経理事務ってどんな仕事?やりがいや年収・有利な資格を紹介

経理事務

経理事務に興味があっても、どのような仕事か詳しく分からない人も多いと思います。

転職後に経理事務に携わりたい人には、経理事務の仕事内容や必要な能力はどんなことなのかを前もって知っておきたいものです。

今回は経理事務の仕事内容がどのようなものなのかを詳しくご紹介します。

経理事務の仕事内容とは?

経理事務は社内の経費や社員給与、取引先への入金・支払いなど、その企業におけるさまざまなお金の動きを処理するのが主な仕事です。

具体的な業務を分けると、日次業務、月次業務、年次業務に分けることが出来ます。

具体的には次のような業務があります。

日次業務

  • 入出金管理や銀行振り込みなどの事務処理
  • 車内経費の精算や仮払金の払い出し
  • 経理システムへの入力
  • 伝票(見積書・請求書・領収書)の発行
  • 受発注・在庫の管理
  • 新規取引先の登録
  • 与信確認(取引先が信用できるかどうか財務状況を確認すること)

月次業務

  • 入出金管理
  • 取引で発生する未収入金(売掛金)の管理
  • 伝票(見積書・請求書・領収書)の発行
  • 月次決算
  • 給与計算・支払い

年次業務

  • 年次決算
  • 親会社と子会社や関連会社の会計を加算した決算(連結決算)
  • 税務署への申告書作成
  • 有価証券報告書作成

特に大手企業や上場企業の場合、扱う金額や営業所・支社数、取引社数などの規模が大きいので、さまざまな部門を設けて仕事を分担している場合も多く、経理事務だけを行うセクションが設けられていることも多いです。

ですが、中小企業やベンチャー企業はすべての業務を1人がこなすことも多いので、幅広い分野の仕事をこなす中で経理事務も一緒に行う場合もあります。

ため、経理、税務、決算、財務など分野で仕事を分けている企業が多く見られます。

一般的経理と経理事務の仕事内容には違いがある

経理事務を専門とする事務職は、月次業務として給与計算、経費精算、売掛金の回収と買掛金の支払い、税理士や公認会計士との折衝などを行うことが主な業務となり、その結果として月次決算書を1ヶ月毎に作成します。

月次報告書を正しく作成して積み上げていけば、それがいわゆる「上半期決算」「年度末決算」の根拠として活用できるようになります。

経理事務は会社のお金の動きを絶えずモニタリングしている立場になりえますから、ベテランになると会社の経営方針について経理面から指摘や方針を打ち出すことが出来るポジションにつく人もいるぐらいです。

もちろん、発言に重みがあると言うことは、それだけ経理事務の経験があってこそのことなので、経理事務にやりがいを感じるとすれば「会社の経営状況をリアルタイムに確認できる」こととも言えるでしょう。

「経理事務」という明確な定義はない

法律上「経理事務」と言う言葉はあるものの、明確な定義はありません。

会社ごとに「経理」とは名乗っているものの、具体的な業務内容はは会社規模や経営方針により異なっている場合が多いです。

起業によっては一般事務や経理事務と言う区分けせず、総務事務セクションの中に経理事務の部署を設けていたり、総務事務の社員がかねて仕事をしている場合も多いのです。

実際、最近では専用ソフトが多く広まっていることもあって、給与計算などのパソコンソフトでできることも多くなりましたので、専門的な知識がなくても容易に経理事務をこなすことが出来る時代になっています。

一般事務を兼ねさせられる場合もある

経理事務を行う部署はそれぞれの企業によって考え方が違うことは先ほどの章で説明しましたが、経理事務だけを行わせる場合と他の業務を兼ねて行うよう命じられる場合もあります。

大企業のように経理や財務、決算といった部署が独立している場合、それぞれの部署でそれぞれの事務を行うようになりますが、その分専門的な事務をこなす必要がありますから、より専門性を求められることになります。

ですが、中小企業になると経理事務の仕事だけではなく、根本的に人手が少ないこともあって、電話対応や接客といった一般事務を兼ねて命じられることもあります。

具体的には、企業の規模によって以下のような違いが生じます。

大企業の場合

給与や経費清算、売掛金の回収と支払い、月次決算書の作成、税金関連、税理士や公認会計士との折衝など、それぞれの業務を複数名で行うので1人当たりの負担はそんなに大きいものではありません。

会社の規模が多い分、部署間での調整も多く生じますから、その内容によっては多忙な時期があったり、思うように仕事が前に進まない場合もあるでしょう。

中規模企業の場合

大企業に比べて担当する業務は広めになりますが、その結果経理事務の大半を任されることが多いようです。

その分決算は半年または1年に1回という会社が多いので、決算事務に追われることは少なくなりますが、少ないスタッフ数で膨大な決算事務をこなさなくてはいけないので残業時間も多くなるでしょう。

小規模企業の場合

小規模な企業では、経理業務に加えて一般事務や総務の仕事も担当することが多くなるので、多岐にわたって仕事を行わなくてはなりません。

その分仕事量はかなり多くなるので、残業が日常的になるような場合もありえます。

その割に年収は大企業に比べると低くなるので、場合によっては一般事務と同じ程度しかもらえない場合もあります。

会計管理と経理事務は違う

経理事務と似たような言葉に「会計管理」と言う言葉があります。

どちらも似たような意味に思えますが、会計管理は物品や現金の出入りを管理するのが基本なのに対して、経理は入出金の事務処理や関係書類の作成を行うことが基本なので、その内容を見比べてみると明らかに異なります。

特に経理事務は、伝票を起票したり帳簿を記帳したり、請求書の支払いや請求書、決算書の作成などがあるので、会計管理と比べてもミスが許されないものです。

経理事務の年収・給与

経理事務に携わる社員の平均年収は450万円ほどだといわれていますが、これは一般事務より若干高めになっています。

ですが、会社の規模や職務内容、あなた自身のキャリアによって大きく差が生じることもあるようです。

また、年収は高い企業であっても、残業や休日出勤が多いために手当がつくことで年収が多めになっていることもあるので、求人情報の額面通り受け止めるのは早計です。

やりがい・メリット

転職に強い

経理事務はどこの企業でも必要とされる職種であることはわかっていただけたと思います。

規模や金額の大きさはあるでしょうが、経理事務の業務内容はどこの業界や企業でも大きく変わることがありません。

あまり変わることが無いので、その分得た経験や知識はどこの会社でも通用するので、転職時に有利に働きます。

経営課題を見つけ出せることもある

経理事務は入出金の事務を行うだけでなく、常に会社の内部で金銭的な流れを把握することが出来るので、会社の経営状況の変化をいち早く知ることができる立場になりえます。

もし、経営上の課題を見つけることが出来れば、あなたがその資料を作成して経営陣に提出することで課題を解決することもできるのです。

ある意味「縁の下の力持ち」のようなポジションだからこそわかることもあるし、経理事務をしているからこそ「収入と支出」のバランスも理解でき、利益を得るための方法も客観的に見つけやすいわけです。

実際、経営上の問題が改善されたり、あなたの提案を実現した結果、会社の利益が右肩上がりに転じたりすれば、やりがいを感じられるでしょう。

会計の基礎を学べる

経理事務が未経験の場合には、初めのうちは簡単な業務から任されることになりますが、次第に様々な業務に携わるうちに「会計」の基礎を学ぶことが出来ます。

経理にいるからこそわかる情報によって「会社の経営にどれだけコストがかかっているか」「この会社はどれほどの収益を得られているか」などが分かってくるわけで、それは学校で学ぶ会系とは違って実用性に富んだ会計の基礎を学ぶことに他なりません。

それに経理事務はキャリアパスが明確な職種の代表格であり、業務経験を重ねて仕事がうまくこなせるようになると、上位の職務に昇進できる可能性が高いのです。

あなたが起業の中でキャリアアップを成し遂げたい場合は、専門性を習得しつつ、ゆくゆくは経営陣に提言が出来るほどの職歴と階級になっていける経理事務はうってつけです。

経理事務の辛い点

資産や物品の管理が煩雑

年度末に作成する「決算書」は慣れた人でも作成するのが複雑で大変です。

決算書を作成するときに避けて通れないのは、商品の在庫や実際の資産と帳簿上の残高を照らし合わせる「棚卸」の作業です。

もし、棚卸の数値が合わなかった場合、原因を探す時間が膨大になったり、原因が分からなかった場合に生じている差額処理にも膨大な時間を費やすことになりかなりの労力を必要とします。

決算書にここまで正確さを求めるのは、決算書を株主や投資家、取引先などの利害関係者に報告するための重要な資料として使うためです。

決算期には残業ばかりになることは必至で、苦労ばかりが待ち構えていますが、決算書が完成したときには非常に達成感を感じられることでしょう。

経理事務に必要な資格は?

経理事務に必要とされている資格で最も多いのは「簿記」です。

簿記資格には複数の資格があるのですが、そのうち一般的に知名度があるのは「日商簿記」です。

簿記資格のレベルは、初級、3級、2級、1級に分けられ、経理の仕事で活用するには3級以上が望ましいとされています。

特に転職を志している場合は、独学で簿記3級程度は取得しておくことが望ましいでしょう。

資格取得に至らなくても、その経験が就職後に十分活かせるのでぜひ一度は簿記について自主的に学んで見られることをお勧めします。

なお簿記は、級ごとに学ぶ内容が異なりますので、詳しくは以下の内容を参照してください。

簿記3級

経理関連書類の読み方や帳簿記入方法など経理業務の初歩的な実務をこなせる程度のレベルです。

簿記2級

商業簿記・工業簿記を学び、財務諸表の内容を見て企業の経営状況を把握できるだけの知識を得られるレベルです。

簿記1級

極めて高度なレベルの知識であり、特に企業会計関連の法律・規則を踏まえて経営管理・経営分析ができる程度のレベルで、ここまで持っていれば転職先に困ることはないでしょう。

未経験者が経理事務を選ぶ時の注意事項

経営事務のデメリットは、根本的に求人募集が少ないことです。

もともと経理事務の求人募集はそう多くはないものですが、それに加え人気があるため倍率が高くなっています。

それに経理事務ゆえに「有経験者」を優先して応募しようとする企業も多いこともあり、未経験の人材でも採用してくれる求人は更に少なくなってしまいます。

中には、簿記などの資格を保有していることが応募条件になっている場合もあるので、まずは資格を取ることから始めなければならないこともありえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。