第二新卒で大手企業に転職できる?第二新卒が大企業に転職する方法とコツを解説

第二新卒で大手企業に転職する方法

第二新卒を採用するのに力を入れている企業が増えていることをご存知でしょうか。

人材採用のスタイルといえば、「新卒一括採用」でゼロから人材を育成するのが主流でした。現在ではその他の採用スタイルとして、知識があって即戦力が期待できる「中途採用」、そしてポテンシャルに期待がある「第二新卒採用」が強化されています。まさに「新卒採用」「中途採用」「第二新卒採用」の三本柱が主流となりつつあります。

実際に、大手企業の三菱電機や三井住友銀行が、新卒採用以外の採用にも力を入れ始めています。また博報堂では、第二新卒の採用数を2倍にするなど、第二新卒でも十分に大手企業への転職チャンスがあるのです。

ここでは、第二新卒が大手企業に転職できる理由や成功するポイントなどをご紹介していきます。是非参考にして、大手企業への内定を掴み取りましょう!

第二新卒は大手企業に転職するチャンスがある!第二新卒で大手に転職できる理由

「第二新卒」とは、主に学校を卒業した後に就職したものの、3年以内に離職した求職者を指します。

現在の少子化社会では、若い人の需要が高まっています。そのため、新卒だけではなく第二新卒も積極的に採用し、若い人材を確保しようとする企業が増加傾向にあります。

その他にも、第二新卒を積極的に採用するメリットがあります。以下、大手企業が第二新卒を採用するメリットをご紹介していきます。

第二新卒は社会人としてのマナーが身についているから

第二新卒は新卒と違い、企業に就職して働いた経験があります。そこで研修を受けたり、業務に従事していたことにより、基本的なビジネスマナーがすでに身についていると考えられます。

そのため、新卒者のように研修を行う必要がなく、教育コストを削減することができるのです。

第二新卒は柔軟性があるから

第二新卒は、社会経験が浅いのが特徴です。1つの企業の色に染まりきっていない、と言えますよね。

ですから、別の企業の風土や文化にも、柔軟に対応しやすいと考えられるのです。

第二新卒は通年採用が可能

新卒を採用する場合、4月に一斉入社させることが普通です。一方の第二新卒は、通年で採用し人材確保できるのが、大きなメリットです。

これらの理由より、大手企業は第二新卒の採用に力を入れ始めているのです。

第二新卒とは 第二新卒とは?いつまで?転職しやすい理由と意外な転職事情について解説

第二新卒が大手企業から大手企業へ転職することは可能?注意点を紹介

第二新卒で転職を考えている方の中には、すでに大手企業に入社していて、他の大手企業への転職を考えている人もいることでしょう。

「思うような評価が得られない」「やりたい領域以外の仕事もやりたいのに実力が発揮できない」など、転職を考える理由もさまざまかと思います。

とはいえ、せっかく大手企業に入社できたのに、再度大手企業から内定がもらえるだろうか、と不安になりますよね。

大手企業出身者が別の大手企業に転職するのは、不可能ではありません。しかし、転職市場においては、少し歓迎されにくい特徴があるのも事実です。

以下に、大手企業から大手企業への転職で苦労するケースを2点挙げてみました。

前職でのスキルが活かされない場合も

第二新卒とは「最初の企業に就職してから3年以内に離職した人のこと」とさきほどご紹介しましたが、この定義は企業によってマチマチです。ですが、「中小企業での3年」と「大手企業での3年」には、大きな違いがあります。

たとえば中小企業のベンチャー企業であれば、職域を超えて仕事を任されることが多いです。短期間の間で幅の広い経験を積むことができ、実力主義を重視する企業も多いですから、入社年数にかかわらず責任のあるポジションにつけるでしょう。

一方の大手企業の場合、大規模な組織における歯車の1つとなります。自分が担当する仕事の範囲は狭く、専門性が求められます。そのほとんどの知識やスキルは、自社内でしか使えないものであることが多く、転職先の大手企業で活かされることがほぼないケースもあります。

プライドが高い人は要注意

最初に入社した大手企業を誇りに思っている場合、要注意です。

プライドが高い人だと、前職とどうしても比較してしまい、不満をもらしたり他の社員を見下したりするタイプが多いです。
このタイプに該当する人は、「扱いにくい人材」として、採用されない可能性もあります。

第二新卒が大手企業に転職するメリット・デメリットとは?

上記で大手企業から大手企業への転職する際の注意点を述べましたが、転職自体は不可能ではありません。

むしろ第二新卒は社会経験が浅いのですから、「意欲」や「ビジネスマナーを身に着けている点」をしっかりとアピールすれば、道を開くことは十分に可能です。

また、中小企業から大手企業への転職も不可能ではありません。

ここでは、大手企業から大手企業、中小企業から大手企業へと転職するメリットやデメリットをご紹介します。

第二新卒で大手企業から大手企業への転職するメリット

メリット①環境に溶け込みやすい

大手企業のカルチャーや風土は、どこも似たようなものです。バックボーンや性質が似ている社員も多いですから、環境に馴染みにくい、ということはないでしょう。

メリット②給与が大きく変化しない

大手企業の魅力といえば、なんといっても「安定」でしょう。

前職が大手企業であれば、なおさら転職先の給与や福利厚生が気になるところだと思います。しかし、もう一度大手企業へ入社できれば、変わらない給与や待遇が望めます。

第二新卒で大手企業から大手企業への転職するデメリット

デメリット①出世できない場合も

第二新卒は、新卒と比較すると出世コースに乗りにくい、といった点があります。なぜなら大手企業では、いまだに「年功序列」「終身雇用」を重視している面があり、新卒の方が勤務年数が長くなるからです。

デメリット①新卒と比較すると評価が低くなりやすい

中途採用者は、新卒よりも低く評価されがちな傾向があります。いまだに新卒者の方が人材としては優秀だ、という考え方が根付いているからでしょう。

2・中小企業から大手企業への転職の場合

「就職活動では大手企業を狙っていたけど無理だった」「やはり大手企業で働きたい」と思う第二新卒の方、大丈夫!大手企業が第二新卒の採用を強化している今、不可能ではないからです。

中小企業で働いた経験がどうやって大手企業に活かせるのか、どうやって成長してきたのか、といった点をしっかりと採用者にアピールする必要があります。

メリット①安定感が増す

中小企業と比較すれば、大手企業のほうが給与が高く、福利厚生が充実しています。これにより、前職にいたころよりも安定して、生活の安心感も違ってくるでしょう。

メリット②自分の業務に集中しやすい

中小企業では、幅の広い業務を任されることが多いです。一方の大手企業では、担当分野が組織化されていますから、自分の担当する職域が明確化されています。

やるべきこと一点に集中できることから、生産性が上がりやすいでしょう。

デメリット①仕事の裁量権が失われる

中小企業では、自分の判断で仕事を進めやすい環境だったと思います。しかし大手企業では、上司や役員の意見を取り入れたり、決裁を仰いでから仕事しなければならない場面が多くあります。

そのため、「任された以上の仕事ができない」「実力が発揮しにくい」といったデメリットがあります。

デメリット②やりがいが薄い

大手企業においては、社員がどんなに成果を収めても、会社の業績に反映しにくいです。そのため、多くの社員に埋もれてしまう危機感をもったり、やりがいを感じにくい、といった面があります。

大企業に転職するメリット・デメリット 大企業で働くメリットと意外なデメリットとは?

このように前職が大手企業や中小企業であっても、メリットやデメリットはあれど、大手企業への再就職は可能です。
とはいえ、何の対策もせずに転職活動をしても、思うようには内定をもらいにくいでしょう。

第二新卒が大手企業に転職するためのコツ

大手企業の内定を獲得するためには、多くの応募者たちと戦わなければなりません。それは第二新卒であっても変わりはありません。

ここでは、大手企業への転職で抑えておきたい3つのポイントをご紹介します。
ポイントを抑えておけば、きっと納得のいく転職活動を行えることでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、登録することによって担当エージェントが付き、転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。
転職エージェントの力を借りることで、新卒時の就職活動よりも、ずっと楽になるでしょう。

転職エージェントを利用するメリットとして、

  • エージェントだけに公開されている求人がある
  • 客観的なアドバイスをもらえ、指導してもらえる
  • エージェントが企業に代理で推薦してくれる

があります。以下、詳しく解説します。

転職エージェントのメリット①エージェントだけに公開されている求人がある

転職エージェントの最大の強みは、非公開求人を紹介してもらえることです。

大手企業が出す第二新卒の募集は、転職エージェントに依頼しているケースがほとんどです。一般の転職サイトに掲載し続けると多額の費用がかかりますし、多数の応募者から選別するのにも大変な時間と労力がかかります。

ですので、転職エージェントに依頼することによって、それらの無駄を削ぎ落としているのです。

転職エージェントのメリット②客観的なアドバイスをもらえ、指導してもらえる

担当のエージェントが付けば、転職にあたっての自己分析や企業選び、または応募書類の作成や面接のアドバイスに至るまで、丁寧に教えてくれます。

転職に特化したプロからの客観的なアドバイスですから、身近な友達や先輩やキャリアセンター担当者よりも、より具体的で役立つ意見をもらえるでしょう。こんなに心強いことはないですよね。

転職エージェントのメリット③エージェントが代理で企業に推薦してくれる

転職エージェントは、基本的に転職希望者と企業をマッチングさせる役割があります。また転職者が企業に応募する際、同時に推薦文も書いてくれます。採用者はこの推薦文を参考にして、選考を行っていきます。

もしも面接で上手くいかなかった場合でも、採用者が担当エージェントの推薦文を見て、「面接では印象がよくわからなかったが、推薦文を見れば相当なスキルを持っていることがわかるので、もう一度面接したい」となるケースも!

このようなメリットが転職エージェントサイトにはありますから、ぜひ転職エージェントへ登録してみましょう。複数のサイトに登録し、自分に合うエージェントを選択するのが、一番賢いやり方でしょう。

第二新卒に強い転職エージェント 【2019】第二新卒におすすめの転職エージェント12選 転職エージェントのデメリット 転職エージェントのデメリットには何がある?転職エージェントを使う際の注意点とは

就職人気ランキング外の大手企業を探す

新卒時は、「就職人気ランキング」に掲載されているような企業に応募が殺到します。有名企業ほど安定した給与や待遇が望める、と考える新卒者が多いからです。

しかし第二新卒は、就職人気ランキングを参考にしてはいけません。むしろそのランキング外にある大手企業を見つける努力をしましょう。

おすすめなのは、「B to B」の企業を探すことです。B to Bの企業とは、企業と企業の間で主に取引を行っている企業のことで、名はそこまで広く知られていなくとも、優良な大手企業はたくさん存在しています。

企業としての安定性や福利厚生は、大手企業と代わりありませんし、なによりもライバルが少ないです。

新卒者と違い、第二新卒は多少の社会経験があります。それを生かして企業選びをすることも、強みを活かした転職活動である、と言えるでしょう。

担当者へ熱意を伝える

第二新卒は、最近になって採用が強化されています。とはいえ、「3年以内に辞めた」というイメージはどうしても付いてきます。このマイナスイメージを払拭するには、応募書類や面接がカギとなります。

重要なのは、

  • 環境や他人のせいにしない
  • 自分の失敗を認める
  • 今後のキャリアプランを具体的に伝える

です。

第二新卒で転職する人に多い転職理由には、

「今の会社では責任のある仕事ができず、成長できないと思った」

ですが、ベテランの採用者からすれば、「若い内から責任ある仕事が回ってくるわけないだろう」と思われてしまうだけです。

他にも、「上司と馬が合わずに苦痛だった」という意見も逆効果です。会社は組織で動いて仕事をこなしていきます。「うちの会社で気の合わない人がいたらどうするのだろう」と採用者は不安に思うことでしょう。

こうした、環境や他人のせいにした発言は控えるのが大事です。

ではどうすればいいのかというと、「失敗を認める」ことです。

「新卒時は焦っていて、会社選びを失敗してしまった」「自分の実力不足で、高い評価を得られなかった」といったように、自分の失敗を認めましょう。

こうすることで、素直な人材であると同時に、次へステップアップしていこう、といった前向きな気持ちもアピールすることが可能です。

そしてなによりも、「キャリアプランを具体的に伝える」のが重要です。自分のスキルをアピールするだけでは、新卒時のように内定はもらえないです。社会人経験を数年積んだからこそ、今後のキャリアプランも見えてきやすいです。

今後はどういった働き方がしたいのか、この仕事でなにを実現したいのか、しっかりとプランを練り、それを具体的に、採用者に伝えるようにしましょう。

大企業への転職方法 大企業へ転職する方法とは?有名企業へ転職するコツを解説

まとめ

現在は、転職市場は売り手市場になっています。また第二新卒採用も強化されていますから、「ポテンシャル」や「やる気」を評価してくれる大手企業や業種へと、第二新卒は転職できるチャンスが広がっています。

上記で紹介したように、最近の動向や情報をしっかりと把握し、第二新卒が転職するコツを学んで実践すれば、選考を突破することも難しくありません。

しっかりと準備をして、転職を成功させましょう!

第二新卒の転職方法 失敗しないために知りたい第二新卒の転職方法と転職を成功させるためのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。