病棟クラークの仕事内容とは?気になる収入・やりがい・資格を紹介

病棟クラークとは

病棟クラークという仕事をご存知でしょうか。医師や看護師、医療事務といった病院スタッフを補佐するのがメインの仕事です。

医療事務よりは認知度が低いですが、入院施設がある病院では求人が多く、人気も年々高まってきています。

では、病棟クラークの仕事は、具体的に何をするのでしょうか?今回は、あまり知られていない病棟クラークの仕事や資格、給料などについてご紹介していきます。

病棟クラークの仕事内容

医療関係者の仕事をサポートするのが主な仕事

病棟クラークは、医師や看護師といった医療のプロフェッショナルを支えるお仕事です。

入院施設のある大きな総合病院などが主な職場になります。病棟ごとに数人の病棟クラークが配置され、医師や看護師のサポートをしていきます。

医療関係者の手助けをすることによって、効率を上げたり、彼らが患者さんの医療に集中できるようにします。まさに、病院にとって「縁の下の力持ち」的な存在なのです。

具体的には、

  • 患者さんが入院する際の書類の受け取り
  • 病室の手配
  • 病室のベッドに配置するネームプレートの準備
  • 入院患者の名簿作成
  • 一人ひとりのカルテ作成

といった業務があります。

中には、医師の診察前に簡単な問診を担当したり、問診票に代筆したり、診療に使う器具の準備をする、といった看護助手に近い業務を担当することもあります。

医療事務との違いは?

病棟クラークの仕事を、医療事務の仕事と混合する人は多いと思います。

実際に、二つの職業は似ています。しかし主に担当する分野は異なります。

医療事務は、窓口会計での金銭関係、レセプトと呼ばれる医療報酬の明細書を作成するのがメインです。一般的な事務職のイメージに近いです。

医療事務 医療事務ってどんな仕事?やりがいや収入・有利な資格を紹介

一方の病棟クラークは、ナースステーションに常駐し、医師や看護師といった医療関係者のサポートを担当します。医療現場における秘書やマネージャー的存在と言ってもいいでしょう。

つまり医療事務は患者さんに近い仕事であり、病棟クラークは医療現場に近い仕事、と言えます。

とはいえ、医療事務と病棟クラークが連携して行う仕事も多く存在します。たとえば、患者が転院する際に他の病院への紹介状を用意したり、退院伝票を処理したりする際には、協力していきます。

また、二つの職業は医療の分野ですから、求められるスキルや知識や資格が似通っている部分も多くあります。やはり病棟クラークも、医療の制度や知識、診療報酬の知識を持っていれば有利です。

ですので、病棟クラークを目指す人でも、医療事務の資格を取得しています。他にも医療関係の講座や通信講座で勉強し、医師事務アシスタントといった民間資格を取得している人は、実際に多いです。そして就職の際に、医療事務か病棟クラークか選択することが可能です。

なお、年収や待遇に関しては、

  • 正社員の採用が少ない
  • 非正規雇用での採用が多い
  • 女性が多い
  • 収入は他の職業と比較して低い

といった共通点があります。

病棟クラークの給料・収入

病棟クラークの給料は、雇用形態によって異なる

病棟クラークの給料や年収は、正規社員・非正規社員かによって、大きな差が出ます。

正社員などの正規社員の場合、月収の平均は「15万円~25万円」です。

一方、派遣社員などの非正規社員の場合、月収の平均は「15万円前後」となる場合が多いです。

その他、パートやアルバイトとなると、時給が「800円~1000円」です。

一般事務職とそこまで大差ない?

病棟クラークは医療の分野で働くので、専門知識も必要ですから、一般事務職と比較して高い給料を期待する人も多いと思います。しかし、それほど差がないのが現実です。

なぜなら病棟クラークは、医師や看護師や薬剤師、ましてや看護師やヘルパーのように、医療行為そのものに携わるわけではないからです。あくまでもサポートに徹するだけ。そして専門の資格や国家資格でもなく、未経験者でも比較的採用されやすいのも、年収が低い要因でもあるでしょう。

一般事務 一般事務ってどんな仕事?やりがいや年収・必要なスキルまとめ

勤務先の病院によって、高級が狙える!

病棟クラークは病院に勤めます。そのため、勤務先の病院の規模や経営状態によって、給料も左右されると言えます。

地方の小さな病院で、入院患者数も少ないような小規模の病院であれば、給料も低いです。

一方、都会の大きな病院でベッド数が多く、常に満床状態であるような忙しい病院なら、給料も高くなる傾向にあります。

特に産婦人科や救急救命科のような、夜中に入院患者を受け入れているような病院では、夜勤に入ることもあります。すると深夜手当や残業代といった手当が期待できますから、月収が20万円以上になったり、年収が300万円を超えることもあります。

つまり病棟クラークの給料は、

  • 勤務する病院の規模、経営状況
  • 雇用形態
  • 勤務時間帯

などによって、大きく左右するのです。

病棟クラークのやりがい・メリット

  • 患者さんから直接感謝されるので、やりがいがある
  • 社会の役に立てるという実感が得られる
  • 患者さんや病院スタッフと交流することで、コミュニケーション能力が鍛えられる

病棟クラークのメリットは、なんといっても多くの人との交流があることです。それによって、やりがいや社会貢献の実感を得やすいです。

コミュニケーションは他の職業でも通用するスキルですから、汎用性のある能力を高められるのは利点であると言えるでしょう。

病棟クラークの辛い点・デメリット

  • 医師や看護師といった専門職ではないので、給与の平均が低い
  • シフト制だが休みが取りづらい

病棟クラークは、専門職ではありません。国家資格などが必要ないため、誰でも就職することが可能ですが、その分給料が低いです。

また、一人で多くの業務を担当するため、分担しにくく、休みが取りにくいというデメリットもあります。

病棟クラークの辛い点 病棟クラークの辛い点や大変な事とは?経験者が紹介します

病棟クラークの将来性は?

病棟クラークは、病院の中では知られている仕事です。しかし一般的には、まだまだ認知度が低いと言ってもいいでしょう。そして国家資格ではないため、高度な専門知識がなくとも働くことが可能です。そのため、将来性がある仕事なのかと不安に思う方もいるでしょう。

現在の日本は、超高齢社会が到来しています。高齢者の数が増えれば、それだけ医療分野も発展し、病院の数も増えていきます。一方で若い人が減って働き手不足になりますので、重要となるのが、業務の効率化です。

効率化を考えたときに大事なのが、病棟クラークの存在です。病棟クラークは、病院内の雑務や処理を担当してします。その分、医師や看護師が、本来の業務に集中することができるのです。

世間的にあまり知られていない存在ではありますが、病院内では立派な「縁の下の力持ち」なのです。

ですから、今後も病棟クラークの仕事が減るとは考えにくいです。

病棟クラークに有利な資格は?

病棟クラークの仕事には、必須となる資格が存在しません。医師や看護師のような、医師免許や看護師免許が不要です。なぜなら、医療行為に直接関わるわけではなく、事務作業がメインとなるからです。

とはいえ、所有していれば有利となる資格もいくつかあります。

たとえば、日本医療教育財団 「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」「医師事務作業補助技能審査試験(ドクターズクラーク)」が挙げられます。これらの資格を所有していれば、医療事務に関する知識を持っている、と認められます。

医療分野以外の資格では、パソコンのword、Excelに関する資格も有利です。病棟クラークの仕事は、パソコンの操作もよく扱います。

書類の作成や管理をするのに、前述した二つのソフトもよく仕様されます。資格はなくとも、せめてwordやExcelの基礎知識を身に着けておくといいでしょう。

もしも病棟クラークの仕事よりもスキルアップを目指したいなら、看護師の資格を取得する、という道もあります。

医療分野に関わってきた経験や知識がありますから、それを活かして看護師を目指す方も多いです。実際に医療に携わるようになれば、もっとやりがいを感じられるでしょう。

まとめ

病棟クラークは、主に病院内の雑務をこなしていきます。とはいえその作業は簡単ではなく、大変な部分や辛い部分も多くあります。

一つの作業を面倒と思わず、正確に処理ができ、丁寧にコツコツとこなせる人、そして誰かの役に立ちたいと強く思う人なら、病棟クラークの仕事に向いていると言えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。