営業事務を辞めたいと思う理由は?辞めたいときの対処法も解説

営業事務をやめたいときの対処法

営業のなかには、事務部門を担当する営業事務という職種があります。気軽に勤められそうな印象がありますが、営業事務をやり始めてから毎日疲れ切っているという人は少なくありません。

会社によって差はありますが、残業があたりまえだったり、驚くほど多くの業務をこなさなければいけなかったりするからです。

このまま営業事務を続けるくらいなら、この会社を辞めてしまおうか…そんな思いを抱えている方のために、退職と転職をするときのポイントをまとめました。いまの自分を見つめ直したり、転職へ向けて行動をおこしたりするときに、きっとお役にたつはずです。

営業事務を辞めたくなる理由

営業活動まで任されて、事務職だとはとても思えない

営業事務に配属されてから、イメージと大違いで驚く人がたくさんいます。事務職といっても、営業事務ではじっさいには営業アシスタントも兼ねている場合も多いからです。

ですが基本給与はあくまで事務職の立場に合わせた金額だというのが現実です。これでは不満を感じる営業事務の社員が多いのも当然でしょう。

会社によって違いますが、事務職として雇用されているのに、じっさいには営業担当者のような仕事を任されることもあるのが営業事務です。

顧客にアポイントメントをとったり、契約手続きを行ったり、お得意先で商品説明の説明をしたりしなければいけない場合もあります。

もちろんインセンティブが充実していればがまんもできるでしょう。これがほとんどない場合は、とても納得できないと感じる人は少なくないはずです。

業務量が多いうえ残業もある忙しい職種

営業事務は業務量の多い仕事です。業務内容も多岐にわたります。営業事務は、手際よく仕事を片付けていくことが必要な職種だといえるでしょう。

ですがどんなにがんばっても、定時までに仕事が終わらないことは頻繁におこります。じつは、残業もめずらしくないのが営業事務職です。

毎日毎日膨大な量の業務に追われ、残業が続くようになると疲労がたまっていきます。ストレスの大きさに耐えられずに体をこわしたり、イライラして職場や家庭での人間関係がぎくしゃくし始めるケースもめずらしくありません。

肉体的にも精神的にも、タフであることを求められるのが営業事務です。

人間関係が意外にきつい

営業事務は、意外なほど人間関係に悩まされることの多い職種です。事務職なのだから、人付き合いは最低限で済ませられると考える人もいるでしょう。

でも営業事務はそうではなく、緊密な人間関係のなかで働くことが求められます。体力のある人でも、精神的な悩みで参ってしまうことが多いのが営業事務です。

営業事務の大切な仕事のひとつは、営業担当者のサポートです。営業担当者とは、つねに密接な連絡を取り合わなければいけません。

ここに気の合わない人がいたりすると、日常業務をこなすだけでもストレスを感じたり、関係が悪化したりします。

女性上司が多く、上下関係がきびしいのも営業事務の特徴のひとつです。要領よく仕事を片付けることは大切ですが、でしゃばりすぎたり、先輩の決めた職場の暗黙のルールを破ったりすることは禁物です。

こうしたことを無視していると、影で悪口を言われたり、きつい仕打ちを受けたりすることもあります。

気の合わない営業担当者と組むと仕事の効率は低下

営業事務の中心となる業務は営業担当者への緊密なサポートです。ですが、気の合わない営業担当者と組むことになる営業事務の人もいます。

こうした場合、職場で毎日感じるストレスは非常に大きくなります。相性のよくない営業担当者を組むことがいやで、仕事を辞めたいと考える営業事務職の人は少なくありません。

プレゼン用の資料をせっかく用意しても、営業担当者の好みではないと、営業事務は何度でも作り直ししなければいけません。

それなのに、資料に盛り込む情報やイメージを適確に伝えてくれない営業担当者もいます。期限が迫ってくるたびに、営業事務の人のストレスは最高潮に達するでしょう。

気が合わない営業担当者と組みながら、効率の悪い仕事を続けなければいけない営業事務の人の苦労は大変なものです。

予定外の仕事が突然はいることも多い

営業事務では、営業担当者の都合で予期しない業務がいきなり入ることがあります。営業活動では迅速さが求められます。

退社しようとしているときに、「すぐにこの書類用意して」と仕事を急に頼まれることは、営業事務ではめずらしくありません。

スケジュール通りに進まないのが、営業事務の業務だといっていいでしょう。仕事の影響で、プライベートの予定まで変更しなければいけないことも営業事務ではよくあります。

こうしたタイトな仕事をこなすことに、強いやりがいを感じる人がいることも確かです。ですが、急なスケジュール変更に振り回されることに耐えられない人もいるでしょう。

納期を守ることに集中できる一般事務に比べ、営業事務では仕事のスケジュールをたてにくいことはまちがいありません。

営業の成績を左右する重責がストレスになる

営業事務の仕事は、企業の営業成績に大きな影響を与えます。顧客に直接応対をするのは営業担当者ですが、その働きがうまくいくかどうかはサポートする営業事務の仕事にかかっているからです。

事務職ではありますが、営業事務は会社に対してとても大きな責任を負っています。この重責に耐え、やりがいを感じながら業務をこなすことが、営業事務を続けていくうで大切なポイントです。

納期を調節したり、インパクトのある資料を作成したり、受発注を適切に管理することで、営業事務は営業担当者をアシストしなければいけません。

これがうまくいけば、営業担当者はよい成績をあげることができますし、企業全体の業績アップにもつながります。

反対にもし営業事務がミスをすると、業績は明らかに低下します。たとえば受注の手続きが営業事務のミスで遅れてしまったりしたら、気を悪くした顧客が契約を取り消すこともあるでしょう。こんな事態になれば、上司から強く叱責されることは間違いありません。

営業事務は、企業の利益や業績を左右する重要なポジションです。ですがその責任が重荷に感じる人には、一般事務職のほうが向いているかもしれません。

事務職とは思えない残業量がある不動産業界の営業事務

どの業種であっても、営業事務の仕事は残業や業務量が多いものです。ですがそのなかでも、不動産業界の営業事務の仕事のきつさは群を抜いています。

もともと人手不足の業界ということもあり、不動産業の営業事務の人は目の回るような仕事量をこななさければいけません。

不動産業企業では、6人から8人ほどの営業担当者を、たった1人の営業事務員がサポートするのがふつうです。

8人もの営業担当者を相手に、資料作成、受注の管理、請求書の作成などの業務を1人の営業事務が行います。

不動産業界の営業事務は、営業担当者とほぼ同程度の残業をしなければいけないのが現実です。

インセンティブがつけばいいほうですが、それでも体調をこわしたりメンタルが不調になったりすることはめずらしくありません。

不動産業界の営業事務をしていると、転職を考えるようになるのは無理もないことでしょう。

メーカーと顧客のあいだで右往左往する商社の営業事務

総合商社では数えきれないほど多数の商品を扱っています。こうした会社では、それだけ多様なメーカーと取引があるということです。

商社の営業事務の人は、多彩な商品の情報を十分に把握し、失礼のないようにメーカーや顧客と応対しなければいけません。総合商社の営業事務とは、じつに多くのエネルギーが必要とされる仕事です。

総合商社で営業事務をしていると、顧客とメーカーへの対応業務に多くの時間を割くことになります。

ある商品についての問い合わせが顧客から入ると、それについての質問を商社の営業事務がメーカーへ送ります。回答が到着したら、やはり営業事務からそれを顧客へ知らせることになります。別の質問が入れば、またそれについてメーカーへ問い合わせます。

総合商社の営業事務の仕事とは、顧客とメーカーとのあいだでのこうしたやり取りの繰り返しです。たとえ品番しかわからないような些末な商品であっても、顧客から問い合わせが入れば、同じような手間をかけて営業事務はメーカーとやり取りをしなければいけません。

扱う商品が比較的少ない専門商社と違い、総合商社で営業事務に従事する人が顧客とメーカーとのやり取りに使う労力はけた違いに大きなものです。

こんな毎日が続くと疲労もたまるので、総合商社の営業事務は離職率が当然高くなります。

営業事務を辞めたくなったときにとるべき方法

もう辞めたいと思い始めてしまうと、同じ仕事を続けていても効率が下がるばかりです。

とくに営業事務では、モチベーションの低下は、会社の業績にもマイナスの影響を与えてしまいます。辞めたいと思ったら、部署を変えてもらうか、転職をするなどの方法をとるといいでしょう。

いきなり辞めるのではなく、上司や同僚と相談しながら、迷惑をかけないようなタイミングを探すことも大切です。

転職を視野にいれてみる

いまの営業事務の仕事から解放されるためには、いっそ転職をするという選択肢もあります。

とくに仕事がいやというだけでなく、人間関係が嫌だという人は、職場を変えてもらうだけでは悩みは解決しないかもしれません。こうした場合は、転職を積極的に考えてみるといいでしょう。

転職エージェントに相談すれば、営業事務で培った経験を活かせる別の職場をみつけることも可能です。

事務職の転職エージェント 事務職におすすめの転職エージェントを徹底比較

ただしせっかく転職をしても、いまと同じ悩みに直面するのでは意味がありません。営業事務の仕事だけはもうしたくないというのであれば、そのことを転職エージェントに伝えておくことも大切です。

転職エージェントと話すまえに、転職を考えたきっかけについて、自分なりに考えを整理しておきましょう。

上司に部署移動を頼んでみる

福利厚生が充実している優良企業に勤めているのであれば、少しの悩みくらいで、いきなり退職を選ぶのはもったいないかもしれません。

部署を変えることで、現在の悩みを解決できないかどうかをまずは考えてみてもいいでしょう。

上司に率直に相談をして、部署移動ができないかどうか尋ねてみてください。別の部署に欠員があれば、そこへ移動できる可能性はあります。

別の部署にはいることで気分も一新されますし、再び高いモチベーションをもって仕事に取り組めることもあります。

営業事務の仕事内容が合わないと感じている場合は、部署移動を試してみることをお勧めします。

ただし苦手な人がいて、それが悩みになっているケースでは、部署移動をしてもあまり問題解決にはならないかもしれません。

顔を見るだけでも嫌な人がいるならなおさらです。営業事務から他部署へ移っても、社内で見かけることで、いまと同じように強いストレスを感じることになります。

仕事量をセーブできないかどうか上司に相談する

営業事務の離職率が高い大きな理由のひとつは、仕事量の多さです。膨大な仕事を任されるため、残業は当たり前の、プライベートを犠牲にした生活を社員は送らざるをえません。

仕事量を減らすことさえできれば、いまのまま営業事務を続けてもいいと考える人は少なくないはずです。

辞表を書くまえに、仕事量をセーブできないかどうかについてまずは上司に相談してみましょう。仕事を覚えて戦力になってくれている部下の離職は、上司にとっても痛手です。

仕事量を調節することで部下が職場に残ってくれるなら、上司にとっても悪い話ではないでしょう。

上司を説得するには、仕事の効率化に取り組んでみたがこれが限界ですと、自分なりに努力したことをアピールすることは忘れてはいけません。

仕事量がもう少し少なくなったら、仕事全体の効率もあがるはずですと、会社にとってもメリットがあることも訴えてみるといいでしょう。

営業事務からほかの業種へ転職!どの業種がお勧め?

残業をしたくない人は学校事務がお勧め

残業がほぼゼロに近いのが学校事務の仕事です。企業の営業事務と比べると、こちらの仕事内容は比較的簡単で単純だといえるでしょう。

学校事務のおもな仕事内容は、学費請求、請求書管理、備品発注、給与管理などです。

企業の営業事務の人は、営業担当者の都合に合わせて夜遅くまで会社に残ったり、急ぎの資料作成の仕事のために予定外の残業をしたりしなければいけません。

こうした残業の心配がなく、ほぼ定時に帰宅できるのが学校事務の特徴です。

ただしひと口に学校事務といっても、勤め先には公立校、私立校、専門学校などの区別があります。

公立校の事務員は公務員です。公立校の学校事務に就職するには、公務員資格試験をパスしなければいけません。

それなりに勉強が必要な資格なので、公立校で事務職をめざす人は勉強期間を確保することが必要です。

私立校や専門学校で学校事務として就職するには、とくに資格は必要ありません。応募して、採用試験にパスすれば就職することができます。

営業担当者並みの仕事をしてきた人にはルート営業がお勧め

営業事務なのに、じっさいには営業担当者と変わらない仕事を任されている人もいるでしょう。こういう方には、いっそ本物の営業職に転職するという選択肢もあります。

既存の契約先を回るルート営業から始めてみるといいでしょう。新規顧客開拓よりも気軽にできるので、転職の最初のステップとしてお勧めです。

営業事務の範囲を超えた仕事をさせられた代わりに、営業担当者としてもやっていけるだけのスキルを身につけている営業事務の人もいます。

顧客とアポを取ったり、得意先を回って商品説明をしたり、価格について交渉したりといった、営業担当者がすべき仕事のコツはひと通りできる人もいるでしょう。

いまの職場ですでに営業担当者のような仕事をしていると思ったら、営業職への転職を積極的に考えてみるといいでしょう。

営業事務と比べ、営業のほうが給与は高くなります。膨大な仕事量のわりにそれが給与に反映されない営業事務より、営業のほうが年収がよほどアップするはずです。

年収を下げずに営業事務からほかの業種へ転職する方法

営業事務にもう飽き飽きしている人でも、年収が下がる転職ならしたくないと考えるでしょう。

営業事務とは異なる職場で働くなら、応募前に求人条件をよくチェックしておかなければいけません。

適当に決めると、職種未経験者と相手の企業から判断され、いまよりも大幅に低い年収で雇用されることもあります。

年収を下げないためには、自分のキャリアに合った求人条件を出している企業を探すことが大切です。

まずは求人サイトから、興味のある情報を集めましょう。ただし、自分のキャリアを客観的に判断できないと思う場合は、転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けてみることをお勧めします。探すべき条件がはっきりすれば、自分にマッチする求人を探しやすくなります。

転職エージェントを活用すると、自分の希望に合った求人がでたときに、担当者からそれを知らせてもらうサービスも受けられます。

年収面で満足できる転職を営業事務の人が成功させるには、有益な情報をとにかくたくさん集めなければいけません。情報源のひとつとして、転職エージェントも積極的に利用してみましょう。

営業事務におすすめなのはリクルートエージェント

リクルートエージェント

数ある転職エージェントのなかでも、転職成功率1位を誇る最大大手がリクルートエージェントです。リクルートエージェントが抱える求人数は膨大で、営業事務から転職したい人でも興味のある情報をかならず見つけることができます。

リクルートエージェントには、公開求人と非公開求人の2種類の情報があります。公開求人とは、ネット上でだれでも閲覧できるものです。

それに対し、登録者だけがみることができるのが非公開求人です。リクルートエージェントがもつ非公開求人は10万件以上もあるので、登録するほうが有利なことはまちがいありません。

希望をすれば、担当者が履歴書など応募書類の書き方の指導や添削もしてくれます。

転職を成功させるうえで欠かせないのは、ターゲット企業が関心を示してくれるように志望動機や転職理由を練り上げることです。

営業事務で培ったスキルや経験を十分にアピールできるように、リクルートエージェントのこうしたサービスを十分に活用するといいでしょう。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

まとめ

営業事務で働いてきた人は、多様な経験と、複数の仕事を同時にこなしていくという稀なスキルを身につけています。

これを上手にアピールすれば、年収アップなど、好条件での転職を成功させることも十分に可能です。

転職支援のプロである転職エージェントも活用しながら、満足できる転職をめざしましょう。

事務職の転職エージェント 事務職におすすめの転職エージェントを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。