おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

転職エージェントの比較

転職を希望するなら転職エージェントへの登録は必須といっても過言ではないでしょう。何より条件の良い非公開求人の数を考えると登録しない手はないかと思います。

様々な転職エージェントがありますが、求人数やサポート、得意な業界・地域があります。

ここでは転職エージェントの選び方のポイントを押さえながら、各エージェントの特徴を紹介していきます。

転職エージェントを選ぶポイント

〇転職エージェントを利用する前に

1)まず前提として

転職エージェントへの登録は最低でも2~3社は行ってください。各社によって、求人の種類が異なることはもちろん、担当してもらうエージェントとの相性もあるからです。

経験の浅いエージェントに不安を覚えるという理由もありますが、どんなにベテランでも相性が悪いと転職活動に影響がでるかもしれないからです。

2)エージェントに登録することで得られる利点

転職エージェントに登録することで得られる利点として、手厚いサポートが挙げられます。

履歴書などの添削、面接対策はもちろん、中でも転職希望者との相談・要望に沿う求人の紹介がエージェント登録によって得られる最大の利点になります。

3)優秀なエージェントを見分ける必要性

実は転職業界は人の入れ替わりが激しい業種になります。そのため新人のエージェントに当たる確率がそれだけ多くなります。

転職者の特性、ライフプラン、希望する職種などの様々な要素を加味し、ミスマッチの少ない提案をしてもらうために少しでも優秀なエージェントに担当してもらいたいと感じるのが人情です。

〇転職エージェント会社を探す

1)エージェント会社の種類

「たくさんある転職エージェントから、どこを選べばよいのかわからない」という声もあるかと思います。転職エージェントには大きく分けて<総合型>と<専門特化型>の2種類があります。

<総合型>

ほとんどが大手の転職エージェント。求人数が膨大なため、多くの求人を紹介してもらえる可能性がある。そのかわり、業界それぞれの知識や事情に疎いため、十分なサポートが受けられない場合がある。

<専門特化型>

業界や職種、年代、地域など、限定的な範囲に特化して、サポートを行ってくれるエージェント。特化した分野であれば、より専門性の高いサポートを受けることができるが、総合エージェントに比べると求人数が少ない。

2)エージェントに登録する

前述のとおり、複数社の転職エージェントに登録しましょう。可能であれば総合型4社・専門特化型1社ほど登録しましょう。最終的に相性がいいエージェント2~3社にしぼります。転職を希望する業種があらかじめ決まっているのであれば、専門特化型エージェントの登録数を増やして様子を見ましょう。

3)転職エージェントを選ぶポイント

ポイントは<求人数><書類添削と面接対策><サポート対応>の3つです。評判や口コミ、ランキングサイトなどで情報集めをしてみましょう。

また転職先の的がある程度絞られているのなら、業界や地域にどれだけ根差しているのかもしっかりチェックしておきましょう。

<求人数>

エージェント会社に登録されている総求人数、業種ごとの求人数、それに加えて、マッチングの正確さも判断材料になります。

マッチングの正確さは「求人の紹介が定期的にあったか」「希望に沿った条件に合うものが多いか」が基本的な指標になります。

それ以外にも、希望している職種ではないが適性から向いている可能性の高い求人を提案してもらえるかどうかもにも注目してみましょう。

<書類添削と面接対策>

どの程度、転職活動をフォローしてもらえるのかの指標になります。特に初めて転職する場合、職務経歴書が一つの壁になります。

この経歴書がどの程度まで書けているかによって、書類審査の通過率が異なってきます。面接についても模擬面接や、場合によっては面接時に同行フォローしてくれる社もあります。

<サポート対応>

応対の速さと、やり取りがスムーズにできたかを判断します。同じ転職エージェント会社内でもエージェント一人一人で対応が異なってきます。「相談にきちんと乗ってくれるか」「転職活動の状況確認をしてくれるか」などをみましょう。

4)質が高いエージェントを味方につける

転職エージェントを利用した転職では、転職者の希望と合致する求人をエージェントが提案し、それに応募するという形態で進みます。

そのため、担当エージェントがどれだけ求職者と合った求人を紹介してきてくれるかということが、転職活動をスムーズに行うための一つ目のネックになります。

さらには企業との仲介はすべて担当エージェント経由で行われます。企業との交渉がうまいエージェントに当たれば、より良い条件で就社できることもあります。

何より、ベテランエージェントに担当になってもらえれば、自分に足りない部分に対してきちんと指摘してくれる上、人生設計や家族構成などに配慮したアドバイスもしてもらえます。

将来的なことを考えたうえで転職するという方も多いと思います。それらの要望も含めたアドバイスをしてもらえるなら、心強いとは思いませんか?

よりよい転職活動にするためにも、しっかりと選んで良いエージェントを味方につけましょう。

5)良いエージェント

それでは、エージェントの質の高さを見分けるためのポイントを紹介していきましょう。

・受けたい業界の知識が多く、経験が豊富

転職エージェントの利用で、最も期待したい部分になります。転職希望先の業界についてエージェントの知識が多ければ、どのようなスキルや経験が求められているのかを熟知しており、入社後に働くイメージを持ってアドバイスしてくれます。

・アドバイスが的確、時には厳しい点も説明してくれる

転職エージェントでは最初に面談をして、転職希望者の要望や能力などを確認します。いくつか希望があったとしても、すべて希望どおりの転職先が見つかることは皆無です。

場合によっては転職者のスキル・能力と転職希望先のニーズが合わないなどの厳しいアドバイスを受けるかもしれませんが、そのおかげで別の選択肢が増える可能性があります。結果的に最初の転職希望先より、よい条件の企業に転職できるかもしれません。

・転職成功させた実績人数が多く、また早期退職者が少ない

実績人数の多さはそのエージェントの経験の数と捉えることもできます。基本的に経験が多い人ほどマッチング能力が上がり、企業との交渉力も上がります。業界知識や書類・面接対策のうまさも比例していきます。

また早期退職者が少ないということは、転職者と紹介企業とのマッチングの高さを表しています。退職者が多い場合には、そのエージェントのマッチング能力が低かったり、強引に転職を進めたりした結果であるかもしれません。

・他社経由や自己応募の案件も考慮して相談に乗ってくれる

転職方法が紹介されているサイトの多くでは複数社のエージェントを利用することが奨励されています。また転職サイトを利用しながらの方もいるでしょう。

エージェント側としては自分の実績のために自社エージェントからの転職を推す場合が多いと思います。その上で他社経由や自己応募案件の案件に対してもアドバイスしてくれるのであれば、そのエージェントはキャリアアドバイザーとして高いプロ意識を持っていると考えられます。

そういう人に当たることは稀なので、良い転職をした知り合いから教えてもらうなどしてみましょう。

・会話のときの印象がいい

会話の中で印象がいいと感じられるなら、そのエージェントとの相性がいい場合があります。どんなに優秀な人でも相性の良さで評価が分かれるので、少し気にかけておきましょう。

6)悪いエージェント

・業界知識が不足している、マッチング能力が低い

転職成功率と直接的に結びついてくるので、真っ先に確認しておきたい事項です。経験不足や能力不足により、紹介される求人のマッチングが低くなりがちです。

また状況に応じた的確なアドバイスができないために、なかなか転職できないかもしれません。特に、担当エージェントが企業説明時に抽象的な言葉を多く使っていた場合は要注意です。

運よく条件の良い企業を紹介してもらえることもありますが、利用者としてはより確実に条件の良い求人を紹介してもらいたいですよね。

実損があまりに出そうなら、人材豊富な大手の転職エージェントであれば担当を変更してもらうこともできるでしょう。

・エージェントの態度が悪い、印象が悪い

ビジネスマナーがなっていない、態度が横柄、上から目線。このような態度をとる場合は要注意です。

エージェント個人の問題であることも多いですが、相談する側から見て、そのような人と信頼関係を築くことができると思えるでしょうか?よい転職活動をしたい場合は早めに別の人に変えた方がいいです。

印象が悪い場合は、そのエージェントとの相性が悪い場合があります。エージェントの優秀さとその人から受ける印象は相関しない場合も多くあります。

対応が冷たい印象でもその方が性に合っている、という方ももちろんいると思います。ただ、印象が悪いと転職者から相談しにくい、何となく信頼できないということになりまかねません。

他に相性が良さそうな人が見つかったら、そちらに変更した方がいいかもしれません。

・レスポンスが悪いなど、対応が遅い

転職活動にはスピーディーさがある程度求められます。条件のよい求人ほど希望者が集まりやすく、すぐに埋まってしまう可能性が高まります。

仮に面接までこぎつけたとしても、エージェントの対応の遅さから破談してしまうかもしれません。対応が早く正確なエージェントであれば、企業側からの信頼度も高いでしょう。

こちらから連絡して1日経っても動きが無いようであれば、避けた方が無難かもしれません。

・強引な応募が目立つ、内定可能性の高い求人のみ勧めてくる

転職希望者の要望を考慮せず、転職を急かされてしまうパターンです。このようなエージェントは転職者の希望よりも内定可能性の高さだけを重視しており、エージェント自身の実績ノルマ達成を第一に考えている傾向があります。

もっと他にいい求人があるのに興味の薄い求人を受けなければならないという状況は、せっかくのチャンスを逃すだけでなく転職者自身のモチベーションの低下にもつながります。

なにより信頼することが難しい上、転職する上でのリスクに繋がりかねません。

おすすめの転職エージェントと特徴

リクルートエージェント

リクルートエージェント

国内最大手、求人数・内定実績No.1の総合型転職エージェント。転職活動者の半数以上が利用しているため、もはや転職活動に必須ともいえる転職エージェントです。

何より注目するのは、その圧倒的な求人数です。担当者によって評価が別れますが、書類・面接対策やサポート対応のノウハウ、選考落選時の分析・フィードバックなどが評価されています。

一方で登録者数が多いためなのか、対応が雑・遅いという評判も。他にも地方に転職希望の場合は条件に合う職を紹介されにくい、面談を受けるために遠方に出向くなど、条件によっては使いにくさもあります。

リクルートエージェントリクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

人材派遣業の『パソナ』が運営している総合型転職エージェント。求人の質の高さとサポート体制の評価がかなり高いです。

人材派遣で培われたコネクションを活かした強力なネットワークから、非公開求人数が全体の約80%を占め、高品質の求人が集まりやすくなっています。

親身なサポートを実現している点も評判になっており、転職初心者の方や転職に踏み切れない方向けです。大手転職エージェントと比べて、電話やメールでのレスポンスが早いのも大きなメリットといえるでしょう。

求人数が他の大手エージェントと比べると少ない、専門的な業種求人へのアドバイス力が弱い点などがデメリットとしてあるので、希望の求人がない場合は他の転職エージェントと併用するのがいいでしょう。

パソナキャリアパソナキャリアの評判から見たメリットと弱点を解説

DODA

DODA

人材大手パーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している総合型エージェントです。リクルートエージェントに次ぐ求人数の多さが魅力です。

登録後まもなく多くの求人情報を紹介してもらえるうえ、書類・面接対策、サポート力の高さも好評です。

他社と比較して優良な中小企業や地方の求人も充実しているので、転職先に幅広い選択肢を持たせたい場合におすすめです。

紹介してもらえる求人数が多い一方、一つひとつの案件の質が低い場合があります。特に自動送信の求人紹介メールの案件で求人の質が低いことが多いので、担当エージェントに求人情報を確認する方が良いでしょう。

業界知識や専門性についても低い場合があるので、技術職を視野に入れている場合は注意しましょう。

type(タイプ)エージェント

rype転職エージェント

首都圏に拠点を置く総合型エージェントです。転職ビジネスを1990年代から行っており、独自のコネクションからの非公開求人を持っています。

紹介される求人の多くは東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏に限定されており、求人の業種も幅広いです。

転職希望者一人ひとりに丁寧な転職支援が行われているため、手厚いフォローを希望する人は登録してみるのもよいでしょう。

またサポートを受けられる期間に制限がないため、長期的な転職活動を考えている人向けのエージェントでもあります。

展開地域が首都圏に限定されていることもあり、大手に比べると総求人数が少ない、首都圏以外の求人が少ない、登録者数が少ないなどのデメリットがあります。

また希望に沿った求人紹介を心がけていることもあり、状況によっては求人を紹介してもらえないこともあります。

type転職エージェントtype転職エージェントの特徴や弱点、登録の流れを徹底解説

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

外資系の転職エージェントで、世界60か国に拠点を持つ世界最大級の人材サービス会社の『アデコ』が運営しています。

「転職するなら様々な職種を検討すべき」というスタンスで、幅広い職種からの求人が提案されやすいです。

また、紹介される企業はホワイトカラーが多く、転職後に長期的に安定して勤められる傾向にあります。外資系ということもあり、国外企業への転職を考えている人にとっても良い手助けになるでしょう。

サービスを受けられる期限設定が無いので、長期的に転職先を探したい人向けのエージェントな反面、短期的に内定を決めたい人にとっては紹介される案件が少ないなどの不満がでやすいです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

新卒採用の最大手『マイナビ』の転職エージェント。第二新卒向けの求人の取り扱いが多く、また他社にはない独自案件もあります。

また、中小企業からの求人も多いところも高評価です。転職エージェントとしては後発ということもあり、優秀なエージェント獲得に積極的だそうです。

事業拡大中ということもあり、サポート体制やエージェントの当たりはずれが大きい点がデメリットになっています。

現時点では企業営業と転職エージェントとの情報共有が十分になされていないとの指摘もあり、良さそうな案件があった場合に活用するのが今のところ良いようです。

マイナビエージェントマイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

ワークポート

ワークポート

IT・Web系の求人に強みがある転職エージェントです。IT・Web系の求人に限れば大手エージェントよりも優れています。

対応が非常に早く、急遽転職したいという人向けです。対応の速さは業界中トップです。担当者もIT・Web系の業界に詳しい場合が多いようです。特に同業界への転職者から非常に高い評価を受けています。

反面、対応が事務的、求人が質より量というデメリットがあります。

エンエージェント

エンエージェント

大手人材会社『エン・ジャパン』が運営している転職エージェントです。初めて転職する人に対して親身に相談してくれるので、サポート対応に対しての評価が高いです。

また面談の前に性格診断テストが用意されており、求人紹介の際もテスト結果に基づいて提案してもらえます。

大手企業からの求人が他社と比べると少ないので、幅広い求人を視野に入れている場合は別のエージェントとの併用がオススメです。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

求人広告業の『アイデム』が運営する転職エージェントです。就職経験がない人でも気軽に登録できるエージェントになります。

ビジネスマナーやスキルを学ぶための無料セミナーを開催しているので、社会人経験が乏しいなど就職・転職に不安を感じている人でも就活力を身につけやすいです。特に都市部の営業系に強みがあります。

一方で全体的に求人数が少なく、専門性が低い点がデメリットになります。また、地方の求人はまず期待できない点にも注意です。

ビスリーチ

ビスリーチ

求人を紹介するというより、登録者の経歴・能力を見たヘッドハンターからスカウトを受けるという形態がメインになる、他社とは毛色が異なる転職エージェントです。

管理職経験者や専門性の高いスキルを持っている人であれば、様々な案件が提案されます。最低年収を設定できるので、希望より低い求人はまず紹介されません。

登録後は、基本的にヘッドハンティングされるのを待っているような状態になります。高年収を目指したい人なら、登録しておいて損はないです。

一方で市場価値の低い人にはスカウトが一件も来ないということもありえます。また求人内容についてヘッドハンター頼みになってしまうので、別ルートで企業の内情を把握するなどした方が安全です。

ビスリーチビズリーチってどうなの?口コミから見たメリット・デメリットと総合評価

エリートネットワーク

エリートネットワーク

キャリア向けの求人を主に取り扱っている転職エージェントです。小規模エージェントなので、特有の手厚いフォローを受けることができます。

ただし、キャリア向け以外の求人が少なく、都内での案件がほとんどになります。求人に応募できる条件が厳しく、敷居が高い印象を抱く利用者も多いです。

経歴やスキルに自信がない場合は、大手を利用した方が条件に合った案件を紹介してもらえるでしょう。

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズ

外資系転職エージェント大手です。外資系企業でネイティブレベルの英語ができる人向けの求人を紹介しております。

外資系企業への高い専門性から、選考通過の可能性があると徹底的にサポートしてもらえます。求人の提案から選考までかなりスピーディーに進んでいきます。

ただし英語レベルを実際に使える人でないと利用が難しく、TOEIC高得点者でも紹介される案件が低くなってしまう場合があります。

Re就活

Re就活

第二新卒や既卒の人向けの転職エージェントです。合同企業説明会などを主催している『学情』が運営しています。

就職経験のないニートやフリーターでも利用することが可能です。就職経験の薄さから他社の転職エージェントに登録できない場合におすすめのエージェントです。

JACリクルートエージェント

JACリクルートエージェント

ハイキャリア案件に特化した総合型転職エージェントです。サポート体制は社内ルールを徹底しているため、他社と比べてもエージェントの質が高く、担当者によるバラつきが少ない傾向にあります。

求人やサービスの質が高く利用者の評価が高い反面、登録者にも高いキャリアが求められます。登録した時点でそれなりのキャリアがない場合、求人を紹介してもらえないこともあります。

口コミからは、特定スキルの有無、転職市場価値が高いなどの条件が無いと厳しいようです。

まとめ

転職エージェントをうまく活用できれば収入アップも期待できます。そのためにも、自分自身の状況や目的としっかり照らし合わせて、希望に沿うエージェントの選考が不可欠です。

今回紹介したポイントと各転職エージェントの特徴を参考に、よりよい転職活動をお送りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。