという人は意外にたくさんいます。

就職や転職活動を本格化させるまえに、一般職と総合職との違いについて確認しておきましょう。

ここではそれぞれの特徴について説明していきます。また一般職から総合職へ、採用後に職制変更はできるのか、総合職と一般職の併願応募はできるのかなどについても解説します。

総合職の特徴

総合職とは、将来は企業の中核となる人材をあらわす職制です。会社の全体的な業務内容を学ぶ必要があることから、総合職の人たちはさまざまな部署をローテーションで経験することになります。

総合職で採用されると、その人材の適性だけではなく、企業の方針に合わせて配属が決定されます。総合職採用の人たちが、みんな同じ部署に配属されるわけではありません。

具体的にみていきましょう。事務系と技術系に分けて、それぞれの総合職のおもな配属先をあげておきます。

《事務系総合職》

事務系の場合、じつにさまざまな配属先が考えられます。

事務系総合職の配属先

《技術系総合職》

技術系総合職の配属先
  • 品質管理研究・開発
  • 設計
  • 生産技術

技術系総合職で採用されても、あとから事務系総合職の部署で働くことになる人もいます。本人の適性や会社の方針次第で、キャリア変更がおこりやすいのが技術系総合職の特徴です。

事務系であれ技術系であれ、総合職に共通しているのは次のような特徴です。

  • 転勤を命じられる可能性が高い
  • 数年ごとに部署を移動することになる
  • マネージャーやチームリーダーになることが多い

総合職へ応募時に覚えておきたいこと

総合職の人材に対して企業が求めているのは、将来的に会社を担って活躍できる可能性をもっていることです。即戦力になれるかどうかではなく、企業の社風やビジネスモデルに合った人材かどうかが採用時にも重視されます。

応募をする際には、ターゲット企業の設立理念や社風などについてよく調べておくべきでしょう。スキルやキャリアはもちろんあるに越したことはありません。たとえそれらがなくても、企業に合うマインドをもっていることを面接でよく説明すれば、採用への道は開ける可能性があります。

面接では、採用後にさいしょにどのような配属される可能性が高いのか、部署移動は何年おきくらいにおきるのか、何年先に転勤する可能性があるのか、どのような研修制度があるのかなどを担当者に確認しておきましょう。

一般職の特徴

一般職の業務はすべて事務系です。総合職の仕事を補助することが、一般職のおもな業務だといえます。業務内容は企業の業種によって多少異なります。補助的なポジションなので、業務内容はさほど広くありません。

性別に関係なく雇用する企業もありますが、じっさいには一般職の採用は女性が圧倒的に多いです。典型的な一般職の例として、金融機関の窓口業務や、商社やメーカーの事務職などがあげられます。

企業の人事の方針によっては、一般職にも部署移動がおこることはあります。一般職の人材を全国転勤させることはまずありません。

一般職へ応募時に覚えておきたいこと

面接時には、給与、昇給、そして福利厚生などについて担当者に確認しておくべきでしょう。

業務内容に差があるため、総合職と一般職では給与や昇給に差がでる場合があります。求人情報に掲載されている採用時の給与が同じでも、総合職の人材のほうが早く昇給していくことはよくあります。

総合職と一般職で、福利厚生に差をつけている企業もじつはめずらしくありません。

「総合職は男性を採用」「一般職は女性を採用」の企業は多い

総合職は男性に、一般職は女性にという傾向は根強く残っています。ですがこの偏りは、少しずつ改善される傾向があることも事実です。

平成27年度に「男女労働者それぞれの職業生活の動向」という報告を厚生労働省が出しました。それによれば、総合職の採用は男性8割に対し女性は2割、一般職の採用は男性2割に対し女性8割です。

ただ前年の平成26年度の調査結果と比べると、総合職で採用される女性と一般職で採用される男性の数は、わずかならがら増加傾向にあります。性別に関係なく、能力や適性を重視して人材を採用する企業が増えてきていることも確かでしょう。

自分の希望やライフプランにしたがって、性別にとらわれずに自信をもって「総合職」か「一般職」かを選択しましょう。

総合職と一般職のそれぞれのメリットとデメリット

総合職には、昇給や昇進が一般職よりはるかに早いというメリットがあります。企業に大きく貢献できれば昇進も早いですし、いずれは管理職に就くことも十分に可能です。キャリアを重視して精力的に働きたいのであれば、総合職のほうがやりがいがあるでしょう。

ただし総合職には、転勤や部署転換が避けられないという大きなデメリットがあります。

企業によって多少は異なりますが、たとえ結婚して家庭のある場合でも、総合職で採用された人には全国のあらゆる支社への転勤の可能性があります。

キャリアアップのためにいろいろな部署に配属されるので、新しい業務に慣れるために総合職の人はつねに勉強を続けなければいけません。

また残業が多くなることも総合職のデメリットです。一般職なら毎日ほぼ定時に退社できますが、総合職の人はそうはいきません。とくに営業や企画の総合職になった場合、かなりの残業時間を覚悟しなければいけないでしょう。

一般職は昇給や昇進が遅いことが最大のデメリットです。ですが定時退社の日が多いので、自分の家庭やプライベートを大切にしながら一般職の人は働くことができます。

転勤の心配もありません。とくに女性の場合、結婚や出産などを考えると、一般職のほうが働きやすいと考える人が多いかもしれません。

一般職から総合職への転職は可能?

一般職から総合職へ職制を変えることは可能です。人材不足が深刻化している昨今、職制区分にこだわらずに、能力を重視する企業が増えているからです。

一般職としてのキャリアしかなくても、ほかの会社へ総合職で転職することもできます。同一企業内で、一般職から総合職へ変わることもできるようになってきました。

人材不足の企業のなかには、優秀な一般職の社員に、総合職並みの業務をさせているところもあります。

能力を認めてもらうのはうれしいものですが、一般職としての給与や待遇のままで、総合職並みの業務を要求されるのは心身ともにつらいものです。ふさわしい昇給や待遇を望むなら、一般職から総合職に職制転換する道を考えるほうがいいでしょう。

一般職採用者に対し、総合職へ転換できる制度を採用する企業が近年は増えています。必要な研修や試験を受けることで、一般職として採用された人材でも総合職へ職制を変えることは可能です。

転職はしたくないけれど総合職に興味がある人は、こうした制度を活用して一般職から職制を変えてみましょう。

ただしすべての企業がこうした制度を採用しているわけではありません。こうした転換制度に興味のある人は、事前にしっかり調べてから応募する企業を決めるようにしましょう。

勤務先にこうした制度がない場合は、スキルをアピールして、他社の総合職へ転職するという方法もあります。

総合職と一般職は併願できるの?

企業によって違いますが、総合職と一般職の両方への応募を認めている会社もあります。また総合職で不採用になった会社に、一般職として再び応募ができることもあります。

どうしても就職したい企業が決まっているなら、総合職と一般職の両方を視野にいれた就職・転職活動を考えてみるのもいいでしょう。

ただし応募書類を作るときには注意が必要です。総合職と一般職では業務が違うため、異なる内容の書類を用意しなければいけません。

その企業を選んだ理由は同じでもかまいませんが、職種の志望動機や活用できるスキルなどは、総合職用と一般職用では変える必要があります。

転職面接の志望動機 転職面接で志望動機を聞かれたら?答え方のポイント

できれば総合職か一般職のどちらかに絞ろう

制度上は併願ができるとしても、できれば総合職か一般職のどちらかの立場で応募をすることをお勧めします。2つの職制に同時応募すると、まったく違うスキルや性格をアピールしなければいけないことになるからです。

同じ採用担当者を相手に、総合職用と一般職用で異なる自己PRを披露するのはむずかしいものです。

総合職か一般職のどちらがいいのか決められない場合は、落ち着いて自己分析をしてみましょう。仕事において重視すること、これからのライフスタイルと仕事、自分の性格にふさわしい働き方などのために紙を1枚ずつ用意し、いくつかの項目を作ってそれぞれの答えを書き出してみてください。

キャリアアップを望むか、どれくらいの年収が欲しいのか、結婚後も残業ができるか、地元から離れてもかまわないかといった項目は必須です。

職制を決めるうえで不可欠なことなので、これらにはかならず明確な答えをだしましょう。自分の性格がよくわからない場合は、友人や家族に尋ねて答えをみつけても大丈夫です。

こうやって紙に書き出していくと、職制を決めるうえで矛盾する希望や性格がみえてくることがあります。たとえば「高収入がほしいのに、転勤だけはぜったいに嫌」、「キャリアアップしていきたいけれど、他人をサポートするほうが得意」などです。

こうした矛盾がでてきたときは、どちらが克服できそうか、どちらを諦められるかを考えてみてください。むずかしい決断になるかもしれませんが、ここで気持ちを整理しておくと、その後の就職・転職活動がずっと有利になります。

まとめ

今回は総合職と一般職のどれぞれの特徴や違いについてご説明しました。それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらで就職することがいいとはひと口ではいえません。

自分の希望、ライフスタイル、性格などに合わせて、総合職か一般職かを選ぶことが大切です。

男性は総合職、女性は一般職という区別もいまではなくなりつつあります。こういう時代こそ、後悔のない就職や転職のために、自己分析をしっかり行って職制を決めることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。