転職エージェントの書類通過率・面接通過率はどれくらい?通過率を上げるコツを解説

転職エージェントの通過率

転職エージェントには数々のサポートがあり、しかもそれらを求職者は無料で活用することができます。こんなに手厚いサポートがあれば、不安のない転職活動ができると思う人もいるでしょう。しかし反面、転職エージェントを通しても内定が長い間とれず、なにが原因なのかと悩んでいる人もいるかもしれません。

今回は、採用試験の過程でふるい落とされてしまう理由と、転職エージェントの効果的な活用法についてご紹介します。これから転職エージェントへの登録を考えている人、すでに登録済みだけれど採用がまだとれない人などは、今回のコラムを大いに参考にしてみてください。

データからみた転職エージェントを使った人の選考通過率

まずは、転職エージェントを使ったときの、おおよその選考通過率を次にみていきます。

それぞれの転職エージェントでは、自社を通して応募した人たちの選考通過率についてのデータをもっています。

もちろん会社ごとに選考通過率の数値に違いはあります。しかし各社の平均値をとれば、転職エージェントを使うことで一般的にどれだけ選考をパスしやすくなるのかがわかります。

転職の選考試験は、次のようなプロセスで行われます。

  • 応募書類でエントリー→書類選考→第1次面接→最終面接→内定

ただし企業のなかには、書類選考のあとに筆記試験を実施したり、第1次面接のあとに第2次面接を行ったりするところもあります。転職エージェント経由で応募する人の場合は、第2次面接が行われることはまずありません。

ここでは2段階に分けて選考通過率をみていきましょう。書類選考をパスして面接にたどり着く第1ステップの選考通過率と、第1次面接と最終面接をパスして内定に至る第2ステップでの選考通過率についてご紹介します。

転職エージェントを使ったときの書類選考通過率

転職エージェントを通して企業に応募すると、第1ステップの書類選考を、15%から30%の確率で通過できることがデータから明らかになっています。

数値の低さにびっくりする人もいるでしょう。しかし求職者のなかには、興味のあまりない案件にもとりあえず応募してみるという人がじつはたくさんいます。

適当に作られた応募書類をみれば、熱意のないことはすぐにバレてしまいます。こうした人たちのほとんどをふるい落とすため、企業の書類選考通過率は一般的に低くなりがちです。

ただし書類選考通過率のこの数値は、あくまで参考程度に考えておくべきでしょう。多くの要素が絡み合うことで、書類選考を通過できる確率はじっさいには大きく変動します。

書類選考が通過するかどうかでもっとも大切なことは、書類に記入された応募者のキャリアです。しかしそれ以外にも、使っている転職エージェントにおける社内審査の有無、キャリアアドバイザーの方針や力量、応募先企業の人気度などの要素が関係して書類選考通過率の数値は変わります。

転職エージェント内で書類の社内審査を行うことがある

転職エージェントでは、企業へ応募書類を送るまえに、社内で独自に審査を行うことがあります。じっさいに応募させるかどうかについて、転職エージェントが最初にふるいにかけるのがこの社内審査です。このプロセスが加わると、企業での書類選考査通過率は平均値よりも下がります。

この場合、転職エージェントでの社内審査、そして企業での書類選考という2つのハードルを応募者はクリアしなければいけないことになります。

2段階で絞られるため、企業の書類審査通過を最終的にパスできる率はより低くなります。こうしたケースでは、企業の書類選考を通過できる人は全体のおよそ10%から20%です。

転職エージェントが社内審査を行うのは、企業との信頼関係を大切にしているからです。

どんな人材を推薦するかは、転職エージェントの信頼性に大きく関係します。募集条件にあまりにも合わないな人材ばかりを推薦すると、次からもその転職エージェントに求人を依頼したいと考える採用担当者はいなくなるかもしれません。

たとえ推薦しても落とされると判断した人材については、転職エージェントは事前の社内審査で応募をさせないと決定せざるをえないのです。

ただし転職エージェントはいつも社内審査を行うわけではありません。社内審査が実施されるのは、人気企業や有名企業の案件の場合が多いです。

こうした案件では、1名の募集枠に大勢の応募者が殺到します。採用担当者の手間を省くためにも、書類選考通過の可能性が低いと思われる求職者については、転職エージェントが社内審査を行うことが増えます。

逆に転職エージェントが社内審査をあまり行わないのは、知名度が低く人気もあまり高くない企業の案件、あるいは募集人数が多いために倍率が低くなりそうな案件などです。

こうした場合には、社内審査を経ずに転職エージェントから企業に応募書類が送られることが一般的です。転職エージェントが社内審査でふるいにかけないこうしたケースでは、企業の書類選考通過率は20%から50%に上昇します。

キャリアアドバイザーの方針次第で書類選考通過率は変わる

自分のキャリアアドバイザーの方針によっても、応募先企業での書類選考通過率は大きく変動します。求職者の応募書類を企業へ送るかどうかを決めるのは、社内審査の責任者でもある担当キャリアアドバイザーの役目だからです。

なかには、書類選考通過率100%という高い実績をもつキャリアアドバイザーもいます。こうした人は、社内審査を厳格に行っていると考えていいでしょう。

書類選考をまちがいなくパスできると判断した応募書類しか企業へ送らないため、こうしたキャリアアドバイザーのもとでは書類選考通過率は平均よりも高くなります。

その一方で、ほぼすべての応募書類を企業へ送るという方針をもっているキャリアアドバイザーがいることも事実です。書類選考を通過できるほどのキャリアがない場合でも、少ない可能性に賭けて書類を企業へ届けるという方針をこういう人はもっています。

いわばダメでもともとという考えで応募させるため、こうしたキャリアアドバイザーのもとでは、データ上の書類選考通過率は平均よりも低くなります。場合によっては、10%程度にまで落ち込むこともあります。

キャリアのある人は書類選考通過率は高くなる

キャリアのある人なら、企業の書類選考を通過できる確率はかなり高いといえます。もちろんどんなキャリアでもいいわけではありません。採用担当者が書類選考で重視するのは、応募先の企業の業界や仕事の内容に関連するキャリアがあるかどうかです。

企業が求めるキャリアを十分にもつ人なら、転職エージェントが社内審査を行いそうな案件にも自信をもって応募することができます。募集条件をしっかりとクリアしている人材の応募書類を、転職エージェントが社内審査で落とすわけもありません。

キャリアのない人にくらべると、キャリアのある人は企業の書類選考を通過できる確率はまちがいなく平均よりも高くなります。

総合型転職エージェントは書類選考通過率が低め

ある業界や職種に特化した転職エージェントにくらべると、総合型の転職エージェントを通す場合のほうが書類選考通過率は一般的に低めです。

その大きな理由として、企業の需要に対してぴったりとマッチする人材を、総合型転職エージェントでは紹介しにくいことがあげられます。

総合型転職エージェントは、多種多様な業界や職種の求人案件をもっています。すべての求人の条件や傾向について、総合型転職エージェントではキャリアアドバイザーすらも詳細には把握できていないのが現実です。

その結果、企業の需要から多少はずれたキャリアの人材が紹介されることも増えます。書類選考通過率が下がるのはおもにこうした理由からです。

また総合型転職エージェントには、実に雑多なキャリアの求職者が登録をしています。1人ひとりの経歴と職歴を把握し、正確なマッチングで求人を紹介するのはキャリアアドバイザーにとっても簡単なことではありません。

こうした原因が重なり、総合型転職エージェントを通す場合の書類選考通過率は低いものになっています。

転職エージェントのデメリット 転職エージェントのデメリットには何がある?転職エージェントを使う際の注意点とは

特化型転職エージェントの書類選考通過率は高め

総合型にくらべ、特定の業種や職種に特化した転職エージェントでは、書類選考通過率が一般に高めです。こうした転職エージェントの書類選考通過率は30%から50%になるのが一般的です。

ハイキャリアの人材であれば、100%の確率で書類選考を通過させている転職エージェントもあります。

エグゼクティブ転職に強い転職エージェント エグゼクティブ転職・ハイクラス転職におすすめの転職エージェント6選

書類選考通過率が高い理由として、厖大な数の求人を抱える総合型にくらべ、特化型転職エージェントのもつ求人数はかなり少ないことがあげられます。

そのため特化型転職エージェントのキャリアアドバイザーは、それぞれの求人案件の特徴を詳しく把握し、企業の需要にぴったりと合う人材を紹介しやすいという傾向があります。

また特化型転職エージェントでは、登録者の数も少なめです。限定された業種や職種のキャリアをもつ人しか登録しないからです。

そのためキャリアアドバイザーは負担が減り、1人ひとりのキャリアの特徴を正確につかむことができます。これもまた企業の需要に合う求職者を紹介することにつながります。

求人数が少なく、専門性の高い特化型転職エージェントのほうが、キャリアアドバイザーは求職者と企業の双方にマッチする求人をまとめやす傾向があるのは事実です。

中小の転職エージェント 中小の転職エージェントを使うのがおすすめな理由と中小規模の転職エージェントの探し方

書類選考通過率をあげるポイント

ここまでみてきたように、さまざまな要素が関わることで、転職エージェントを使った場合の書類選考通過率は変わります。

15%から30%という数値は、あくまで目安にすぎません。転職エージェントのなかには、書類選考通過率80%という実績をもつところもあります。

第1ステップの書類選考がなかなか通らずに悩んでいる人でも、ポイントをおさえることで通過率をあげることは十分に可能です。書類選考を通過するうえで大切なポイントをここでまとめておきます。

総合型と特化型の転職エージェントを併用する

書類選考通過率が低い人は、総合型と特化型の転職エージェントに同時登録してみるといいでしょう。

総合型転職エージェントには、求人数が多く、選択の幅が広がるという大きな長所があります。しかし登録者数もまた多いため、社内審査で弾かれるケースが増えることも事実です。

選択肢が多い一方で、自分のキャリアにぴったり合う求人をかえって見つけにくくなることもあるでしょう。

総合型を使うデメリットを補うには、特化型転職エージェントも同時に活用することが効果的です。とくに転職したい業種や職種が決まっている人、高い専門性のあるキャリアをもっている人は、自分に合う特化型転職エージェントもかならず使いましょう。求人数は少なめですが、特化型転職エージェントではマッチングの高い求人を紹介してもらえます。

総合型で1社、特化型で2社程度の転職エージェントを選び、同時登録しておくことをお勧めします。双方の欠点を補いながら転職活動ができるので、併用するほうが書類選考通過率を効果的にあげることを期待できます。

また登録先は、書類選考通過率の高い転職エージェントのなかから選ぶようにしましょう。こうした転職エージェントには、書類選考をパスするうえで必要な、マッチング力の高い優秀なキャリアアドバイザーが在籍しています。

転職エージェントの複数利用 【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

応募先企業に向けた志望動機を書く

書類を作るときには、応募先企業に向けたことがはっきりわかる志望動機を書くことが大切です。

何社も応募している求職者の中には、同じ志望動機を使いまわす人もいます。こうした文面はたいていあいまいな表現が多いため、なぜ自社に応募したのかが採用担当者に伝わりません。たいした意欲のない求職者だと思われて、書類選考で落とされることになります。

書類選考を通過したければ、いくつかの企業に応募する場合でも、それぞれ別々に志望動機を作らなければいけません。企業研究をしっかりと行い、応募先だけに向けて書いたことがわかる熱意あふれる志望動機を考えましょう。

担当のキャリアアドバイザーに見せて、応募するまえに志望動機の添削を頼んでもいいでしょう。

職務経歴書の志望動機の考え方 職務経歴書の志望動機はいらない?書き方のポイントと考え方 転職面接の志望動機 転職面接で志望動機を聞かれたら?答え方のポイント

自分のキャリアにマッチする企業へ応募する

書類選考を通過するには、自分のキャリアと企業の需要が合っていることが必要です。

書類選考でふるい落とされる求職者の大半は、有名企業だから応募してみた、あるいは条件がいいからとりあえず応募してみたという人たちです。

書類選考を通過するには、この人なら自社に貢献できそうだと採用担当者が判断できるキャリアが記入されていなければいけません。

応募要項をよく読み、さらに企業研究を進めて、自分のキャリアに合う企業だけに応募することが大切です。自分の経歴の生かし方がわからない人は、キャリアアドバイザーに相談するといいでしょう。

転職エージェントを使ったときの面接通過率

転職エージェントを活用した人が第2ステップの面接に進むと、これを20%から50%の確率で通過することがデータからわかっています。

ただしこの数値もあくまで目安と考えてください。

面接通過率の数値は、第1ステップである書類選考の厳格さ、人材採用に関するその企業のスタンスなどによってじつは大きく変動します。

書類選考を厳しく行う企業では面接通過率は高め

第1ステップの書類選考を厳しく行う企業では、比較的多くの求職者が面接を通過することができます。第1ステップで、レベルの高い人材をある程度まですでに絞り込んであるからです。

こうした企業では、レベルの高い人材だけを紹介してくれるように転職エージェントに依頼していることが多いです、

反対に書類選考が厳しくない企業は、第2ステップの面接で求職者を絞り込みます。この場合は、第2ステップで人材を絞り込むため、面接通過率は低くなります。

こうした方針をもつ企業は、人材のレベルについても転職エージェントにあまり要望は伝えないことが多いです。そのため転職エージェントも、キャリアが多少足りないと思われる人材でも紹介することがあります。

雑多なレベルのたくさんの求職者が書類選考を通過してしまうので、それらを絞り込む第2ステップの面接通過率はどうしても低くなります。

マッチする人材しか採用しない企業では面接通過率は低め

企業のなかには、需要に合う人材がいなければ採用ゼロでかまわないという方針をもつところもあります。人材採用についてこうした厳しいスタンスを貫く企業では、面接通過率はいつもかなり低めです。

こうした企業では、甘い選考基準で採用することにメリットはないと考えています。転職エージェントに紹介手数料を払う必要もなくなるので、自社の需要としっかりマッチしないと判断した人材は、このタイプの企業は遠慮なく面接で落とします。

また応募条件とのマッチングについて普通はあまり厳格に考えない企業でも、職種によっては厳しいスタンスをとることもあります。とくに管理職、マネージャー、プロジェクトリーダーなどを募集する場合は、採用基準が厳しくなるため、多くの企業で面接通過率が下がるのが一般的です。

人材確保が急務な企業では面接通過率は高め

人材確保を重視している企業では、面接通過率は高めになる傾向があります。人手不足の業界で、これはよくみられる特徴です。場合によっては、50%という好確率で面接を通過できることもあります。

このタイプの企業の人材採用のスタンスは、手数料をいくら支払ってもいいから転職エージェントから人材をどんどん紹介してほしいというものです。こうした業界や企業を狙いたい人は、キャリアアドバイザーに相談してみるといいでしょう。

第1次面接通過率をあげるポイント

第2ステップである面接選考には、第1次面接と最終面接があります。このなかでとくに大切なのが第1次面接です。採用するにふさわしい人材かどうかを、第1次面接でしっかりと判断されるからです。

第1次面接さえ通過できれば、採用は手の届くところにあるといっていいでしょう。企業のなかには、第1次面接を通過した人は最終面接では落とさないところもあるほどです。

第1次面接通過のためのおもなポイントは次のとおりです。

一次面接を通過するポイント
  • 適切なコミュニケーションをとることができる
  • 明るい爽やかでビジネスマナーが身についている
  • 応募先企業と業界について十分に調べている
  • 将来について具体的なキャリアプランをもっている

最後のキャリアプランについての質問と回答は、第1次面接の合否を左右するほど重要なものです。面接のまえに時間をかけてしっかりと回答を考えておきましょう。

採用担当者によっては、キャリアプランという言葉を使わないこともあります。たとえば将来の夢はなんですかと尋ねられたら、キャリアプランに関して質問されていると考えてください。

説得力のあるキャリアプランを作るには、次のことに注意しておくといいでしょう。

目標にする短期的な業績と長期的な業績を組み合わせ、実現できそうなキャリアプランを作る

たとえば1年後には部署で1位の業績をあげ、3年後にはプロジェクトリーダーになりたいなど、段階的で現実的なプランを考えましょう。

自分のキャリアプランは、応募先企業でなら叶えられるものであることを印象づける

たとえば客層拡大を課題にしているアパレル企業に対しては、企画や商品開発の業務マネージャーとして将来は活躍し、若者の購買層を取り込みたいといったキャリアプランが考えられます。

自分の夢を一方的に語るのではなく、その実現が企業への貢献につながることを忘れず強調しましょう。

ただしまったく経験のない業務について大げさなキャリアを作ってはいけません。前職での経験の延長上にあることを述べ、実現可能なプランだと印象付けることも大切です。

キャリアプランの考え方 転職面接で採用を勝ち取るキャリアプランの考え方とは?答え方の例も紹介

最終面接通過率をあげるポイント

一般的に、最終面接まで進んだ求職者には内定をだす企業が多いです。その一方で、回答次第では最終面接でも求職者を落とす企業も確かにあります。

最終面接を重視しない企業では、おもな質問は第1次面接ですでに行い、人選は終了したと考えています。こうした企業にとって、最終面接とは、社長や役員が求職者と顔合わせをする機会という程度の位置づけです。

特に転職エージェント経由で応募して最終面接にたどりついた人は、かなりの高確率で内定をとることができます。

しかしあまりにも合わないと判断されると、どんな求職者であっても最終面接で落とされることはあります。最後まで気を抜かず、しっかりと準備をしたうえで最終面接に臨むことが大切です。

最終面接では次のようなポイントに気をつけましょう。

最終面接で気をつけるべきポイント
  • ビジネスマナーに沿った対応ができる
  • 態度が誠実で、信頼感のある回答ができる
  • 入社への強い意欲をもっている
  • 見栄をはらず、自分のキャリアを謙虚に評価できる
  • 応募先企業の社員へ社風に好意的な回答ができる
  • 他人の意見や忠告にすなおに耳を傾けることができる

これらを意識して本番に臨めば、最終面接を通過して内定をとれる確率はとても高くなります。

転職面接の役員面接 転職面接の役員面接を成功させるコツとよく聞かれる質問例

まとめ

なんとなく登録するだけでは、転職エージェントを通したからといって内定をとりやすくなるわけではありません。内定にまでたどりつく確率をあげるには、自分でキャリアを正しく分析する、応募書類をしっかり作る、第1次面接対策をするなどの努力が求職者にも求められます。

書類選考を通過できるかどうかが転職の成否を大きく左右するため、応募書類の推敲はとくに念入りに行うことが大切です。できれば、書き直すたびにキャリアアドバイザーに添削をしてもらうべきです。

また総合型と特化型の転職エージェントを併用することがお勧めです。双方のメリットを生かした転職活動ができるため、併用した場合は内定に至る確率をあげることができます。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。