転職面接の服装は何がいいの?スーツの選び方と気をつけるべきポイント

転職面接の服装

転職したいと思って活動している方の中には面接時の服装に迷っている方もいらっしゃると思います。転職での面接は新卒の面接とは違うので、堅苦しいリクルートスーツを着るべきか普通のスーツを着るべきか、確かに悩んでしまいます。

今回は転職時の面接における服装について、さまざまなシチュエーションを踏まえて解説していきます。

面接時の服装は転職と新卒で違う

新卒時の面接ではリクルートスーツを着用するのが常識です。ですが転職時の面接では一概にそうとは言い切れません。

転職の際にはすでに社会人経験を持っていることが前提です。なので面接官は服装、身だしなみ、挨拶、マナー、話し方など、社会人としての基礎が身についていて当然だという視点でチェックします。

ですから「何でもいいだろう」では失敗してしまいます。

これだけは守りたい転職時の服装を選ぶ際のポイント

面接に限らずですが、不潔でだらしない人と清潔できちんとした身なりの人が2人いれば、ほとんどの人は清潔な人に良い印象を抱くでしょう。

中には服装で自分の個性をアピールしたい、皆と同じ格好をするのはつまらない人に見えてしまう、といった考えは必要ありません。

面接を受ける会社の雰囲気やドレスコードに合わせること、そして清潔感があり節度ある装いをすることが社会人としてのモラルです。

清潔感が何より大切

かといって地味なスーツを着ていればOKかというと、そういうわけではありません。一番大切なのは清潔感です。

シワシワのシャツに型崩れしたスーツ、汚れた靴などを身につけて面接に望むのは絶対にやめましょう。また、タバコや汗などのにおいにも注意です。

とはいってもにおいをごまかすために香りの強い香水を使うのも、相手に不快感を与えてしまうので、制汗剤や携帯型消臭スプレーでの対策がおすすめです。

スーツはジャストフィットするものを

また、スーツはジャストサイズかどうかも重要なポイント。どんなに高級で質のよいスーツでも、だぼっとしていたり丈がたりなかったりすると魅力的に見えません。

人によってジャケットのボタンの数など似合う型が異なるので、自分の体にぴったりあったものを選びましょう。

男性の場合はネクタイの選び方でも印象ががらりと変わります。自分に似合っていて、自分の魅力を引き出せるスーツスタイルをぜひ見つけてください。

面接はビジネスシーン

面接はビジネスの場だと思いましょう。例えば営業先で商談をする際は、きちんとした身なりで行ったほうがいいことは誰しもわかるはずです。

面接もこれと同じで、自分を売り込むための場です。その意識をもって、服を選びましょう。

スーツのデザインはどのようなものがよいか

では具体的にどようなデザインのスーツを選べばよいでしょうか。面接時に一番大事にしなければいけないのは清潔感です。

清潔な印象を持ってもらうためには、白や薄いブルーなどのシャツを選ぶと良いでしょう。また、30代なのにリクルートスーツのような若々しいデザインもあまり好ましくありません。

転職時の面接は、これまでの経験やスキルをアピールする場なので、リクルートスーツだと面接官に頼りない印象を与えてしまうからです。若く見られる必要はないので、年齢に見合ったデザインのものを着用しましょう。

バッグや靴、ベルトなどの小物類は同系色でまとめるのが無難です。特に靴とベルトは同じ色にしておくと、すっきりとした印象になります。

靴下は足首が隠れるよう、ふくらはぎまでの長さがある黒や紺色のものにしておきます。バッグはナイロンや革製の、A4サイズの書類が入るものがおすすめです。面接の際に置き場所に困らないよう、自立するタイプのものだとなお良いです。

どうしてもリクルートスーツ以外を用意できない場合は、シャツやその他のアイテムをデザイン性のあるものにしたり、女性の場合はシャツではなくカットソーなどを使うと、学生っぽさを少し和らげることができます。

髪型も重要な要素

服装がきちんとしていても、髪がボサボサであったりフケが浮いていたりすると台無しです。

最近はビジネスマンでもおしゃれな髪型をしている人が多いですが、いくら流行だといっても目に前髪がかかっていたり、パーマでラフに遊ばせた髪型、ワックスで立てるように固めた髪型などは好ましくありません。

髪の色も明るすぎると軽薄な印象を与えてしまいます。髪型については各々こだわりがあると思いますが、邪魔にならない、清潔感があることを意識して、面接のときだけでもきちんとセットしましょう。

香りや肌にも気を遣う

面接室はだいたいの場合、密室です。そのためタバコのにおいや香水のにおいは自分が思っている以上に相手に届きます。

これらのにおいは人によっては非常に不快感を与えてしまうものなので面接室に入るまではタバコは吸わないでおくことをおすすめします。香水も人によって好みが別れるため、つけないほうがベターです。

また、肌の状態は化粧水やサプリメントで整えておきましょう。前日にしっかり睡眠をとっておくだけでも肌のツヤが変わってくるので、意識してみてください。

リクルートスーツはあり? なし?

オフィスカジュアルについて

ここまで述べてきたように、転職の面接においてはスーツを着用することをおすすめします。ですがオフィスカジュアルが絶対にだめなわけではありません。

金融系の会社など普段もスーツ着用が義務付けられている会社でなければ、オフィスカジュアルで面接に臨んでもよいでしょう。

スーツだと固い雰囲気になってしまいますが、オフィスカジュアルなら親しみやすい雰囲気や“こなれ感”を演出することが可能です。ただしセンスが問われるものなので、おしゃれに自信のない方はスーツにしておきましょう。

面接時の服装指定が「私服」の場合

受ける会社によっては、面接時に「私服でお越しください」と言われることがあります。この場合はスーツで行くと指示を無視しているようですし、かといってどこまでの私服ならOKなのかがわかりづらく、余計に悩んでしまうことと思います。

こういった場合、IT系やベンチャー系の企業などでは日頃からほかの社員も私服で勤務していることが多いため「気にしない」というケースと、クリエイティブな職種やアパレル系の企業などで「本人のセンスをチェックする」というケースの2通りがあります。

どちらにせよ、公式サイトや求人情報で社員の服装をチェックして、だいたいそれにあわせた服装をしておくと間違いありません。

そして清潔感があり最低限のマナーを守れているかどうかというポイントはチェックされるので、ジーンズにサンダルといったような本当の私服は避けるべきです。

悩んでしまったらジャケットや襟付きのシャツなど、ある程度きちんとしている服装をメインにコーディネートしましょう。

もちろん、スーツで行ったらマイナス評価がつくわけではないので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

面接時の服装NGポイント

最後に、面接時の服装としてふさわしくない服装をまとめておきます。

  • 自分の体に合わないサイズ
  • カジュアルすぎるもの
  • 派手なもの
  • 高価すぎるアクセサリーや時計
  • ブランドロゴが入ったアイテム
  • 企業のイメージに合わないもの

面接官は会ってみるまで実際どのような人かわかりません。年配の方だとダボダボの服や若者に流行の髪型にいい印象を持っていない場合もあります。

なるべく大多数の人に不快感を与えない服装にしておきましょう。派手な服や高級なアクセサリーや時計がふさわしくないのも、相手がどんな人かわからないからです。

面接官より高価なものをつけていたり、その会社の給料では変えないようなブランドものを持っていると、「金銭感覚が違う」と思われてしまいます。

ロゴやタグにも注意してください。アパレル系の仕事では、もしかするとそのブランドがライバル会社かもしれません。とにかく、誰からも好かれる無難な服装が一番なのです。

まとめ

転職時の面接では服装や身だしなみもしっかりチェックされます。リクルートスーツをきて入ればよかった新卒時とは異なることを知っておきましょう。

シンプル、誰にも好印象を持ってもらえる服というのはあって困らないものですから、これを機会に新調してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。