転職活動の企業研究とは?賢い企業研究の方法とやり方のコツを紹介

企業研究の方法

転職する際、転職先としてふさわしい企業がどのような企業なのかを知ることは必要不可欠です。

そう考えると、転職活動の際に「企業研究」は欠かせません。

応募先企業を絞り込むうえで、企業研究をしっかりしておかないと「面接でうまく答えられなかった」「就職したけど考えていた会社と違う」と後悔することになるかもしれません。

公開することがないように、転職活動の際にはしっかり企業研究をして、転職活動が成功するように頑張って欲しいものです。

今回の記事では、企業研究のメリットやポイントなど、転職活動時の企業研究についてぜひ知っておいてほしい情報をご紹介します。

転職活動の企業研究とは?一番目的は「ミスマッチの軽減」

転職活動にあたって企業研究を勧める一番の目的は「企業とのミスマッチを最低限にする」ことに他なりません。

求人情報などを確認して、希望する収入や待遇ばかりに気を囚われていざ転職したけれど、労働時間は最悪でサービス残業もあるようなブラック企業だったら、せっかく転職しても報われませんよね。

そうならないようにするためには、自分が思い描く就労の環境がはたしてその企業で得られるのかどうかをシミュレートすることです。

シミュレートするためには、より具体的な情報を入手しないとそれはできませんから、企業研究が極めて重要になってくるわけです。

ライバルより一歩リードするための企業研究

優良な企業であれば、当然他の転職希望者も応募してくるでしょうから、ライバルは圧倒的に多いと思います。

面接を受けたいと思っても書類選考で落とされることもあるでしょうし、面接まで進んだとしても自分の言いたいことやアピールポイントを言えないままに落とされてしまうことだってあります。

特に志望動機などは書類選考を通過するためには重要ですから、その企業のことをしっかりと研究しておかないと採用担当者の心証を良くすることができません。

また、面接の時も企業研究は必須であり、その企業の長所や得意分野、社是などの基本情報を分からないまま面接に臨んでもたどたどしい回答しかできないでしょうから、面接官から「本当に我が社に入りたいのか?」と勘繰られてしまうかもしれません。

企業研究の上手な方法とは?

一般的に、転職希望先の企業の情報を集めるとなれば企業の公式サイトや転職サイトに掲載されている情報を確認する人が多いと思います。

ですが、それではライバルと同じ情報だけを得ているだけにすぎませんので、転職活動で一歩先に抜きんでることは難しいかもしれません。

実際、企業研究の方法によって、得られる情報は明らかに違います。

まず、企業が転職者向けに開示している情報だけではなく顧客や株主に対して発信している情報もチェックするなど、さまざまな角度から企業研究を行ってほしいと思うのです。

具体的には、これから紹介する方法を活用していただければ幸いです。

企業研究の方法①企業の公式ホームページ

企業の公式ホームページでは、会社概要や競合企業との差別化を図っているポイントを知ることができます。

サイトによっては企業のトップや中途入社者のインタビュー記事などを掲載しているので、会社のビジョンや入社した理由等を知ることもできるでしょう。

企業研究の方法②求人広告・求人票

求人広告や求人票では、会社概要や事業内容はもちろんですが、経営者自らが発するメッセージや企業として発するメッセージ、人材募集の背景など、転職希望者にとって喉から手が出るほどの情報が分かりやすくまとめて掲載されています。

これらの情報からは「社風」を確認することも出来ます。

社風は、社員がプライベートと仕事を両立して心身共に健康で勤めることができるかを知るために欠かせない情報ですから、ぜひ確認しておきましょう。

企業研究の方法③求人サイトや転職サイト

みなさんが転職活動をする時、求人(転職)サイトを確認しない人はいないのではないでしょうか。

実際、求人(転職)サイトから得られる情報にはどんなものがあるかと言えば、書き上げてみると膨大な情報が掲載されているのです。

  • 募集職種
  • 仕事内容
  • 応募資格
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 給与
  • 休日
  • 福利厚生
  • 会社概要
  • 選考方法

これらの情報すべてが転職活動者には必要不可欠な情報であり、応募する起業を選定するためにも欠かせない情報と言えます。

求人(転職)サイトには、これらに挙げたような求職者向けの企業情報がすべて掲載されていますから、知りたい情報を簡単に且つ少ない回数で把握することができるので非常に便利です。

また、これらのサイトでは社員の感想やサイト運営スタッフの声として「仕事のやりがい」や「職場環境」など、実際の仕事や職場について詳しく書かれている場合もあります。

特に、実際にサイトを利用して転職に成功した人の経験がレビュー形式で掲載されていると、実際の選考体験や入社後の感想などリアルな声を知ることができるので是非チェックするようにしましょう。

企業研究の方法④会社四季報

本屋に平積みしている分厚い冊子「会社四季報」は、業界や企業の情報を客観的に判断でき、会社概要や業界内でのシェアなども知ることができるので非常に有益な書籍と言えます。

特に転職活動を始める人にとっては、業界の全体像やビジネスモデルなどを知りたいときなどに役立つのでぜひ1冊手元に置いて欲しいアイテムです。

もちろん、手元に置くべきなのは最新の冊子であることが望ましく、冬なのに奈都合の情報を入手して納得しているようでは何の意味もありません。

企業研究の方法⑤転職フェア

転職希望者を対象として開催されるのが「転職フェア」ですが、人手不足が深刻な現在では、どんなフェアが開催されても今までより多くの企業が参加しているので、場合によっては希望するブースにたどり着く前に行列に並ぶことになるケースもあります。

転職フェアに参加するメリットは、転職応募前に複数企業の生情報を収集できることです。

もともと転職希望者向けのイベントなので、企業ブースには採用担当者や現役バリバリで働いてる社員、転職経験のある社員などが詰めていることも多く、「ここだけの話」と称してリアルな話を聞くことも出来ます。

また、会社が「ぜひ我が社に来てほしい!」と売り込みをしているので、会社概要や採用情報が分かりやすくまとめられて紹介され、無料で配布されるパンフレットや資料は貴重な情報としてその後も活用できるでしょう。

転職活動を始めたばかりで、自分にどんな業種が合うのかを調べている人や、人気のある業種について情報を集めたいと思っている人には、ぜひ参加して欲しいイベントと言えます。

転職フェアとは 転職フェアとは?参加するメリット・デメリットとおすすめの転職フェア・服装・持ち物まとめ

企業研究の方法⑥企業の公式SNS

企業によっては、FacebookやTwitterなどのSNSを使って公式情報を発信していることがあります。

SNSには、企業が公式発表している情報として、「新製品・新サービスの情報」だけでなく、「社内の様子」や「採用の最新情報」を発信していることもあります。

企業としてもSNSはリアルタイムに情報が発信できるのと、テレビやマスコミで取り上げられた時に連動して情報発信できるフットワークの軽さから、利用するケースが増えています。

スマートフォンがあれば誰でも簡単に利用することは可能なので、この機会にSNSを活用することを始めてみましょう。

企業研究の方法⑦ビジネス雑誌

ビジネス雑誌では、その時代の先端的な取り組みをしている企業や、業績が伸びている成長著しい企業などの情報が掲載されています。

また、人気企業の経営者へのインタビューや事業に対する思い、今後の方向性、注力事業の開発秘話や担当者インタビューなどが特集されていることもあるので、企業選定だけでなく面接対策としても事前に調べておくと有益でしょう。

あわせて、過去のビジネス雑誌を見て、その企業の以前からの取り組みを確認しておくこともおすすめです。

雑誌の記事内には「こんな人材を求めている」とか「こんなスキルを求めている」など、人材について述べられていることもあるので、過去5年前ぐらいの記事は確認しておいても損はないでしょう。

企業研究の方法⑧口コミ

一般人が使っているTwitterなどのSNSや、転職活動支援サイトなどに関連する掲示板などには、実際に面接を受けてきた人の感想や愚痴などが掲載されているので、見てみると何かの参考になるかもしれません。

また、実際にその企業に勤めてる社員の書き込みなどから、昇給の仕組みや残業時間などサイトや雑誌の記事には掲載されないような情報も客観的な視点で確認することができます。

SNSで企業名を入力して検索してみるところから始めてみると、意外な情報が見つかるかもしれませんよ。

転職口コミサイト 転職口コミサイトの情報は信用していい?信用できる口コミの見分け方とおすすめの転職口コミサイト

企業研究の方法⑨IR情報

IR情報とは企業が公式情報として経営方針や決算書などを株主や投資家に対して発表するもので、その内容に偽りがあると法律で罰せられるため、信ぴょう性の高い情報とも言えます。

実際、IR情報には次のような情報が公開されています。

  • 経営方針
  • 業務、財務情報
  • 決算短信、有価証券報告書
  • 株式の状況
  • 株価情報

これらの情報を見ることで、その企業の現在の経営状況について具体的な数字で確認できますし、今後の事業展開などを予想することも可能です。

また、企業によっては、社員の平均年齢やグループ全体の従業員数、社員の平均年収など転職希望者が知りたがっている情報をあっさりと公開している場合もあるのでぜひ一度見てみることをお勧めします。

企業研究の方法⑩転職エージェント

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーから次のような情報を聞くことができます。

  • 社風
  • 企業の成長性
  • 職場の雰囲気
  • 採用の際に重視されるポイント

さらに、転職エージェントを利用することで、一般的な求人だけではなく「非公開求人」に応募できるのも魅力です。

これは、転職エージェントだけに企業側が提供している求人情報であり、エージェントが転職希望者に関わる中で「この人ならあの企業に推薦したい」と思える時に初めて明かされる情報です。

企業研究にも活かすことができるし、転職情報を多く入手することも出来ますから転職エージェントは非常にお勧めできるサービスです。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントとは? 転職エージェントとは?他のサービスとの違いや使うのがおすすめな人を解説!

まとめ

企業研究の目的や方法、最低限集めておきたい情報などを紹介しましたが、みなさんの転職活動の一助になれば幸いです。

転職活動中に企業研究を行う事は、応募先企業を選択するためだけではなく面接対策としても有用なのでぜひ行っていただきたいと思います。

もし別の企業に在職中であったりして、企業研究の時間を十分に取れない場合は必要最低限の情報だけでも調べておいたり、転職エージェントの力も借りて様々な情報を集める努力をしましょう。

いざ入社してしまえば簡単に退職することが難しいので、転職後に後悔しないためにも企業研究はぜひ行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。