履歴書の資格欄はどう書けばいい?書くべき資格と書くべきでない資格とは

履歴書の資格欄の書き方

履歴書の資格の欄について多くの疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

応募先の業務内容とは無関係の資格についても言及すべきなのか、資格が全くない場合はどうすればよいのか、

運転免許証が必要のない仕事でも書く必要があるのかなどです。

実は、人事の目線で物事を見ることで、「見るポイント」を理解し、書くべき資格を選択できるのです。

そこで、履歴書の書き方について紹介します。

履歴書の資格欄の書き方

資格の名称は正式名称で記載

資格には、必ず正式名称存在しています。例えば、「普免」と呼ばれる資格であり、多くの人が所有しています。

この「普免」の正式名称は「普通自動車第一種運転免許」です。

就職や転職に必要な履歴書に関しては、必ず正式名称で記載しましょう。

略称を使うことは、相手にとって失礼になります。

そのほかに、多くの人が取得している資格として「英検」「漢検」「宅建」「FP」「秘書検定」「MOS」「大型免許」が挙げられますが、全て省略されたワードです。

馴染み深い略語を記載してしまいそうになりますが必ず正式名称を用いることを忘れないようにしましょう。

取得年月順に資格を記載

免許と資格は、取得した順に記載することがマナーです。

間違えてはいけないのが、受験をした年月ではなく、免許証や合格証明書に書かれた取得した年月を書きます。

自動車の免許証には「交付日」と「取得日」のどちらもが記載されていますが、免許証の左下にある「取得日」を必ず書きましょう。

また、年月を西暦で書くか元号で書くのかは、その他の項目とそろえることも大切です。

応募先の仕事業務に関する資格を記載

たくさんの資格をたくさん持っているからといえども、ランダムに記載して良いわけではありません。

応募する企業の業務にあっている内容の資格であるのか、吟味する必要があります。

例えば、営業の仕事に応募するための履歴書に、「秘書検定」をアピールする内容が記載されていては不自然です。

応募先の企業からすると、「この資格を持っているけれど本当にこの会社で働きたいと考えているのだろうか」と疑問に思われてしまうかもしまいません。

また、統一感がない資格を書くことも、応募先の企業からするとアピールポイントや人間性が分からないという印象しか与えません。

勉強中のものや取得予定の資格の書き方

まだ取得していない資格についても、「現在勉強している」と記入して、意欲性や積極性を出しましょう。

例えば、「現在、TOEIC公開テストは800点を目標に勉強している」「日本商工会会議所簿記検定については、2級取得を目指して勉強している」と記載するなどです。

試験日が決まっており、必ず合格できるという見込みがある場合は「○月に取得予定」と記載するのも良いでしょう。

ただし、これはもろ刃の剣です。

企業側から、意欲的であると捉えられず、「取得してから書いてほしい」とマイナスなイメージを与えてしまうかもしれません。

そのため、取得予定の資格については、慎重に記載しましょう。

記載すればすべてがプラスになるとは限らないのです。

また、応募する企業とは無関係の資格に関しては、面接においてその資格が自分のプラスになるのであれば記載しても良いでしょう。

自己PRを記載する部分もありますが、資格欄も自己PRと捉えて記載します。

取得と合格の記載方法

資格を所有しているのであれば、「合格」と「取得」、2種類の表現方法があります。

基本的に運転免許や弁護士、医師や看護師など、免許が交付される資格に関して「取得」という言葉を使います。

しかし、「合格」という言葉が使われるのは、英検や漢検といった合格証が交付される検定試験に対して使われるのです。

また、特定の講習会などを受けて修了した場合に資格を得られた場合は「修了」という言葉を使うこともあります。

それぞれ意味が違うため、正しく覚えて使い分けましょう。

履歴書に資格が書ききれない場合は?

取得した資格がたくさんあり、資格欄に書ききれない人は、応募する仕事に関する資格から優先的に書いていくことを心がけましょう。

仕事に関係する資格だけで欄に書けない場合は、「取得資格一覧」として別紙に記載してアピールする方法も有効です。

その方が相手にとっても見やすく、分かりやすいものになります。実用的なものであれば、たくさん書かれていてもマイナスになることはありません。

反対に、採用に対してプラスに働くでしょう。

たくさん資格を持っているからこそ、どれを優先的に記載すべきか分からなくなってしまう事があるかも知れません。

しかし、応募先の仕事に一番必要とされる資格がどれかを考えることが大切なのです。

これから履歴書を書く人は、注意すべき点をしっかりと確認し、自己アピールとして資格欄を有効に活用してください。

資格がない場合の履歴書の書き方

自動車免許といった資格がなく、勉強していて取得予定の資格もない場合には「特になし」と記載します。しかし、専門学校に通っていた、留学していたなど、専門教育を受けた場合には記載しましょう。

免許・資格に準じるものとして応募者にとって客観的な情報となります。

また、資格欄を埋めるために、応募する企業とは無関係の資格や免許を記載することは、応募者の意欲を疑問視されてしまうため避けるべきです。

主要資格の正式名称一覧

資格の正式名称が分からないというケースも多いのではないでしょうか。

そこで、履歴書に記載することが多い資格や免許の正式名称を紹介します。

また、正式名称が非常に長く、省略すべきものもあるため、注意が必要です。

略称 正式名称
簿記 日本商工会議所(及び各地商工会議所主催)簿記検定試験
宅建 宅地建物取引士
秘書検定 (文部科学省後援)秘書技能検定試験
医療事務 医療事務検定
調剤薬局事務 調剤事務管理士技能認定試験
ファイナンシャルプランナー 〇級ファイナンシャルプランニング技能士
TOEIC TOEIC公開テスト
アーク溶接 アーク溶接特別教育
フォークリフト フォークリフト運転技能講習
司書 司書
Excel・Word等 Microsoft Office Specialist
日本習字 日本習字教育財団 師範免許○段
そろばん 珠算能力検定
書道 硬筆書写技能検定・毛筆書写技能検定

上記に記載されていない資格についても、履歴書を作成する前に、必ず公式サイトなどで正式名称を確認しましょう。

履歴書に記載すべき資格

取得した資格の数が多く履歴書に記載できない、どのような資格であれば履歴書に記載して良いのか判断できないという人も多いのではないでしょうか。

そのような場合に、優先的に記載すべき「語学資格」「国家資格」「普通自動車免許」「パソコンスキル」の4つについて見ていきましょう。

語学資格

TOEICなど、語学系の資格については、応募する企業にアピールできる資格の1つとなります。しかし、応募する企業ごとの基準の確認は必要です。

一般的に、ビジネスで求められるの点数は600点以上となり、外資系であれば700点以上といわれています。

この点数を下回る場合、記載することで語学スキルの低さを露呈することとなるため注意が必要です。

履歴書のtoeicスコアの書き方 履歴書のTOEICスコアの書き方とは?何点から書くべきなのか解説

国家資格

志望する職種・業種を問わず、記載しましょう。資格については「○○試験合格」、免許については「○○免許取得」と記載します。同資格で複数の級に合格している際は、1番上級のもののみを記載しましょう。

普通自動車

日ごろから自動車の運転をしておらず、ペーパードライバーであったとしても、必ず記載しましょう。応募先の業務とは無関係であっても、普通自動車免許は必ず記載することがルールであるともいえます。

パソコンスキルの認定資格

MOS(Microsoft Office Specialist)をなどのパソコンスキルの認定資格を持っている場合は、必ず記載しましょう。

パソコンスキルについては、多くの業界で重宝される資格であるため、自己PRにも最適です。

履歴書に書く必要はない資格もある?

「趣味」に関連する認定資格

例えば、漢字検定などは、「この資格を持っていなければ業務ができない」とされる資格ではないため、重視する会社は少ないでしょう。

他にも、簿記については、業務の内容によっては重要視されないケースが多いです。

他にアピールする資格がない場合には、記載しても良いでしょう。

直接的に業務に関係ない簿記の資格ですが、金銭の流れが理解できるという点については好印象を与えられる可能性があります。

さらに、面接の際に、面接官との会話のネタにできるような趣味の資格については、「趣味や特技」として記載することがおすすめです。

「スポーツ」の級・段

空手、剣道、インストラクター資格については、業務に関係ないものであれば記載する必要はありません。

しかし、趣味に関連する資格と同様、「趣味・特技」として記載することがおすすめです。

資格欄に書けるレベルとは?書かない方が良いケースも!

漢検や英検、簿記や秘書検定といった資格、TOEICなどスコアによって判断されるテストもあります。

これらの資格は、どの程度のレベルで履歴書に記載できるのかと悩む人も多いでしょう。

点数や級によって区分される種類の資格については、企業側が判断する一定のレベル以下のものを記載すると、反対にマイナスイメージとなる場合もあるのです。

漢検や英検であれば2級以上が目安、TOEICであれば600点以上が目安となります。

簿記や秘書検定であれば3級以上が、履歴書に記載できる目安です。

まとめ

重要なポイントは、履歴書の資格欄に記載するものは質よりも量を重視するということです。

資格欄が埋まるほどの資格を記載したとしても、業務では役に立たない趣味の資格であったり、レベルの低い段階であれば、アピールポイントにはなりません。

履歴書の資格欄に記載するないようについては、単純に資格を記載するだけではなく、「自己PR」の1つであることを意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。