転職面接で採用を勝ち取るキャリアプランの考え方とは?答え方の例も紹介

キャリアプランの考え方

転職面接の際によく質問されるのは、やはり「キャリアプラン」です。企業側はキャリアプランに関する質問を必ずしますが、この質問の答えはあなたの採用可否を判断するために重要な情報です。

ですから、面接の時に聞かれても焦ることが無いように、企業がなぜあなたの将来の夢やキャリアプランを質問するのかを知っておく必要があります。

今回は、面接におけるキャリアプランについて明確で適切な回答ができるために、どのような準備が必要なのかをご紹介します。

そもそも「キャリアプラン」とは何のこと?

転職時の面接で必ずといっていいほど聞かれる「キャリアプラン」ですが、転職活動を経験した友人に話を聞くと、10人中10人が「聞かれた」と答えるに違いありません、

転職対策のセミナーに行ってもキャリアプランのことを詳しく説明されるのですが、そもそもキャリアプランって何のことなのかイマイチわかりにくい人も多いのは事実でしょう。

キャリアとは一般的に社会人としての人生設計のことを指しますが、転職活動に関してどのように伝えれば先方の会社の印象が良くなるのかを、しっかり考えてみましょう。

「キャリアプラン」を一言で言えば「仕事をこなしていく自分の成長プラン」

キャリアプランを一言で言えば、仕事をこなしていく中で自分がどのような人間に成長していくかであったり、成長の結果得た能力を最終的に仕事にどのように活かしていけるかを計画として考えることです。

良く勘違いして、「仕事を通じてこんな自分になりたい」と自分だけに得られるメリットを語ってしまう人もいますが、そうではなくて「自分の能力を活かすことで企業にどのようなメリットがある」かを語らなくてはなりません。

もちろん、そのメリットが具体的であればあるほど転職時の面接では好印象を得られるでしょう。

企業側がキャリアプランから知りたいのは「企業との相性」

そもそも、企業側があなたの語るキャリアプランから知りたいことはどのようなことなのでしょうか。

具体的には、次のようなことを知りたがっていると考えてよいでしょう。

起業がキャリアプランから知りたいこと
  • 会社の現状や方向性を理解した上で現実味のあるキャリアプランを語って欲しい
  • 個人のキャリアプランと会社の方向性にズレがないかを確認したい
  • 長期的に企業に貢献してくれる人物かどうかを確認したい
  • 企業では実現不可能なキャリアプランを語ったりしないか
  • 仕事以外のプライベートな夢やあこがれを語ったりしないか

企業側の「キャリアプラン」に関する質問の回答は、まず「この企業で仕事をすることで実現したいプラン」です。

あと、応募する企業で成し遂げたいプランであることは当然です。

そもそも企業は自己実現のための場所でもないですし、次の転職に向けての腰掛の場所でもありませんから、そのような捉え方をされないように答えることも忘れないでください。

面接に置いて企業は、あなたが入社して何を実現したいのかを聞きたいのです。ですから、志望する企業のことをしっかりと研究しておかないと企業が理解してくれる回答を示すことはできません。

今その企業が何をしているのか、何を目指しているのかを理解し、その実現のために自分の能力が活用できることを以下に効果的にアピールできるかが、キャリアプランに関する回答では求められているのです。

キャリアプランの作り方はまず現状把握から始めよう

キャリアプランの作り方はそんなに難しく考える必要はありません。これから紹介するように、キャリアの中で重要な部分を見つめ直し、その時に自分がどのように行動するかを分かりやすく説明するだけです。

ですから、次に紹介するタイミングに置いてどのような行動を起こすかを、前もって具体的に答えられるように考えてしておきましょう。

現状を把握する

まず、職務経歴書をしっかりと見直したり、必要事項を追記するなど手入れをしましょう。

今まで使っていた内容でいいやと思うのではなく、その時々の自分がどのように仕事に取り組んでいたかを考えましょう。すると今まで思わなかった実績や能力に気付くこともあるでしょう。

例えば「税務に関する経験がある」「特許取得に必要な法令を知った」など、転職先で活用できる職務経験をアピールすることも可能です。

職務経歴書を作り込むことは、今の自分がどのような人材かを確認する作業とも言えます。現状を把握すると「こんな経験がアピールできる」とか「自分のキャリアプランとこの企業の成長部分が合致する」など、面接時に有効な回答を思いつくこともできるでしょう。

過去の自分を振り返ることは、ある意味自分自身が行動する時の「ポリシー」となるものが見えてくるはずですから、そのポリシーがいかに企業にとってメリットのあるものかを考えてもいいでしょう。

「理想のライフスタイル」を具体的に説明する

キャリアプランは、仕事だけではない部分、いわゆる「ライフスタイル」の部分も含むことも忘れないでください。

ライフスタイルと言っても、最近では「ワークライフ・バランス」と言われるように仕事優先ではなく、仕事とプライベートをバランスよく充実させる生き方など、さまざまな考え方が生まれています。

企業にとってライフスタイルからわかることは「仕事に集中するタイプ」なのかや、「少々の残業や休日出勤はいとわないのか」など、その人間の希望する就労形態や勤労意欲を把握するために必ず面接で聞いてくることです。

同時に収入についても企業側は関心を持っていますから、ライフスタイルの中で「40歳では年収1千万」などと、思っていることを語っておくのもよいでしょう。

あなたが採用するに値する人材であれば、企業側はあなたのライフスタイルを考慮して必要な収入を提供することも考えるでしょう。

特に最近はどの企業も人材不足を訴えていますから、中途採用者は即戦力であればあるほど、他者に転職されないように確保したい傾向にありますから、収入についてはむしろしっかり説明しておく方が印象は良いかもしれません。

キャリアプランはできるだけ具体的な計画として位置付ける

「5年後にはこのような人間になりたい」とは、正直言ってどこの面接でも誇らしげに語る受験者ばかりです。

ここで勘違いしてはいけないのは、企業があなたを採用するかどうかを判断するのは「こんな人間になりたい」と言う夢を基準にはしていないと言うことです。

実際に判断するのは、夢を実現するための「計画」で判断するのです。ですから、キャリアプランの中で目標と伸ばしたいスキルがあるならば、それを達成するための計画を具体的に説明できるようにしておくべきなのです。

例えば「5年後にTOEICスコアを800点以上取る」と言うスキルアップを実現するために、年ごとでどのようなことに取り組むのかを説明できるぐらいの準備をしておくのは当然でしょう。

TOEIC800点を取るまでのキャリアプラン

1年目 終業後に週3回英会話スクールに通う
2年目 スコアを700点台に乗せる、平日英会話スクールに通う
3年目 英会話講師のプライベートレッスンを新たに週1回加える
4年目 スコアを750点台に乗せる、徹底的な過去問対策
5年目 スコア800点台獲得

ここまで説明できて初めて「キャリアプラン」として胸を張って説明できるレベルに達してきます。ここまで明確に語ることのできる計画が無ければ、キャリアプランは「机上の空論」で終わってしまうので、企業にアピールすることはできません。

目標達成のために必要なものをブラッシュアップする

現状の把握と5年後の自分について考えることが出来たら、何が足りないかをブラッシュアップしましょう。

もちろん、ブラッシュアップした後には何が足りなくて、それを補うにはどのような行動をしなくてはならないかを考えましょう。

企業に向けて自分が採用に値する人材であるかをアピールする際に、「努力をして成長を続けている」とか「経験を積めば能力がアップする」ことがいかに具体的に回答できるかが、採用のカギを握っていると言っても過言ではありません。

さっそく、今できることから行動を起こしキャリアプランのブラッシュアップを続ける施設を忘れないようにしてください。

面接時のキャリアプランを回答するときのポイント

1.仕事に関する夢を語ること

「将来の夢」を聞かれることはありますが、プライベートに関する夢ばかりを語るのはよくありません。

あくまで仕事の面接なのですから、仕事を通じてどのような人間になりたいのかであったり、仕事を通じて企業のどのように貢献したいのかを語るようにしましょう。

2.先輩のキャリアプランを参考にしてみよう

転職サイトや企業のホームページなどには既にその企業で働いている先輩社員のキャリアプランが掲載されていることもあるので、ぜひ参考にしましょう。

また、その企業が提示するキャリアプランが公式ホームページに掲載されていることがありますから、あわせて参考にするとよいでしょう。

あなたの考えているキャリアプランがどんなに素晴らしいものであっても、企業の方向性や経営理念に合致していなければ採用に至らないこともあるでしょう。

もしキャリアプランに関する記載がない場合でも、同種の企業や同職種の企業で掲載されているキャリアプランを参考にするのも有効です。

3.少し高めの目標設定をしよう

キャリアプランを考える時には、現状の自分の実力よりも少し高い目標を設定してアピールすることも重要です。

目標が低すぎたり堅実すぎたりすると、まるで「人並みの生活がしたいです」といったビジョンにも受け取られて、仕事に対するモチベーションが低いように受け取られてしまうこともあるでしょう。

もちろん、絶対にかなうことのない目標を掲げるのはマイナス評価になりますからアピールだけを意識しないようにしてください。あくまで「意欲的で向上心が高い」ことを企業向けのアピールに繋げるようにしてください。

4.マイナス面にもフォーカスする

自分にとってメリットとなる部分だけをアピールするのは企業にとって違和感を感じることもあります。

企業としては「そんなに自分がすごいと言われても」と引いてしまうこともあるし、なにより自分自身の長所や短所を明確に理解できている人材を採用したいものです。

ですから、面接前にはしっかりと自己分析を行うことで自分の強みと弱みを明確にして、説明できるように準備しておきましょう。
自分の短所を面接で説明できるぐらいになれば、客観的に自己分析ができているアピールになりますし、企業の採用担当者に自己分析力をアピールすることもできるでしょう。

5.その企業だから叶うキャリアプランを語ること

例えば「仕事を通じて成長したい」というキャリアプランなら、同種の企業でも叶えられるかもしれません。

逆を言えば、そう聞かれた時に「この企業でなければ叶いません」と明言できるだけの回答を準備しないといけません。

キャリアプランを語ると言うことは、その企業に採用されたいと言う志望度の高さを伝えるためにも重要なことです。

ですから企業の事業内容や仕事内容をしっかり調べたうえで、その企業だからこそ叶うキャリアプランを語ることを心がけましょう。

6.「キャリアビジョン」は絶対聞かれると心得よう

企業は絶対にキャリアビジョンを面接時に聞いてきます。あるいは企業側から「5年後には管理職として能力を発揮して欲しい」と面接時に言われる場合もあるでしょう。

この場合には、企業が望む人材になるためのキャリアビジョンを提案しなくてはなりません。あくまで「自分がこうなりたいキャリアビジョン」ではなく、企業が望む人材になるためのキャリアビジョンなので、いきなり問われても答えられないかもしれません。

そうならないように、企業な望む人材像をできる限り把握し、例えば実際に管理職になっている人の体験談などを把握しておくことをお勧めします。

キャリアプランの答え方の例文

それでは、実際に面接でキャリアプランを聞かれたときの回答例をご紹介します。みなさんが面接で回答されるときの参考になれば幸いです。

<回答例>
‌私は御社が目指している海外展開に向けた役割を中心的な立場で担っていける人材になりたいと考えています。
‌ その実現のためには、営業部に所属してお客様のニーズをしっかりと把握できる機会をいただきたいと思っています。あわせて御社の製品について理解を深める機会ともしたく考えています。
海外展開にあたって私が活躍するためには語学力が不可欠です。語学力は一朝一夕で身に付きませんので、毎日欠かさず英会話スクールに通っています。今後も語学の学習に取り組んで、TOEICスコアを800点台相当分の語学力は身につけたいと考えています

まとめ

面接で評価されるキャリアビジョンは、その業界の将来性にも目を向けておかないといけません。

例えば業界そのものが後退している業界で、将来性を語っても逆効果になってしまいますよね。そうではなくて、業界の後退を防ぐためのビジョンを語ったり、自分が新規開拓できる分野があるのであればその説明をできるようにしておかないといけません。

特に異業種への転職を考える場合には注意が必要で、自分が知らない業界だと将来性なども分かりづらいので、的を得たビジョンを語ることは難しいでしょう。

そのため、あらかじめ転職エージェントに相談して、キャリアビジョンを作る時の確認や理想的な答え方を一緒に考えてもらうのもよいでしょう。

具体的なアドバイスをもらえるおすすめの転職エージェントは以下の記事で紹介しています。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。