事務職におすすめの転職エージェントを徹底比較

事務職の転職エージェント

事務職に転職したいのであれば、事務の仕事に強い転職サービスを利用するのが一番の近道です。このページでは事務の転職に強い転職エージェントを紹介します。

それぞれの特徴はもちろん、転職のパターンによるサービスの使い分けなども記載しておくので、事務職に転職したい方はぜひ参考にしてみてください。

事務職希望なら、転職エージェントを利用しよう

事務職とは、その他職種と比較してもトップクラスの人気を誇る職種です。つまり転職しようと思ってもライバルが多数いるため、簡単には転職することができません。

そのため転職エージェントを利用して、有利に転職活動を進めていく必要があります。転職エージェントを利用すれば、下記のようなサービスを受けることができます。

よりよい条件の非公開求人を知ることができる

転職エージェントに登録しておけば、一般公開されている求人以外に、その転職サービスでしか公開されていない「非公開求人」を見ることができます。

非公開求人の中には大手企業での事務職や、給与や待遇などの条件がいい事務の仕事など、好条件の案件が多数あります。

ですからぜひチェックしておくべきです。なお、転職エージェントで取り扱われている求人の7~9割は非公開求人だというデータもあります。

このことから、事務職に転職したいのであれば、まずは転職エージェントに登録することが必須だと言えるでしょう。

転職初心者でも安心のサポート

転職エージェントを利用すれば、書類添削や面接対策といった転職にまつわるサポートを受けることができます。

応募書類の添削では、プロの視点からのアドバイスを受けることができ、より魅力的な職務経歴書や自己PRの書類を作ることができます。面接対策では一般的な面接のマナーから、企業ごとの対策まで行ってくれます。

事務職への転職は人気が高いため、応募書類や面接での対応がきちんとできていないと、まず採用されません。ですが素人が自己流で勉強して対策するのでは不十分です。

ここは転職のプロである転職エージェントのサポートを受けておいたほうが間違いありません。特に事務職未経験の場合はより採用のハードルが上がるため、必ず利用しておいたほうがよいでしょう。

条件交渉を任せることができる

選考のサポートだけでなく、転職エージェントは交渉面でのサポートも行ってくれます。最終面接付近まで進むと、実際働く際の待遇や給与についての条件交渉を行わなければいけません。

そもそも給与の相場が低めの事務職なので交渉はぜひ行っておくべきですが、素人が自己判断で交渉すると失敗し、せっかくここまで進んできた選考過程を無駄にしてしまうこともあります。

これは自分自身の市場価値と、自分が求めている条件の折り合いがうまくつけられていないからです。

転職エージェントは転職市場に精通していますから、応募者にとっても企業にとっても納得いく条件を提示してくれます。難しい条件交渉は、転職エージェントに任せてしまったほうが安心です。

事務職への転職におすすめの転職エージェント

事務職の転職に、転職エージェントを利用したほうがいいということがわかっていただけたと思います。では次に、具体的にどのような転職エージェントを使ったらよいのかについてもお伝えしておきます。おすすめなのは、下記の転職エージェントです。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

事務系の求人数が一番多い転職エージェントがこちら。世界No.1の総合人材サービス会社「Adecco(アデコ)」のグループ会社です。

Adeccoは日本では派遣サービスで有名ですが、世界的なコネクションもあるので外資系企業やグローバル企業の求人案件を多く抱えています。

また、東名阪を中心に、専門領域部門を有していることも特長です。事務の仕事についても、「HR&ファイナンス領域」部門があるので法務や財務などで実務経験のあるコンサルタントが多く在籍しています。

そしてSpring転職エージェントの特長といえば、4000件を超える事務職の公開求人が掲載されていることです。

これはほかの転職エージェントと比べて圧倒的な数です。さらに、全体の80%が非公開求人であることも注目です。

より多くの事務職求人が掲載されている可能性や、より条件のよい事務職求人が掲載されている可能性があります。事務職を希望しているのであれば、まず登録しておくべきエージェントでしょう。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

「女性の」と謳っているだけあって、女性ならではの悩みや不安に寄り添ったサポートをしてくれると評判の転職エージェントです。

特に東京・神奈川・千葉・埼玉での転職が強く、事務職求人も多数取り扱われています。しかも単に求人を紹介してくれるだけではなく、ひとりひとりの転職目的やキャリアプランに基づいたアドバイスをしてくれるので、人生を視野に入れた、よりよい転職をするための心強い味方になってくれます。

また、年収交渉にも強いので、事務職で高収入を得たいと考えている女性はぜひ相談してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

転職エージェントの人気ランキングにおける事務職分野で上位にランクインするのが、マイナビエージェントです。

新卒採用で定評のあるマイナビのグループ会社なので、特に20代や若年者の採用支援に定評があります。転職サポート期間に期限がないので、時間をかけて自分にあった求人を探したいという人におすすめです。

そしてキャリアアドバイザーのサポートが丁寧だということも売りなので、転職に慣れていない方でも安心して転職活動に取り組むことができます。

リクルートエージェント

日本最大手の転職エージェントといえば、リクルートエージェントです。全国の幅広い業界・業種の求人が掲載されていて、事務職の求人も多数掲載されています。

さらに大手企業、優良企業の非公開求人も多数抱えています。第二新卒はもちろん、子育てをひと段落させてもう一度働きたいと考えるミドル世代、未経験者、高いスキルを有している人など、どのような転職パターンにもしっかり対応してくれます。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

人材派遣サービス大手の『パソナ』が運営している転職エージェントです。これまで25万人以上の転職をサポートしてきました。

そこで培われたノウハウを活かし、パソナキャリア利用者の67.1%が前職よりも年収をアップさせたという実績もあります。

登録すると手厚いカウンセリングを受けられるので、転職のミスマッチも防ぐことができます。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

DODA

DODA

DODAには、転職サイトと転職エージェントがあります。全国各地の幅広い求人に対応しており、事務職の求人も多数あります。

未経験者から有資格者まで幅広いキャリアに対応していることも特長です。DODAの転職エージェントでは、登録者1人に対しキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当が2人つきます。

このことで、アドバイザー個人の力量に左右されることなく、徹底したサポートを受けることができます。

転職エージェントを上手に使う方法

転職エージェントに登録すると、有利に転職を進めることができます。しかしうまく活用しなければ、転職が失敗してしまうこともあります。サポートを受けつつ、自らの力で転職を進めていくことが必須です。

自己分析をする

「どんな働き方をしたいのか」「どんなスキルを持っているのか」「どんなキャリアを形成したいのか」ということを自分自身で把握できていなければ、いくらいい転職エージェントを使ったとしても転職活動が失敗してしまいます。

目をひく応募書類が作れなかったり、面接でうまくアピールすることができなかったりするからです。まずは自己分析で、自分の気持ちを明確にすることがスタートです。

口コミ評価を調べる

転職エージェントも、人によって合う・合わないがあります。インターネットで検索すれば、それぞれの転職エージェントの特長や利用した人の評価を知ることができます。

それらを調べていくうちに、事務職の転職に強いエージェントもわかるはずですし、自分が転職エージェントにどのようなサポートをしてもらいたいのかも明確になります。こういった情報収集は、とても大切です。

3社以上の転職エージェントに登録する

ひとくちに転職エージェントと言っても、得意な分野とそうでない分野があります。サポートの仕方も異なります。

ひとつのエージェントだけを使っていると良し悪しに気づきませんが、3社以上に登録しておくと、それぞれの特長がわかります。

また、A社には掲載されていない求人がB社で見つかる、といったこともあります。転職の成功確率を上げるためには、複数のエージェントに登録しておくことをおすすめします。

事務職に転職したいのであれば、まずはSpring転職エージェント、リクルートエージェント、パソナキャリアの3社に登録しておくと良いでしょう。

これに加え、働きたい地域の地場の転職エージェントや、資格を持っているのであればそれ専門の転職エージェントに登録しておくと、万全です。

求人件数、アドバイザーの質をチェックする

当然ながら、できるだけ多くの求人を掲載している転職エージェントに登録しておけば転職を有利に進めることができます。数が多いほど転職の幅は広がるからです。

また、一般事務や医療事務など様々な分野がある事務職なので、それに特化したアドバイザーがいるかどうかもチェックしておいたほうがいいポイントです。

医療事務として働きたいのに、医療事務のことを理解していないアドバイザーではサポートが不十分です。目指したい職種がある場合は、それにあったアドバイザーがいるかどうかも調べておきましょう。

転職サポートサービスを有効活用する

転職エージェントの中には、無料でセミナーや面接対策講座などを開催しているところもあります。こういったサービスは、積極的に利用しましょう。

新卒の就職活動と違って、転職活動は同時期に活動する仲間がいません。孤独な戦いになることも予想されます。

視野が狭くなる危険性もあります。そんなとき、セミナーなどに参加しておくと、新たな発見もあるでしょう。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職をサポートしてくれる転職エージェントですが、中には悪質な転職エージェントもあります。例えば求職者がまったく希望していない企業に無理やり斡旋しようとしたり、個人情報を漏洩させたりするエージェントがいるのです。

こういった悪質なエージェントを避けるためには、無名な会社に登録しないことと、登録する前にしっかり下調べをしておくことが大切です。

少しでも怪しいなと感じたら、利用しないようにしてください。大手の評判のよい転職エージェントはたくさんあるので、無理に怪しいところに登録する必要はありません。

また、転職エージェントのいうことを鵜呑みにしないことも大切です。転職エージェントは、求職者が採用された場合に報酬が支払われます。

年収が高い企業に採用されれば、その分報酬も高くなります。求職者のことを考えていないエージェントは、当人の希望を無視して、自分の報酬が高くなる「採用されやすく、年収が高い」企業を紹介してきます。

それが本当にいい企業であればいいのですが、自分の意思に反した企業であれば転職してもまたすぐに辞めてしまうことになるかもしれません。

いくら担当のキャリアアドバイザーが凄腕だったとしても、転職するのは自分自身なので、エージェントのいうことを鵜呑みにせず、自分でしっかり考えなければいけません。

事務職に転職するためのコツ

ここまで述べてきたことを踏まえ、事務職への転職を成功させるためには、応募先企業のことと自分自身のことをしっかり理解することが何よりも重要です。

企業研究をしっかりしておかなければ「なぜこの企業で事務職として働きたいのか」というアピールができませんし、自分自身のことが理解できていなければ転職後に「こんな働き方がしたいわけではなかった」ということになりかねません。転職活動の基本中の基本ですが、今一度しっかり分析を行いましょう。

事務職では特に必要な資格というものはありません。もちろん簿記など資格があれば有利にはなりますが、未経験歓迎の企業もたくさんあります。

未経験歓迎にしておくとたくさんの応募者の中からより良い人材を選ぶことができるからです。そのときに大切なのは資格の有無よりも、応募企業のことをしっかり理解し、自分がどのように貢献できるかをアピールすることです。

しかしひとりで自分の力だけで自己アピールを考えたり、企業研究を進めることは難しいものです。そんなときは転職エージェントを利用し、サポートを受けましょう。

転職エージェントでは応募書類の添削や面接の練習、企業研究の手助けなども行ってくれます。企業へうまく自分を売り込むためのツールとして、転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

事務職は人気が高く、転職市場でも競争率の高い職種です。必要なスキルは基本的なパソコン操作とコミュニケーション能力くらいで、特別な資格などは必要ありません。

そのためいい求人には多数の応募者が殺到します。もし事務職に転職したいのであれば、ほかの職種に転職する場合よりも多くの求人に応募することと、転職先が見つかるまである程度の時間がかかることを覚悟しておきましょう。

人気の職種に転職する場合は、何社か受けていても内定がでないことが多々あります。そのことに落ち込み、「私には価値がない」などと考えてしまう人もいます。

しかしそもそも事務職の倍率が高いだけなので、内定がすぐ出なくても自分のスキルやスペックのせいだと思い込まないようにしましょう。

ネガティブな気持ちのままでは、うまくいく選考もうまくいかなくなってしまいます。もし自分一人で転職活動を進める自信がないのであれば、転職エージェントに登録してください。

上手に転職エージェントを利用すれば、プロのサポートやアドバイスでより有利に選考を進めることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。