営業事務の仕事内容やスキル・やりがい・年収など営業事務について徹底解説

営業事務

転職を考えている、または再就職を目指している女性の多くが望む職種が事務職です。

求人情報を見ながら、事務職の求人を探していることでしょう。

そんな中で事務職には「一般事務」のほかに「営業事務」や「貿易事務」「医療事務」など、様々な事務職があることに気付くのではないでしょうか。

ここでは「営業事務」とはどんな仕事内容なのか、一般事務との違いは何かを考えてみました。

営業事務ってどんな仕事なの?

簡単に言えば、企業の営業担当者のアシスタントです。

そのため、求人の中には「営業アシスタント募集」「営業サポート募集」と書かれていることもあります。

営業事務の業務は主に、次の2つに分かれます。

  • 営業担当者のサポートをする社内業務
  • クライアントに対応する社外業

営業担当の方は基本的には殆ど社内にいません。そのため、営業職の方が行う事務作業の代行を行います。

営業事務の主な業務

  • 書類作成
    • 会議資料・議事録作成
    • 報告書作成
    • 営業資料作成
      • プレゼン資料や見積書など
    • 管理業務
      • 商品在庫管理
      • 商品発送
      • 備品管理
      • 売掛金・買掛金管理
      • 資料等のファイリング
      • 顧客管理(登録や管理)
      • 入出金管理、入金照合
      • スケジュール管理
    • 接客等
      • 電話応対
      • クレーム対応
      • 来客応対
      • メール送発信

このほか、1日の終わりには営業担当者と情報共有の為に簡単な打ち合わせも行います。

企業や営業部の規模によって違いますが、営業アシスタント1人で複数の営業担当者の仕事をサポートすることもあるので、それぞれの営業担当者との連携や情報共有が仕事を進めていくうえで重要となってきます。

時には、営業の方に代わってクライアントと電話で話をすることもあります。注文の電話やアポイントの電話だけでなく、クレームの電話の場合もあり、臨機応変に対応する柔軟性も求められる仕事です。

営業事務に求められるスキルとは?

営業事務の仕事が営業職にどっぷりと偏っていることから、ある程度のお金の流れとその管理についての知識も必要だということが解ります。

パソコンスキル

資料作成や管理業務など日々の業務で必ずパソコンを使います。そのため、文字入力や数字入力が出来るのは当然で、Office系のソフトは、最低限基本操作位は出来なければなりません。

特にExcelでは、表作成だけでなく、グラフ作成やピボットテーブルの作成なども行います。更に、四則演算での計算だけでなく、検索/行列や財務、統計などの関数も使えると評価が高くなります。

また、管理の為にAccessを使っている企業もあります。Accessのマクロが使えるのであれば、更に評価が高くなります。

事務処理能力

前項で上げたように、様々な業務を行わなければならない営業事務ですので、当然その正確性とスピードが求められます。

そのため、事務処理能力の高さが評価対象になります。

処理待ちの業務の中から優先順位をつけ、効率良く作業を進めていく必要があります。特に、突発的な仕事が入ってくることが多い職場では、仕事の処理スピードと正確性が強く求められます。

コミュニケーション能力

社内の営業担当者だけでなく、社外の方の応対なども求められるため、コミュニケーション能力は必須です。

円滑に仕事を進めるためには「報告・連絡・相談」は基本です。

ビジネスマナー

社外の方と接する機会の多い営業事務は、最低限のビジネスマナーも求められます。

管理能力

スケジュール管理、在庫管理、売上管理など、様々な分野での管理能力を必要とされる仕事です。

正確性とスピード

時には提案書やプレゼン資料の作成を即日中に求められることもあります。そのため、仕事の処理スピードが求められる仕事でもあります。

同時に、数字の間違いや納期の間違い、クライアントの間違いなど、小さなミスによって大きな損失につながる仕事でもありますので、正確性・慎重性が求められます。

特に、多くの仕事を処理しなければならない場合、パニックを起こしてしまうようでは話になりません。

仕事の優先順位を付けて適切に処理が出来る冷静さも求められます。

全体を見渡す能力

与えられた仕事をただ黙々とやっていればいい仕事ではありません。時には、全体を見渡して先手を打って資料をそろえたり、在庫や納期の確認をしたりと、指示を待たずに動くこともあります。

これによって、より早期にクライアントの希望に添えることとなり、円滑な取引へと繋がっていきます。

一般事務とは何が違うの?

一般事務の仕事は、社内の全般にわたってサポートを行う仕事です。

そのため、営業担当者のサポートはもちろん、経理・総務・庶務・人事など、企業によって違いはありますが、仕事内容も多岐に渡っています。

一方、営業事務は営業職のサポートに特化されています。仕事の内容も営業に関するものに限られてきます。

また、クライアントと接する機会も営業事務の方が多くあります。

事務職にもやりがいはあるの?

営業事務の場合、営業担当者との連携が上手く取れていないと、仕事が滞ります。当然、売上にも影響してきます。

どの企業でも営業部では売り上げ目標というものを掲げて、営業活動を行っています。

営業事務の方々の口コミを見ると、

  • 売上目標を達せ出来たとき
  • 営業担当者に「ありがとう」と言ってもらえた時
  • 作成した提案書やプレゼン資料をほめてもらえた時

など、営業担当者の方との連携の中で仕事がうまくいくことにやりがいや達成感を得ているようです。

そのためには、営業担当者やクライアントとの「ホウ・レン・ソウ」がポイントとなります。

うまくコミュニケーションが取れないと、「ホウ・レン・ソウ」が上手くできず、仕事も成功しません。

営業事務が行う仕事の量を見ると、とても忙しくその忙しさに日々追われていくようなイメージもあります。

しかし、営業部という企業の中心部でその売り上げに貢献できる仕事は、ビジネスの感覚を養うことが出来ますし、企業やクライアントが何を求めているのかを理解できるようになれば、企画や営業、人事などの企業運営に直接的に関わるような部署への転職も望めます。

キャリアアップに直接的につなげていける職種でもあります。

営業事務は未経験者には難しい?

営業職で必要なのは、円滑に仕事を進めるためのコミュニケーション能力とビジネスマナー、パソコンスキルです。

そのため、異業種・異職種からの転職者も少なくありません。

最初からすべてが出来る方であれば、確かに即戦力として重宝されますが、営業事務が未経験であっても、以下のようなことが出来るのであれば、問題なく仕事が出来ます。

未経験でもこれだけは出来た方が良い
  • パソコンスキル
    • Excelを使った表作成、四則演算、グラフ作成、ピボットテーブル作成、最低限の関数
    • Wordを使った文字入力
  • ビジネスマナー
    • 最低限のビジネスマナー、接客マナー
  • コミュニケーション能力
    • ホウ・レン・ソウが問題なくできる

事務系職種の場合、パソコンでの作業がメインとなります。そのため、最低限の操作が出来なければ話になりません。

ですが、プロ級である必要もありません。

もし、現在異業種・異職種でパソコン操作に自信が無いのであれば、パソコン教室などで最低限の操作を学びましょう。

実際、ネットなどを見ていると、介護職や接客業などからの転職者もいるようです。

営業事務はでスキルアップは出来る?

多岐に渡った業務を行う営業事務です。

企業によってはクライアントと直接折衝をする場合もあり、事務というよりも営業に近い仕事内容を行うこともあります。

パソコンでは基本的な操作だけでなく、ExcelやAccessなどはマクロを使用することもありますので、田職種に行っても十分に活用できるだけのスキルを身に付けることとなります。

また、入・出金管理や売掛・買掛金の管理など、金銭の出納業務も行うことから経理の知識も養うことが出来ます。

時には契約書の作成を行いますので、ビジネス法務の知識も養われます。

業務の中で事務所に能力を上げるための効率化を図ったり、管理能力が高くなるなどビジネスマンとしての基礎的能力も向上します。

どんな人が向いていの?

営業担当者のアシスタントでもある営業事務は、営業担当者やクライアントの都合によって仕事を進めていくことになります。

そのため、自分のペースで仕事を進めることが出来ないという難点もあります。

また、営業担当者が不在の時にはクライアントからの電話に応対することも多いので、臨機応変に素早く判断して対応しなければなりません。

時には製品の説明をクライアントから直接求められることもあるので、忙しい業務の中新しい知識を積極的に吸収できる方が求められます。

日々多くの作業を行いつつ、営業担当者やクライアントからの急な要求にも対応しなければなりません。

仕事に優先順位をつけ、パニックを起こすことなく正確にスピード感を持って仕事を処理していける方に向いている仕事です。

営業事務に向いている人 営業事務に向いているのはこんな人!向いている性格を紹介

正社員での求人はあるの?

事務系職種の求人の多くは派遣やパートの非正規です。

では営業事務ではどうでしょうか?

厚生労働省が発表している平成30年7月の有効求人倍率を見ると、営業系の事務は0.98と事務系職種の中では高めです。パートでの求人を除いても0.85と高く、正社員での求人が多いことが解ります。

営業事務職の条件は良いの?

年収は良いの?

経験年数やスキルによって差は出ますが、200万円~400万円程度です。事務系職種の中では比較的高めです。

スキルが上がればそれに合わせて昇給も望めます。ただし、サポートを中心とした職務でもあるので、大幅な昇給は望めません。

残業は多いの?

クライアントの都合に合わせて仕事をすることが多いのが、営業職です。当然、そのサポートを行っている営業事務もそれに合わせて残業することも多くなります。中には、深夜残業をすることも少なくないようです。

通常、残業をすると給与に残業代が加算されます。

ですが企業や職種によって、残業代の上限が決められていたり、基本給にみなしの残業代としてある程度最初から上乗せされていたりすることもあります。

営業事務も同じで、残業代が全額支給されない職場も少なくありません。

それでも残業代が支給されているという事実で、残業を頑張ることもできますが、みなし給として基本給に上乗せされていると、心が折れてしまうこともあります。

休日も出勤するの?

企業によって違います。

例えば、住宅営業など一般の方を対象とした営業の場合、お客様の多くは平日の昼間に働いていることが多く、営業担当者も会って話をすることが出来ないケースが多いです。

その場合、お客様の都合に合わせて平日の夜や土日などに商談の約束をします。営業事務もそれに合わせて土日出勤をする事になります。

このような企業の場合は、最初から土日出勤で平日に交代制で週休2日となるような制度を取っていることがあります。

基本、土日・祝日は休日として設定している企業でも、クライアントの都合によって出勤しなければならないこともあります。

転職成功のための対策は?

事務系職種の場合、求人数よりも求職者数の方が多いのが実情です。

未経験者だけでなく、経験者の応募も多い職種です。

企業側に、自分を採用することでどのようなメリットがあるのかを分かってもらうことが、転職成功の秘訣です。

未経験でも経験者でも営業事務の転職であれば、転職のアドバイスを受けられ求人も探すことができる転職エージェントの使用がおすすめです。

事務職の転職エージェント 事務職におすすめの転職エージェントを徹底比較

経験者の方の対策

事務経験がある方は、これまでの仕事で何をしてきて、何が出来るのかをしっかりとアピールする必要があります。

例えば「仕事でExcelを使っていました」とだけ書くのではなく、「Excelでグラフを作成し、売上の推移を管理していました」といった具体的な仕事内容を書きます。

他の経験者との差別化を図るために、この企業での仕事内容を十分に把握した上で、自分のスキルをアピールします。

未経験の方の対策

「未経験OK」という求人も多く見受けられ、実際に異業種・異職種からの転職者もいます。

未経験者が採用されるためには、これまでの仕事で培ったスキル・経験が、営業事務のどの業務に役立てることが出来るのかを考え、アピールする必要があります。

そのためには、営業事務という仕事がどのような内容の仕事なのかを前もって知っておく必要があります。

コミュニケーション能力やビジネスマナーなどを重視する職種でもありますので、その部分をアピールすることもできます。

最後に

営業事務は、自分の仕事の取り組み方や姿勢によって、大きく売り上げに影響してしまう責任のある仕事です。

同時に、頑張ったことが売り上げという数字に表れるので、やりがいもある仕事です。

多くの事務系職種では、仕事を頑張っていても目に見えて数字でその貢献度を表すことが出来ず、会社に評価されにくい仕事です。

その中で、営業事務という仕事は、営業担当者同様数字での貢献度が解ることもあり、会社から評価されやすい仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。