病棟クラークの志望動機の書き方のポイント

就職・転職の際に欠かせないのが、「志望動機」です。どの職業でも、志望動機を書く際のポイントが存在すると思います。

もちろん、病棟クラークの志望動機にも、書くべきポイントがあります。それが、

  • どうしてこの病院、クリニックを選んだのか
  • 医療クラークを選んだ理由
    です。

上記2つのポイントをしっかりと抑えて志望動機を作成すれば、相手にとって魅力的なものになるでしょう。

以下、志望動機のポイントを、3つご紹介します!

病棟クラークの志望動機を書く際のポイント3つ

この病院を選んだ理由をしっかりと書く

なぜ、この病院を選んだのか。その理由をじっくりと考え、答えられるようにしましょう。

とはいえ、理由はなんでも良いわけではありません。「家に近かったから」「なんとなく働きやすそうだったから」といった普遍的・抽象的な理由は避けましょう。

できれば、魅力的・印象に残りやすい理由を述べましょう。

【例】

  • 貴院の理念にすごく共感し、是非ここで働きたいと思った
  • 地域医療に率先して貢献している姿勢に、感動しました
  • 最新の医療を取り入れ、絶えず技術の向上を図っている貴院に、魅力を感じました

こうした志望動機で大事なのが、志望する病院やクリニックをしっかりと調べること。

ホームページを見たり、実際に病院へ足を運んで雰囲気を掴む、といった努力が必要です。

コミュニケーション能力をしっかりとアピールしよう

病棟クラークは、単なる事務作業をこなすだけではありません。受付業務や窓口の仕事もありますから、人と関わる機会も多いです。医師や看護師、医療事務のスタッフだけではなく、患者さんやその家族、取引している業者など。まさに「病院の顔」となる存在です。

そのため、病棟クラークの仕事では、

  • 他人の顔や名前をすぐに覚えることができる
  • 指示を受けたらすぐに理解して行動できる
  • 患者さんからの質問などに、感じよく対応できる

といったコミュニケーション能力が、重視されます。

面接の際でも、もちろんこの能力があるかどうか、チェックされます。人と関わることに自信があるなら、是非その面を積極的にアピールしていきましょう。
自信がない人でも、最低限のことは気をつけましょう。

たとえば、

  • 気持ちの良い挨拶をする
  • 清潔で乱れのない服装や髪型
  • 礼儀正しいマナーを身につける

といったことを気をつけるだけでも、相手は好印象を持ってくれるでしょう。特に、過去に接客の経験があるなら、それを武器にして志望動機を作成すると良いでしょう。

地域や人に貢献したいことをアピールしよう

「地元の病院で、地元の人たちに役に立つ仕事がしたい」
「病気の人を放っておけない。困っている人を助けたい」

こうした、他人や地域に貢献したいという気持ちも、十分アピール材料になります。

病棟クラークは、相手の立場になって考えて行動する機会が多いです。大事なのは、相手のことを思いやりながら仕事をする姿勢です。

単に事務作業をこなしているだけだと、他のスタッフや患者さんに対して、雑な対応になってしまうでしょう。けれど病院側が求めている人は、「いつでも他人に対して気持ちの良い対応ができる人」です。相手のために何ができるのか、自主的に動いて行動することが出来る点をアピールすれば、病院側のポイントも高いでしょう。

まとめ

どの職業にも言えることですが、
「相手はどんな人材を求めているのか」
を考えて、しっかりと調べてアピールすることができれば、採用されやすいものです。

病棟クラークの志望動機を書く際も、業務で求められる「コミュニケーション能力」「人に貢献したい気持ち」をしっかりとアピールする必要があります。

面接は一発勝負です。相手にどれだけいい印象を残せるかが、勝負の鍵。病棟クラークという職業について十分と理解し、その上でしっかりとアピールしていくことが、面接を突破する一番の方法なのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。