貿易事務の仕事内容とは?求められるスキル・資格・やりがいまとめ

「事務」と聞けば、デスクワークで簡単な作業を思い浮かべる人が多いと思います。しかしその仕事内容は、勤務する職種によって変わってきます。たとえばメーカーや商社などの営業事務であれば、取引先とのコミュニケーション能力が問われます。

一方で、高いスキルや経験が重要となる専門性の高い事務もあります。それが、貿易事務です。活躍できる機会が多く、ステップアップも望める事務仕事なのです。

今回は、貿易事務の仕事内容や年収、スキルややりがいなどをご紹介します。

貿易事務の仕事内容とは?

貿易事務とは、その名前の通り、海外への輸出入に関する事務手続きを行う仕事です。

以下、詳しく解説していきます。

輸出業務

  • 輸出通関の手続き
  • 輸出通関書類の作成
  • 運送便の手配
  • L/C(Letter of Credit・信用状)決済手続き

物を輸出する際に行う主な事務作業が、上記の通りです。特に「L/C決済」の仕事が、貿易事務の中でも重要な仕事になります。

貿易取引では、商品の引き渡しと代金の支払いにタイムラグが生じてしまいます。それによるリスクを回避するのが、「L/C決済」です。銀行側が発行するL/Cを利用して、信用状取引を行うのです。

輸入業務

  • 輸入通関の手続き
  • 商品の納入管理
  • 関税および消費税の納付
  • L/C決済関連業務

輸入業務に関しても、輸出業務とほぼ変わらない業務を行います。

どちらの場合も、社内外の関係者とメールや電話でやりとりをしていきます。

貿易事務が求められるのは?

貿易事務の仕事が求められる業界は、主にメーカーや商社、船舶会社・航空会社などがあります。

貿易事務を募集している業界例

  • 商社
  • 製造業者
  • 通関手続き代行専門のフォワーダー
  • 船舶会社
  • 海運貨物取扱業者
  • 保険会社
  • 銀行
  • 税関
  • 商工会議所
    etc…

メーカーの場合、大手であるほど、複数の国とのクロスボーダーな取引が多くなります。海外工場の製品を日本へ輸入する手配、逆に他国への輸出作業、他国から仕入れた資材をそのまま別の国の工場へ納入する作業、などがあります。

商社の海外メーカーであれば、商品を日本へ輸入するのが主になります。また、日本企業の代理店として海外市場に流す仕事もあります。

船舶会社や航空会社であれば、貿易事務は運輸作業の中継ぎを担います。

このように、貿易事務といえども、幅広い業種が募集しているのです。

勤務先によって、業務内容が変化する

貿易事務は、勤務する会社の業種や、規模によって内容が大きく変化します。

大手企業の場合

大手企業は、貿易事務の業務内容が細分化されています。その中から、一部分を担当する制度が主です。たとえば、商品の受注や発注業務のみ、L/C決算業務のみ、といった具合です。

小中企業の場合

小規模企業では、複数の業務を担当することが多いです。商品の受注や発注のみならず、倉庫の手配、通関手続き、代金回収、クレーム処理などを、一人でこなしていくケースが多く見られます。

商社の貿易事務の場合

商社では、取引相手とのやり取りがメインになります。商品の価格交渉、受発注業務、船積手配といった業務があります。

通関手続き代行業者の場合

通関手続き代行のフォワーダーは、その名の通り、通関書類の代行などがメインです。商社や製造業者の依頼に基づきながら、書類を作成していきます。

上記のように、企業の大きさ・業界の違いによって、担当する業務内容も変化します。とはいえ、事務処理において共通している部分が多いです。部門や会社が変わったとしても、培った知識や経験を活かすことは可能ですので、スキルアップもできますよ。

貿易事務に有利な資格

貿易事務の仕事に就くには、資格が必須というわけではありません。しかし、取得しておけば有利な資格があります。それが、「貿易実務検定」です。

「貿易実務検定」は、日本貿易実務検定協会が運営している資格です。貿易実務の能力や知識を試される試験であり、合格すれば「実務能力があり」と認められることになるので、未経験者には格好のアピール材料になります。

貿易実務検定にはレベルがあり、A級・B級・C級があります。C級が基本レベルであり、A級が上級者レベルです。まずはC級から目指すと良いでしょう。

貿易実務検定よりも難易度は上がりますが、国家資格である「通関士」も有利になります。通関手続きに関する知識を証明することができますから、キャリアアップに繋がるでしょう。実際に、貿易事務に勤めながら通関士の資格取得を目指す人が多いです。

貿易事務の年収は?

貿易事務は、専門性の高い職種です。ただのデスクワークだけにとどまらず、輸出入業務に関するルールや専門用語を覚える必要があるからです。そのため、一般の事務職と比較して、年収が高い傾向にあります。

貿易事務の雇用形態には、正社員のみならず、派遣・アルバイト・契約社員などさまざまです。どういった契約を結ぶのか、どこで勤務するのかによって、その給料もピンキリです。

雇用形態別による年収例

正社員の場合の年収例

  • 大手企業で正社員勤務。30代半ばまで400万円~450万円
    役職につけば500万円以上
  • 中小企業で正社員勤務。30代半ばまで
    350万円前後

大手であるほど年功序列の風習が残っていますから、長く勤務するほど給料もアップしていきます。

一方の中小企業では、やはり大手と比較すれば少ないです。専門知識を求められるのに給料が低いと不満を抱く方も多いでしょう。ですが、中小でも経営状況が良い会社を選択すれば、スキルがあると判断されれば大手よりも高い年収を狙える場合もあります。

派遣社員の場合の年収例

  • 時給 1,300円~1,800円
  • ボーナスなしの場合、
    時給1,600円の年収 300万円前後

派遣の場合、未経験者の時給は低く、経験者やスキルを積むほど時給が高くなっていきます。

時給計算で重要になるのは、勤務時間です。勤務時間が長くなればなるほど、年収も増えていきます。たとえば、時給1,700円で7時間働けば、日給は11,900円。一方、時給1,600円で8時間働けば、12,800円。一日で900円の差があり、月収にすれば2万円ほどです。

給料面を重視するなら、平均残業時間が多い職場を敢えて選択するのも一つの手です。

残業手当についてしっかりと確認を!

貿易事務の仕事は、勤務先や雇用形態によりますが、残業が多い傾向があります。取引先である海外の企業と時差があることや、輸出入スケジュールの調整が難しい面があるからです。

派遣社員だと、残業手当の支給が保証されています。一方の正社員の場合は、給料が年俸制として固定する代わりに残業手当を支給しないケース、または支給対象時間を制限しているケースがよく見られます。毎月の給与が固定されるため、いわゆるサービス残業だけが増えることになりますから、仕事の意欲が削がれる可能性もあります。

就職や転職活動をする場合で年収を重視するなら、その企業の規模や経営状況を、しっかりと研究しておくようにしましょう。また給与が年俸制になっている場合は、通期毎の平均残業時間がどれくらいなのかも、しっかりと確認しましょう。

スキルを積んで年収アップを目指そう

貿易事務に未経験で就職・転職した場合、即戦力として期待されないため、他の一般事務職よりも給与が低くなる傾向があります。最初から、高い給料を期待すると失望してしまうかもしれません。

ですが、コツコツと実務経験を積んでいき、輸出入の流れや業界のルールといった専門知識を身に着けていけば、活躍の場が増えていきます。英文での申請書類のチェックや海難トラブルの対応といった、専門性の高い業務を任せるようになるでしょう。

自分のスキルを高められると同時に、もっと年収の高い企業へと転職することも容易になります。

貿易事務で求められるスキルとは?

貿易事務では、一般事務と違い、語学力などが求められます。

以下、求められる主なスキルをご紹介します。

事務処理能力

貿易事務は「事務職」のカテゴリーですから、もちろん事務処理能力が重視されます。書類作成ソフトを使いこなすPCスキルももちろんですが、正確さとスピードが伴ったタイピング能力なども、評価されます。

語学力

海外とのやりとりが多いので、もちろん語学力も求められます。主に、一般的な英語能力が重視されます。メールや書類作成の際に、英文読解能力や作成能力がなければ、仕事に支障が出るでしょう。電話でのやりとりもありますから、英会話が出来るかどうかも大事です。

コミュニケーション能力

貿易事務の仕事は、コミュニケーション能力が重視されます。それは海外のお客さんと英会話で会話できるかどうか、だけではありません。国内企業の海外支店とのやり取りもありますから、相手の国籍関係なく、スムーズなやり取りが出来る人物が高く評価されます。

貿易事務で働くメリットややりがいは?

貿易事務は、一般事務と違って、スキルを伸ばせる時間が感じやすい、といったメリットがあります。

以下で、メリットややりがいをご紹介します。

英語を活かすことができる

貿易事務の最大のメリットといえば、英語力を伸ばせる点です。海外の人たちとやりとりする機会が多いので、英語を使う機会が多いからです。英文での貿易書類作成や、海外の取引先とのコミュニケーションなど、英語力を活躍できる場は多くあります。

英語が好きでそれを活かした仕事をしたいなら、うってつけの職種です。英語力に自信がなくとも、貿易事務の業務をこなしていくうちに、身につけていくことも可能です。

グローバル化が急激に進んでいる現代では、英語が必要不可欠です。ですから、仕事レベルで英語が使える人は、社会で非常に貴重な人材となれるでしょう。外資系企業やIT企業といった、さまざまな分野へのキャリアチェンジにも役に立ちます。

貿易に関われることのやりがいを感じられる

貿易事務は、主に輸出入に関する業務です。大手の企業であればあるほど、輸出入の規模も大きくなります。ときには何千トン、何千万円といった巨大な物やお金が動きます。そんな大規模な取引に関われるというのは、もちろん責任もありますが、他で経験することができない貴重な経験であると言えます。そこに醍醐味ややりがいを感じる人も多いです。

大手でなくとも、中小企業でも十分にやりがいを感じられます。たとえば海外の有名ブランドのアパレル商品を輸入している企業であれば、そのブランドのやりとりに自分が関与しているんだ、というやりがいを感じられるでしょう。

コミュニケーション能力が向上できる

貿易事務は、コミュニケーションの機会が多いです。

  • 貿易に関して、国内外の担当者とのやりとり
  • 貨物に保険をかける為に、保険会社の人とのやり取り
  • 代金の受け取りに関して、銀行の人とのやりとり
  • 自社内での各部署とのやり取り

このように、社内との連携はもちろん、社外の人との関わりがとても深いのです。

コミュニケーション能力といっても、単に会話ができれば良い訳ではありません。相手の意志や意向を的確に読み取り、上手に言葉にして伝える技術が求められます。これは仕事上で一般的に求められるスキルでもありますから、貿易事務の仕事を通じて、社会的なコミュニケーションを向上させることができます。

専門的なスキルを高められる

貿易事務の仕事は、専門用語が多く、高い専門知識が問われます。分からない用語があれば、自分で調べたり、周りに聞いたりしなければなりません。時間もかかりますし、量が多いので、初めての人にはとても難しく感じられるでしょう。

しかし実務で経験を積んでいけば、的確かつ迅速に処理をしていくことができるでしょう。同時に専門知識も付いていきますから、自分のスキルを高めることができます。また、貿易実務検定の上位レベルを目指す、通関士の資格を取得する、といった独学でのスキルアップも可能です。

それにより、もっと専門性が深い仕事を任せられるようにもなり、やりがいも感じやすくなるでしょう。

貿易事務は、貿易に関する実務のエキスパートです。転職時でも、スキルの一つとしてアピールすることができますよ。

グローバルな仕事に就ける

貿易事務の主な仕事相手は、海外企業であることが多いです。まさにグローバル業務に携われるという感覚が持てます。海外の人と関われる仕事をしたい、と考えている人なら、まさにピッタリな職種でしょう。

キャリアプランを立てやすい

貿易事務は、一般的な事務職と違って、専門的な知識が必要となります。実際に転職市場でも、経験者は優遇されています。そのため、経験や実務を積んでおけば、女性が育児や出産で一度退職しても、再度就職しやすいのでキャリアを積みやすいという利点があります。

まとめ

何度かご紹介したとおり、貿易事務という仕事は、専門性が高く求められる職業です。

貿易事務という仕事に興味はあるけれど、専門的な知識がない…、と、不安に思う必要はありません。誰だって最初は未経験から始まっています。先輩のアシスタント業務から徐々に経験を積んでいき、次第に一人でこなせるようになるのです。

未経験者が貿易事務の仕事に応募するなら、採用者は「英語力」と「コミュニケーション能力」を重視します。面接や履歴書では、この2つのポイントを存分にアピールすることが大切です。特に資格をアピールすると良いでしょう。

「貿易実務検定試験」などの関係する資格もありますから、積極的に勉強し、取得を目指すと良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。