事務職を辞めたい理由とは?事務職のここが辛い!

事務職を辞めたい理由

就職市場でも転職市場でも人気の事務職。事務の仕事は体力的に楽ですし残業も少ないので、ほかの職種と比べるとストレスが少ないと思われているようです。

もちろんその通り、毎日楽しく事務の仕事をしている人もいますが、事務職全員がそうだというわけではありません。

職場の環境や、自身の性格によっては楽でないこともあります。実際、事務職として働いていて、「やめたい」と思っている方もいます。

今回は事務職における仕事の悩みをまとめてみました。これから事務職として働きたいと考えている方も、一度読んでおいてください。

事務職を辞めたいと思う理由

仕事にやりがいを感じづらい

事務の仕事は基本的に、ルーティンワークです。誰かから特別感謝されたり、日々変化の中で面白さを見出すといったものではありません。

そのためやりがいを見失ってしまうことがあります。最初のうちは仕事の気楽さが気に入っていても、毎日簡単な同じ作業を繰り返していれば、どうしても飽きてきますし不満も溜まってきます。

人によってはそれでもまったく問題ないという人もいますし、事務職としてのステップアップを目指して日々頑張っている人もいます。

お金のために我慢しているという人もいます。これは仕事との相性でしかありませんが、仕事をしている時間というのは長いものなので、自分が楽しいと思えなければいくら人気の事務職だとはいってもつらくなってしまいます。

他の職種の仕事を押し付けられてしまう

事務職の中でも特に営業事務という仕事は、営業のサポートがメインの業務であるため、担当外の業務を押し付けられてしまうことがあります。

本来は自分の仕事ではなく営業担当がするべき営業先への交渉、営業戦略の作成などを丸投げしてくる営業担当もいるのです。

営業事務はあくまで事務が仕事なので、営業交渉が通って契約が取れたとしても自分の成績にはならず、営業担当の成績になってしまいます。

営業事務の仕事ぶりをきちんと見ていてくれる上司がいれば問題ありませんが、そうでない場合は自分の仕事の正当な評価が受けられず、ストレスだけを溜めてしまうことになりかねません。

営業担当との相性が悪い

営業担当のサポートをするのが営業事務ですが、サポートする営業担当との相性が合わなければ、仕事がかなりやりづらくなってしまいます。

サポートというのは常に相手のことを考えておかなければできない仕事なので、相性の悪い人が相手だと、毎日の仕事がとてもつらくなってしまいます。

しかも相手は同じ社内の人間なので、担当を変えてほしいとも言いづらいので、辞めるという選択肢を取らざるを得ないこともあります。

仕事の量が多い

事務職の方の悩みの中でもっとも多いのが、仕事量が多すぎるということです。事務は専門分野というわけではないので、社内のいろいろな人から雑用を頼まれたり、いろいろな仕事を手伝わなければいけなかったりすることがあります。

思っていたよりもハードだということがよくあるのです。営業としてバリバリ外回りしている人や、社の経営戦略を担っている人に比べると、どうしてもパッと見で忙しくなさそうに見えてしまうのが事務職。それがゆえに、次々に仕事を頼まれてしまいがちなのです。

ルーティンワークで毎日の変化に乏しい

事務職の仕事は基本的に、毎日同じ仕事を繰り返します。目新しいことは特になく、いつもの書類をいつものように処理して、いつも決まった人を決まったように対応する…こういった状況が続きます。

特に小さな規模の会社だとそれが顕著です。事務職自体の人数が少なく、職場に行ってもほとんど誰とも話さず一日を終えることすらあります。

その代わり緊迫した状況に追い込まれることは少なく、成績によって厳しく評価されたりすることはありません。

外的ストレスが少ないと言えますが、その分「つまらない」と感じることも多いでしょう。

誰にも感謝してもらえない

事務職は間接部門なので、「やって当たり前」だと思われています。書類をいくら処理しても、電話をいくら取り次いでも、ほとんど感謝されることがありません。

逆に「もっと早く書類を処理しろ」「〇〇の電話は取り次ぐな」などと身勝手に怒られてしまうことも。こういった理不尽さに耐えきれなくなってしまう事務職の方も多いようです。

意外と残業が多い

事務職というのは残業が少ないものだと思われがちです。ですが、人によっては事務職でも月に40時間以上残業している場合もあります。

「事務職=残業がない」というわけではないので、入社してから『想像していた事務職と違っていた』ということにもなりかねません。

暇すぎて時間をもてます

残業が多い事務職の方もいますが、逆に仕事がなさすぎて暇だという場合もあります。仕事がないというのは一見自由な時間が多くて気楽そうに思えますが、一日の大半をデスクでじっとしているだけというのは、ある意味辛いものです。

暇だと時間がたつのも遅く感じられますし、忙しくしているほかの社員に対して気まずい思いをすることも。また、スキルが身につかないので、将来に対する不安もどんどん大きくなっていきます。

男性ばかりの職場

事務職の中には、男性ばかりの職場で紅一点として働いている方も多いでしょう。セクハラやパワハラは問答無用ですが、男だらけの職場で女性がひとりだと色々と不都合もあります。

職場の同僚と仲良く働きたいと考えている人には、あまり向かないかもしれません。女性同士の対立ややっかみがない分、気楽に働けるとも言えますが、打ち解ける相手もおらず、仕事と家の往復だけになってしまうと、「なぜここで働いているのだろう」と、会社に行くのが辛くなってしまいます。

昇給が期待できない

企業によって異なりますが、一般的に事務職の給与はほかの職種と比べて昇給することがほとんどありません。昇給したとしてもそもそものベースが低いため、ほかの職種を上回ることがありません。

確かに事務職には特殊なスキルが必要ないので、給与が低いのは仕方ないという面もあります。ですが給与支払いの事務をしているとほかの社員がどんどん昇給していくのを目の当たりにしますし、辛い思いをしてしまいます。

意外と大変な顧客対応

事務職は電話応対や顧客応対といった仕事もします。顧客の中には面倒な人もいますし、苦情やクレームなどの怒りをぶつけてくる人もいます。

担当者に引き継ぐまで、クレームを一手に引き受けることになってしまうことも。こういった応対までしなければいけないというのは、かなり大変なことです。

事務職はたいてい社内にいますが、営業担当などは外回りで社外にいることも多いです。そのため営業宛てのクレームの電話なども、事務職がまず対応することになりがちです。

無理難題を伝えてくる、理不尽なクレームを言ってくる…それでも社内の顔として真摯に対応し、社が培ってきた信頼関係を守る立場に立たされるのです。

このプレッシャーに押しつぶされそうになるという人もいます。

もし事務職を辞めたくなったら…

上述のように、事務職でもたくさんの仕事の悩みを抱えています。どうしても事務職として働くことが辛くなってしまったのであれば、転職を考えても良いでしょう。

確かに事務職は人気の職種なので、辞めてしまうことに抵抗もあると思います。しかしストレスを抱えたまま仕事をするくらいなら、よりよい環境を求めて転職活動をしたほうが自分の人生にとっていい結果になるかもしれません。

特に今は売り手市場なので、事務職の経験しかなかったとしてもほかの職種に転職することも可能です。また、同じ事務職であっても職場が違えば環境もがらっと変わるので、ストレスなく働ける可能性があります。

営業事務で辛い思いをしているなら、一般事務に転職するという方法もあります。思い切って転職活動を始めてみるのも、ひとつの手です。

事務職の転職方法

現在の年収を維持、またはアップさせて転職するためには、自身のキャリアと求人のマッチングが最重要課題です。

いくら「もっと年収の高い仕事に就きたい」と思っていても、転職先が求めているスキルを満たしていなければ、単なる未経験転職と見なされてしまいます。もちろん大幅な年収アップなどは望めません。

転職したいと思った場合には求人サイトなどを使って自力で転職先を探すよりも、無料で転職支援サービスを提供している転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロなので、キャリアにマッチする求人を紹介してくれます。転職に際してのアドバイスなども行なってくれます。

事務職の転職エージェント 事務職におすすめの転職エージェントを徹底比較

転職成功率NO.1の転職エージェント、リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントを利用するなら、最大手のリクルートエージェントがおすすめです。取り扱っている求人の数も膨大で、リクルートエージェントだけで募集されている非公開求人も10万件以上あります。

非公開求人の中には一般的な転職サイトでは見つからない、条件のよい求人がたくさんあります。効率的に自分のキャリアとマッチした求人を探したいなら、リクルートエージェントに登録しましょう。

また、リクルートエージェントでは求人を紹介したあとに、応募書類の添削や面接対策といったサポートも行なってくれるので安心です。

事務職に転職したい人も、事務職から転職したい人も、まずは登録しておくと良いでしょう。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。