事務職ってどうなの?事務職のメリットやデメリット・年収まとめ

事務職のメリット・デメリット

特に女性に人気の一般事務という仕事。「事務の仕事がしてみたい」と思っている人も多いことでしょう。

ですが実際に一般事務の仕事がどのようなものかご存じでしょうか。本記事では事務職について知りたいという方のために、事務職の特徴や評判、メリット、仕事内容などをまとめてみました。

事務職への転職を考えている方は参考にしてください。

一般事務の仕事内容

まず、一般事務の主な仕事についてです。もちろん会社によって異なりますが、一般事務では、電話対応や来客対応、請求業務や備品管理、伝票管理や在庫管理、書類作成や郵送対応、顧客管理やデータ入力、受発注業務やメール対応などが基本的な仕事内容となっています。

さらに見積書や議事録の作成、新卒採用関連業務、郵送対応、入金対応、秘書業務などを行うこともあります。

事務の業務内容は、人事から採用、経理など多岐にわたります。特に中小企業では、あらゆる業務を兼任することになります。

そもそも一般事務とは、事務作業全般を担当する職種です。会社によっては庶務や総務と呼ばれることもあります。

ほかに営業事務と呼ばれる仕事もあります営業事務の場合は営業部門に所属して営業をサポートするのが主な仕事で、営業アシスタントと呼ばれることもあります。

ですが中小企業では一般事務が営業のサポートをすることもありますし、明確な違いはありません。

事務職として働くメリット

事務職を続けていると、下記のようなメリットが得られたりスキルが身に付いたりします。

情報処理能力が身に付く

事務の仕事ではエクセルやワードを使って情報をまとめます。長く続けていると文章をまとめる能力がつき、効率よくデータを整理できるようになります。

事務の仕事では何よりも処理能力が重視されるので、このスキルが上がれば昇給に繋がったり会社内で高く評価を得られるでしょう。

そのほかにもマイクロソフトのソフトを日常的に使うので、マイクロソフトの資格にも受かりやすくなります。いつか転職することになっても、このようなスキルはどのような仕事にも生かすことができて有利です。

出世への近道を歩ける

ほかの職種と比べ事務職は、経営陣とやり取りをすることが頻繁です。会社を動かす人たちと直接やりとりができるので、仕事ぶりが評価されやすく、出世への近道を歩けることも。

また、自然と経営的な目線で物事を捉えられるようになるので、「会社にとって今何が必要か」「会社が今後進むべき方向」が自然とわかるようになります。

この考え方は、どんな職種や業種であっても、持っておくべきものです。ほかの職種では目の前のことに注力せざるを得ないのでなかなかこういった考え方ができないのですが、事務職であれば自然と身に付くでしょう。

転勤、残業、ノルマがない

事務職ではほとんどの場合、転勤はありません。子育てをしながら仕事をしたい人や、結婚後も夫婦で一緒に生活しながら働きたいという人にとっては大きなメリットでしょう。

また、ほかの職種と違ってノルマに追われることもないので、定時で仕事を終えて帰宅できることが多いのも特徴です。

家事や育児と併行して仕事をしなければいけない人にとっては、かなり嬉しいポイントだと思います。

未経験でも仕事ができる

事務職には特殊なスキルや資格は必要ありません。それよりもほかの社員と円滑なコミュニケーションが取れることや、言われた仕事をきっちり真面目にこなせること、効率よく雑務を処理できる能力の方が重視されます。

そのため事務職未経験でもすぐに活躍できます。未経験でも採用されやすいというのは、転職市場では貴重な職種です。

また、ブランクがあってもあまり仕事に支障が出ないので採用されやすく、子育てがいったん落ち着いたあと、仕事を再開したいという女性にとって嬉しい職種だと言えるでしょう。

育児や介護に理解がある

事務職として働いている女性は、子育て中だったり親の介護をしている人が多い傾向にあります。そのためチーム内の空気が育児や介護に理解があるという特徴もあります。

子どもの急な病気や、介護者の容体によって早退せざるを得ない場合でも、柔軟に対応してもらえるでしょう。子育てや介護をしながら働きたい女性にとって、これは大きなメリットです。

事務職として働くデメリット

何事もそうですが、メリットがあればデメリットもあります。

競争率が高い

事務職はどの会社にも必要ですが、仕事自体はどの会社でも似たようなものです。特殊なスキルや資格もいらないので、誰でも選考を受けることができます。

また、基本的に内勤で、仕事自体もハードではないので、かなり人気が高い職種です。こういった理由から求人に人が殺到、競争率が高くなり、事務職として働きたいと思っていてもなかなか働けないという状況が続くこともあります。

給料が一定

営業やマーケティングといった仕事は、自分の仕事がそのまま会社の業績に繋がります。ですから成果を出した人が評価されやすく、評価の分だけ昇給する可能性が高くなります。

成績によってインセンティブが用意されていることもあります。特にベンチャー企業や外資系企業の場合は、実力次第で給料が跳ね上がることも多々あります。

一方、事務職はあくまでほかの職種のサポートがメインの仕事です。ですからどうしても給料が安くなってしまう傾向にあります。

昇給も少ないのが一般的です。キャリアウーマンとしてバリバリ仕事したいという人や、やった分で仕事を評価して欲しいと思っている人は、物足りなく感じてしまうかもしれません。

腰痛などに悩まされる

事務の仕事は一日中デスクに座ってパソコンを触っていることになります。体を動かすことがあまりありません。

そのため腰痛や目の疲れにたびたび悩まされることになります。パソコンのブルーライトをカットするメガネや、腰痛を防止するクッションなどで対策しておかないと、後々まで体に影響が出てしまうこともあります。

これまでの経歴を活かせない

上述の通り、メリットのひとつに「未経験で採用されやすい」ということが挙げられますが、それは裏を返せばこれまでの経験や職歴を活かせないということでもあります。

資格を取ったり大きな成績を残してきたとしても、事務職ではその能力が活かせないことがあります。また、事務職だけで大きなキャリアを積むことも難しいので、どんどんキャリアアップして実力を付けたいという人には事務職は向いていません。

変化のない仕事

基本的に事務職の仕事はルーティンです。あまり日々の変化がないので、人によっては物足りなく感じてしまうことがあります。

新しいことに対応しなければいけないストレスはありませんが、刺激も少ないのです。仕事自体に生きがいを見つけていた人は、逆にそのことがストレスになってしまいます。

事務職の年収

このようなメリット、デメリットがある事務職ですが、平均年収はほかの職種よりも低い傾向にあります。

生活の糧となるものですから、転職を考える前にしっかり年収についても把握しておかなければいけません。一般的な事務職の平均給与と年齢別の事務職平均給与についてもお伝えしておきます。

一般的な事務職は年収250万程度

正社員のほかに、派遣社員や契約社員、アルバイト、パートと幅広い雇用形態がある事務職ですが、業務内容にはそれほど差がなく、給与にも大きな変化はありません。

営業事務の場合は突発的な残業などが入りやすいので、比較的給与は高めです。一般的な事務職であれば年収は約250万円、月収は約18万円で、営業事務なら年収は約260万円、月収は約19万円です。

経験値によって給与が左右される

雇用形態によっては給与にあまり差がない事務職ですが、経験が給与に反映されます。業務内容としては難易度の高いものではありませんが、効率よく仕事を進められる力や、どれだけ事務の仕事に精通しているかが評価の基準になります。

そうなると事務職としての経験が長ければ長いほど、高い評価を受けられることになります。つまり長く働いていると給与が上がりやすくなるのです。

平均すると、20代では約15万円~22万円の給与が30代になると約18万円~25万円にアップ、40代になると約20万円~25万円にアップします。

ほかの職種よりも給与は低い

平均額を見ても、事務職はほかの職種よりも給与が低いことがわかります。確かに人気の職種ではあるのですが、自分が生活していく上でどのくらいの給与が必要なのかを知っておかないと、事務職に転職したあとで困ってしまうことがあります。

昇給率もあまり期待できないので、しっかり考えておかないと女性一人でも生活が厳しくなる可能性があります。

事務職に必要なスキル

もろもろの事情を鑑みて、それでも事務職に転職したいという場合は、下記のようなスキルを身に付けておきましょう。

特殊なものはありませんが、個人の資質によるところも多いので、向き不向きはあるかもしれません。

パソコンソフトのスキル

資料や書類を作成したり、データを入力するためにWordやExcelといったようなパソコンソフトが使えるということが最低条件です。

これができないと、なかなか採用されないでしょう。ほかにもExcelで表計算をマスターしていたり、パワーポイントを使えたりすると便利です。

コミュニケーションスキル

事務の仕事は社内外の人とコミュニケーションをとることになります。電話の応対もそうですし、来客対応を担当することもあります。

そのため、多種多様な人と意思疎通が図れるよう、コミュニケーションスキルが必須です。事務の仕事を効率的かつ円滑に進めるためにも、コミュニケーションスキルはあったほうが有利です。

ビジネスマナー

電話対応や来客対応では、最初に応対する人が「会社の顔」として認識されます。お茶の出し方や電話での話し方など、基本的なビジネスマナーを身に付けておかないと、会社の印象を悪くしてしまう可能性があります。

ビジネスマナーは特に勉強して身に付けるものではなく、仕事をしていくうちに覚えていくものではありますが、気になる場合はビジネスマナー検定や秘書検定などにトライしておくといいかもしれません。

これまでに営業職や販売、接客の仕事をしていたい人は、自然とビジネスマナーが身に付いているので、事務の仕事もスムーズにこなせるでしょう。

事務職に採用される人物

ある転職求人倍率レポートによると、事務職の求人倍率は0.2倍だそうです。これは5人に1人しか採用されないという、競争率の高さを表しています。

ですから企業にとっては、たくさんの人材からよりよい人材を選べることになります。求職者にとってはたくさんのライバルから勝ち抜かなければいけません。

そんな事務職は、男性が採用されづらく、社会人経験のある20代の女性が採用されやすい職種です。

ビジネスマナーが身に付いているとすぐに即戦力として働けるので、2年以上の社会人経験がある人が求められます。

未経験でも可、と謳っている求人は多いのですが、正直なところ社会人経験がない人は採用されづらいです。

事務職と転職エージェント

こういった状況なので、事務職へ転職を成功させるためには、転職サイトや転職エージェントに登録しておくと有利です。

転職エージェントとは、求人情報を紹介してくれることはもちろん、アドバイザーが転職のサポートをしてくれるサービスです。

非公開求人が多く掲載されているので、自分で求人を探すよりもよい条件の転職先が見つかることもあります。

また、企業への推薦を受けることができたり、面接の日程調整、給与交渉もしてくれるので、大変便利です。

ただし使う転職エージェントによっては満足なサポートが受けられなかったりすることもあります。リクルートエージェント、DODA、マイナビエージェントなど、多数の転職エージェントがあるので、口コミの評価などからどれを使うかしっかり見極めた上で登録してください。

事務職の転職エージェント 事務職におすすめの転職エージェントを徹底比較

一方、転職サイトは求人が掲載されているサイトのことです。たくさんの情報の中から、自分で条件のあう求人を探して応募するという流れです。

自分のペースで転職活動を進めることができるというメリットがある反面サポート体制がないので、転職活動にまつわる煩雑な作業すべてを自分で管理していかなければなりません。

転職エージェントであれば面接対策や応募書類の添削なども行なってくれますが、転職サイトにはそういったサービスがないので、不採用が続いた時にどうしたらいいかわからなくなってしまうこともあります。

事務職に採用されやすくなる方法

よりよい条件の事務職に転職するためには、転職エージェントを利用したほうが有利です。転職エージェントを使えば、自己PR・職務経歴・最終学歴・資格スキルを応募先企業によりアピールしやすくなりますし、推薦がもらえることもあります。

基本的に選考は応募順で行われますが、気になる応募者については企業側が優先して選考を行うケースもあります。

ですから転職エージェントに登録しておいて、常に新着求人情報をチェック。そしてなるべく早く応募して選考に進むことを第一の目標としてください。事務職は採用枠が少ないことに加え、競争率の高い職種なので、募集が早めに終了することがあるので注意してください。

まとめ

本記事では事務職という仕事について詳しく解説してきました。事務職はほとんどの会社に存在する職種です。

特別な資格やスキルが無くても働けますし、未経験でも働くことができます。比較的ストレスの溜まりにくい職種で、子育て中の人や介護中の人でも働きやすいので人気があります。

ただし給与はほかの職種よりも少ない傾向にあります。もしこの記事を読んで事務職が気になったという人は、まず求人を見てみましょう。

たくさん求人を見ていれば、自分に合うかどうかが見えてくるはずです。そして事務職へ転職したいと思った場合は、高い競争率をクリアして採用されるために、ぜひ転職エージェントに登録してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。