営業事務に転職する際の志望動機のポイントと例文(未経験/経験者別)

営業事務の志望動機

営業事務に転職したい場合、その時の応募書類に書くべき「志望動機」はどのように書いたら良いのでしょう。

志望動機は自分が「この会社で働きたい!」と言う思いを伝えるのはもちろん、自分のスキルや経験を具体的に活かす方法を自ら提案する意味もある、大事な文章と言えます。

ここでは、営業事務に転職したい人の志望動機の書き方について、大事にしたいポイントをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

営業事務の志望動機でアピールするべきポイント

まず、志望動機は自分がこれだけのスキルや経験を持っていることをしっかりアピールすることを考えて書きましょう。

特に、これから紹介する部分についてはしっかりと書くことを忘れないでください。

①単純作業

営業事務が一般事務と異なる部分は、営業社員との連携が仕事を進める意味で極めて大事であることです。

そのため、営業社員のために必要な単純作業をしっかりとサポートしたり、自らが進んで行うような姿勢をアピールすることが大事です。

チラシやパンフレットを封筒に入れたり、資料のホチキス止めなどの単純作業を今までこなしてきた人にとってはアピールポイントなのでしょうが、営業事務の場合は「率先してこなす」ことがさらに求められることは忘れないでください。

②パソコンスキル

営業事務は営業社員の指示を受けてさまざまな書類を作成する仕事が多くなるので、必然的にワードやエクセルなどを使いこなせるだけのパソコンスキルを持っていることが求められます。

また最近では会社が独自にシステムを導入して事務の簡素化を図っていることもあるので、パソコンスキルがあればそれらのシステムも容易に使いこなせると見込まれて採用のチャンスは増えます。

その他、営業社員が行うプレゼンテーションではパワーポイントを用いることもあるので、パワーポイントを使えるならばぜひ志望動機に書いておきましょう。

③コミュニケーション能力

営業事務では、どのような場合でも営業社員をサポートするポジションであることが必要不可欠です。

いくら自分の能力や経験が高いと思っていても、営業社員を立てる事を忘れないことや、他の社員との間でも円滑なコミュニケーションをとることが出来るような能力が火止められています。

また、取引先との応対もコミュニケーション能力が欠かせませんから、取引先の思っていることを読み、一歩先の対応ができることを積極的にアピールしましょう。

④資格

営業事務になるからと言って必須となる資格は特にありませんが、持っていることで事務能力をアピールできる資格はいくつかあります。

例えば、MOSや秘書検定などは、パソコンスキルやビジネススキルをアピールすることのできる資格ですから、即戦力として採用されやすくなるでしょう。

特に秘書検定はビジネスでの一般常識を持っていることと併せて、電話応対や言葉遣い、ビジネス文書の書き方などをしっかり学んでおかないと取得できない資格ですから、持っている場合はぜひアピールしましょう。

⑤他企業での経験

営業事務は、その企業が扱うサービスや製品のことをしっかりと知っていないと事務もそつなくこなせません。

もし他企業で同種の経験がある場合はしっかりアピールしましょう。

特に資料作成やデータ入力などの業務は、どんな企業でも必ずある業務なのでそれらの経験を積んだことをアピールすれば有利です。

営業事務の志望動機に必ず書きたいポイント

志望動機は、会社があなたを採用するために必要な情報として活用されます。

そのことを踏まえて、これから紹介する以下のポイントは必ず志望動機に記載するようにしましょう。

①志望した理由

営業事務を志望する場合には、その職種に就きたい理由を明確に記載することです。

営業事務はどちらかと言えば「縁の下の力持ち」ですから、花形の営業社員ではなくあえて営業事務を選んだのはなぜなのか、採用する側としては知りたいものです。

聞かれることが分かっているならば、先にこちらから志望動機として記載しておけばその分アピールになると言うことです。

志望動機は面接時に質問する内容に必ず採用される部分なので、会社としてもぜひ聞きたい部分でもあります。

ですが、志望動機の記載内容によっては既に満足する回答を返してきていることを評価してくれるわけで、志望動機をしっかりと書きこんでいることは自己分析ができている人間であると好印象を持ってくれることにもなります。

ですから、志望動機には「なぜ営業事務として働きたいのか」や「どうして営業事務を希望したのか」を必ず書いておくべきです。

②この会社を選んだ理由

あなたを採用しようとする会社としては、あなたの意欲はもちろんですが、あなたを採用することで会社にどのようなメリットがあるのかを踏まえて考えます。

そのことを踏まえて志望動機を書くならば、「自分の持っているスキルを活用できる」とか「この経験で貴社の新製品開発に寄与できる」などと、採用された暁にはどのようなメリットを会社に提供できるかを具体的に記載するのが良いでしょう。

会社を選んだ理由として「正社員になりたい」「産休育休制度が充実しているから」など、自分のことだけを考えた理由を書く人がいますが、これでは会社に対して自分を採用したことのメリットは提示できていません。

会社はあなたを採用することで得られるメリットを一番に考えるものですから、そのことを踏まえて志望動機に記載するようにしましょう。

③活かせる経験や能力

営業事務の仕事には、突然のクレーム処理や急な予定の変更に見舞われることもありますが、それらに対して臨機応変に対応できる能力があればぜひ志望動機の中でアピールしておきたいものです。

パソコンスキルやビジネススキルももちろんアピールしておくべきですが、臨機応変さはあなたの経験と能力を象徴する大事な部分です。

入社して即戦力として活躍できることをアピールするには、過去の食的などで実際に起きた経験に触れながらアピールしておくこともよいでしょう。

④短所

誰しも得意なこともあれば不得意なこともあります。

ですが、短所を自分で理解していることや、短所を補うための方法を自分で理解できているかどうかは、採用に当たって重要なアピールポイントになります。

自分のことを「完璧な人間です」と言う人間は逆に不信感を覚えますが、「短所があります」とだけ言われても不信感を覚えます。

それよりは「短所がありますが○○すれば解決できます」と提案してくれる方が採用する側も安心して採用できるというものです。

短所をどれだけ理解しているかと言うよりは、自分と言う人間をどのように理解しているか、理解度が高い人間ほど採用に値する人間だと判断されやすくなります。

⑤企業が求める人材像

企業の社是やホームページなどで記載されている「求める人材像」を熟読し、自分の長所として合致する部分があれば積極的に記載しましょう。

それらの媒体に情報が記載されていない場合は、社長や経営陣がインタビューに答えている記事や求人情報誌に掲載されている採用担当者のコメントも参考にしてください。

理想としては、志望動機を書く際に「ホームページに掲載されていた社長の言葉に感銘を受けた」などと書けば、あなたがどれだけその企業に採用を望んでいるかも一緒にアピールできてよいでしょう。

営業事務の志望動機としてお勧めの例文

それでは、この章では実際にお勧めしたい志望動機の例文をご紹介することにします。

経験者の場合や未経験者の場合で志望動機の例文は異なってきますので、それぞれ該当する部分の例文を参考にしていただけばと存じます。

①経験者の志望動機 例文その1

前職ではメンバー10人の営業チームの中で、売り上げ管理などの営業事務を担ってきました。

今まで従事した業務を通じて、営業社員との連携を密にすることと、その業務の中でも優先順位をつけることを心がけたことで、さまざまな業務を正確に処理する能力を得ることが出来ました。

また、営業社員が求めていることを常に考えて先に準備することで営業社員が効率よく仕事に取り組める環境づくりにも寄与できたものと考えています。

貴社においては、さらなる営業効率化を目指した業務の見直しを推進されているとホームページで拝見いたしました。

貴社であれば今までの経験をフルに活かせる環境だと思い、この度志望いたしました。

②経験者の志望動機 例文2

私はA社で営業事務として12年の経験を積んできました。

A社では3年前より後輩育成や指導にも携わり、営業チームのリーダーとして営業事務を円滑に行うための体制づくりや業務効率化のために専用システムの導入などを行ってきました。

営業事務の醍醐味は「自らの努力で効率化を図ることが出来る」ことです。

自分の努力が目の前で効率化と言う形になって見えること、営業社員がその分働きやすくなり会社の利益も上がっていくことを私は今まで幾度となく見てきました。

特に貴社は設立間もない新部門での営業事務職を募集されているとお聞きしており、私の経験と実績をぜひ活かしていただける場所であることと、私自身の新たな挑戦の場としてふさわしいと思い応募させていただきました。

経験者が営業事務の志望動機を書く際のポイント

  • 志望会社の業種や業界の特徴を含めてできる限り具体性を持たせて記載しましょう。
  • 志望会社のどのような部分が魅力に感じたかも記載しましょう。
  • 経験を活かせるので「即戦力」であることもしっかりと記載します。
  • 営業事務と言う仕事にどのような魅力を感じているかを記載することであなたのやる気をアピールしましょう。

③未経験者の志望動機 例文1

私は、前職でベンチャー企業の営業職として営業利益を追求しつつ経費の削減にも努めてきました。

当時は新しい会社であったため営業事務の専任社員はおらず、営業社員である私自身がさまざまな費用の管理や分析、資料作成などほとんどの事務をこなしていました。

営業事務がいてくれればもっと成果を出せたとも思いますが、私が営業社員として勤めていた経験を活かして営業事務を担うことで、営業社員が成果を追求することに専念できり環境を提供する、そんな働き方をしたいと思うようになりました。

私が営業を経験したからこそ、営業が欲しいものを先に用意するなど、営業社員の気持ちを推し測った業務を遂行できると思いますし、それを実践できるだけの経験を活かせる企業であると思い応募いたしました。

④未経験者の志望動機 例文2

前職では6年間、一般事務として勤務していました。

この度は営業事務になるために、今まで持っているスキルを活かして新しい挑戦をしながら仕事に取り組むことが出来る環境として望ましいと思い、貴社へ応募させていただきました。

営業事務としての経験はありませんが、ワードやエクセル、パワーポイントを駆使した資料などの作成は十分に行えるだけのスキルと持っていますし、MOSを取得したので他の社員への研修指導についてもお役にたてるのではないかと考えています。

また、さらなるスキルアップのために現在簿記2級合格に向けて勉強を続けており、一日も早く資格を取得して貴社の戦力になりたいと思っているところです。

営業事務は未経験でありますが、前職までに得た経験と新しい挑戦をモチベーションにして働いていけることを希望しています。

未経験者が営業事務の志望動機を書く際のポイント

  • 未経験職ではあるが、前職の経験が具体的に営業事務で活かせることをできる限り具体的な事例を挙げて記載しましょう。
  • あなたのスキルや経験が会社のためだけではなく、自分と関わる社員のためにも役立つことをアピールしましょう。
  • やる気は何とでも書けますが、具体的に入社後に成し遂げたいことを提案するように記載すると現実味があって好印象を与えることが出来ます。

まとめ

志望動機に記載することで、自分が「貴社に入社したい」とアピールできるポイントは必ずあります。

スキルや資格はもちろんですが、自分の性格や経験など「この長所は貴社のために活用できる」と思えることがあればぜひ志望動機に記載しましょう。

志望動機はあなたを採用することで企業にメリットがもたらされるかどうかも大事ですが、あなた自身がモチベーションを持って仕事に取り組める環境であることを「自ら望んできた」ことをアピールするものです。

あれもこれもとアピールするのではなく、本当に伝えたいことを厳選した言葉で伝えられるように書きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。