転職エージェントの仕組みとは?無料で使える理由も解説

転職エージェントの仕組み

通常、転職サイトや転職雑誌など、求人情報を保有している企業の多くは、その掲載料として企業からお金をもらいます。広告代理店が広告掲載料としてお金を貰うのと、同じ仕組みです。

では、転職エージェントはどうでしょうか?

転職エージェントには、求職者をサポートするためにプロのキャリアアドバイザーが在籍しています。彼らの労力を考えれば、本来なら利用料が無料というのもおかしな話です。

ですが、一部を除き殆どの転職エージェントでは求職者の利用は全て無料なのです。

転職エージェントがどのように運営されていて、転職サイトと何が違うのか、理由も含めてご紹介していきます。

転職エージェントの報酬の仕組みとは?

転職エージェントでは、登録者が様々な転職サポートを受けることが出来ます。特に、専任のキャリアアドバイザーが親身に相談にのってくれたり、様々な雑務を代行してくれたりと、至れり尽くせりで転職をサポートしてくれます。

では、どうして登録者は無料で転職エージェントのサービスを受けることが出来るのでしょうか?

転職エージェントが受け取る報酬

転職エージェントは、企業から支払われる費用で運営されています。

企業は、転職エージェントを通じて求人を出します。そして、その求人で人材を確保することが出来た時に、「成功報酬」として、結構な高額紹介手数料を転職エージェントに支払います。

この方法の場合、転職エージェントに登録した人材の中から、就職者が出なければ、企業として手数料を支払う必要はありません。

ですが、就職者が出た場合には、その就職者の予定年収の30%程度の手数料を支払います。

新規事業で大量採用の場合には、1人当たりの年収に対する手数料割合が少なくなることもあります。逆に、特殊な職種で、人材確保が難しい場合には、年収の50%もの手数料を設定することもあります。

また、ハイクラス人材の場合にも、通常よりも高い手数料割合となることもあります。

一律定額制を取っている転職エージェントもある

求職者が溢れている現在、転職エージェントの数も飽和状態となっています。古くから人材紹介事業や派遣業、就職支援業など、就職・転職支援をしてきた企業などの場合には、先に上げたような「成功報酬制」を取っています。

ですが、求職者が溢れている今、新しいビジネスモデルとして「定額制」を導入し、確実に紹介手数料が貰えるようにしている、新参の転職エージェントなども増えてきているようです。

転職エージェントが紹介手数料を受け取るタイミングはいつ?

では、紹介手数料はいつ支払われるのでしょうか?

紹介手数料は、紹介しただけでは貰うことが出来ません。求職者が入社した後に、支払われます。概ね入社月または、その翌月です。

ここで問題です。この求職者が、紹介手数料を支払った後、直ぐに退職してしまったら?

年収500万円を予定していた場合、紹介手数料は凡そ150万円です。求職者がわずか1か月で退職をしたとすれば、この150万円もの紹介手数料はどうなるのでしょうか?

この場合は、転職エージェントに対し契約不履行として、違約金を請求することが出来ます。企業と転職エージェントの間では、マッチするような人材を紹介するという約束がなされています。その為、契約不履行となるのです。

返還する金額は、退職時期によって違いがあります。

  • 1か月以内の場合:80%~90%
  • 2か月以内の場合:40%~50%
  • 3か月以内の場合:20%~30%

転職エージェントが無料で使える理由

転職エージェントとして、ミスマッチな人事を紹介するということは、自分たちにとってもマイナスになってしまいます。

先程紹介したように、入社後すぐに辞めてしまうような人材を紹介した場合、折角受け取った紹介手数料を、最大90%も返金しなければ内ません。

しかも、直ぐに辞めてしまうような人材を紹介したということで、企業側からの信頼も失ってしまいます。最悪、取引停止になります。

当然、転職エージェント側としてもまた、そこで活躍しているキャリアアドバイザーにとってもマイナスでしかありません。

その為、彼等も登録してくれた求職者に、より良い企業、マッチングした求人を紹介し、定着できるよう入社後までサポートまでしてくれるのです。

転職エージェントと転職サイトは何が違う?

転職サイトも、企業から報酬を貰って求人情報をサイトに掲載しています。この報酬は、求人広告掲載料ですので、求人広告を掲載したら一定額支払うことになっています。

転職サイト、転職エージェントともに求人情報が掲載されています。また、企業から直接メールが届く「スカウトメール」というサービスも、どちらも行っています。

しかし、サービス内容に大きな違いがあります。転職サイトは、コンビニなどに置いている転職雑誌や、新聞広告に掲載されている求人情報と同じで、「求人情報を掲載している」サイトです。

その為、登録をしても転職エージェントのように転職活動を手厚くサポートしてくれるわけではありません。

掲載されている求人情報から、応募したい企業を探し出し、作成した応募書類を送付し、自分で面接日の調整を行い、自分で雇用条件などの交渉を行って、入社日もすべて自分で交渉して調整します。

転職サイトがしてくれるのは、情報提供だけだと思いましょう。もし、自分一人で転職活動を行うのが不安なら、転職エージェントを利用することをおススメします。

転職サイトと転職エージェントの違いについて詳しくはこちらを参考にしてください。

転職サイトと転職エージェントの違い 転職サイトと転職エージェントの違いとは?両者の特徴を比較

高額報酬にも関わらず企業が転職エージェントを利用するのは?

求職者にとって、転職エージェントを利用すると多くのメリットがあります。では、企業側はどうなのでしょうか?高い紹介手数料を払うだけのメリットがあるのでしょうか?

メリット1.非公開で人材を探せる

例えば、定年退職や転職など、様々な理由で急遽人材が必要となった場合、特に難しい条件を付けることなく、転職サイトやハローワークなどに求人情報を掲載して、求職者を募ります。

ですが、新規事業の立ち上げのように、世間に知られたくない、ライバル企業に知られたくないなど、秘密裏に人材を確保したい場合があります。

転職サイトやハローワークでは、登録者全てに情報を公開することになりますので、秘密裏に人材を募ることが出来ません。

その点、転職エージェントなら、非公開で求職者を募ることが出来ます。非公開求人として転職エージェントに求人情報を預け、登録している求職者の中から求人情報に見合った人材を探し、紹介します。

大手企業などの場合、募集をかける職種によっては、雇用条件が好条件となりますので、公開求人で募集をかけると、応募が殺到することが目に見えています。

書類選考だけでもかなりの時間を費やすことになり、手間も時間もかかりすぎてしまいます。
この様な場合にも、非公開求人は有効な方法なのです。

メリット2.マッチング度の高い人材確保

転職エージェントなら、企業側・転職者側双方の希望や条件を理解しています。その為、企業にも転職者にもマッチした紹介が出来ます。

マッチング度の高い人材であれば、企業側にとっても転職者にとっても、長期に仕事を続けることが出来ますので、双方にとってもメリットがあります。

転職サイトの場合には、求職者が掲載されている求人情報だけで、希望する人材像や仕事内容などを勝手にイメージして応募してしまいます。その結果として、ミスマッチな人材が入社してしまう可能性もあります。

メリット3.お互いの信頼関係構築

企業にとって、より良い人材を紹介してくれる転職エージェントは、今後の人材確保を考えれば、より良い関係を築いておきたいと考えます。

自社の事を知ってもらい、信頼関係を築いておくことで、よりスキルの高い人材を紹介してもらえます。

当然、転職エージェント側にもメリットがあります。同じ企業と長く付き合うことで、求人情報だけでは判らない、裏事情・裏情報など、有益な情報を仕入れることが出来ますし、その有益な情報を転職者に展開することも出来ます。

結論:転職エージェントは転職サイトよりもマッチング度の高い人材を確保できる

転職サイトやハローワークを通じて応募してくる求職者の場合、ミスマッチを引き起こし、直ぐに辞められてしまう可能性があります。

企業としては、その様なことがなく、長期に定着して働いてくれる人材を確保したいところです。その為、紹介手数料が多少高くても、より良い人材を紹介してくれる転職エージェントを利用するのです。

最後に

今回のこの記事によって、転職エージェントの裏側が、少し見えてしまったのではないでしょうか?

ですが、転職エージェントを利用するのは、求職者にとってもメリットが沢山あります。早期に、より良い企業へ転職したいと考えるなら、転職エージェントは利用するべきでしょう。

彼等転職エージェントのキャリアアドバイザーは、企業と求職者のために、本気で転職を成功させようと頑張ってくれます。プロによる転職アドバイス・転職サポートは、きっとあなたの転職を早期に成功させてくれることでしょう。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。