総務の仕事内容とは?給与、やりがいと総務になる方法を紹介

総務の仕事内容

総務という職種について、あなたはご存知でしょうか。

求人情報にたまにみかける「総務事務」という仕事ですが、どのような仕事であるのか、具体的に把握している人は少ないでしょう。

今回は、総務部・総務事務といった職種は何をする仕事なのか、具体的にご紹介したいと思います。

仕事内容のみならず、一日の業務の流れや平均収入、そして総務事務に転職や就職したメリットややりがいなどを、幅広くご紹介していきます。

総務事務を目指す人のお役に立てば幸いです。

総務の仕事内容とは?

総務事務(以下、総務)は、どこの企業にも存在する職種です。大企業であれば経理人事と分離されていたり、中小企業では総務部が経理や人事を兼任する、といったことも。

総務は、主に以下のような業務を担当します。

備品の管理、発注

会社にある備品がなくなれば発注したり、整理整頓したりします。

オフィスの管理

会議室の手配など

社内規定の作成、更新

社内での規律の作成や更新を行います

福利厚生の管理

社員の旅行や運動会といったイベントの企画、運営、また会社が保有する保養施設の予約受付、予算管理も行います。

株主総会の運営

毎年行われる株主総会の企画、運営を行います。

内部監査

社内の秩序を保つために、総務が中心となって内部監査をします。内部監査のスケジュール管理、監査報告のまとめを行います。

慶弔手配

取引先の慶弔の手配や管理を行います。

社内報発行

社内報の企画、編集、発行をおこない、会社と社員のためになる記事を作ります。

社内社外文書の作成

社内外に発信するための文書を作成します。

お中元・お歳暮の手配

取引先へのお中元、お歳暮の手配を行います。

このように、会社全体の仕事に関わる仕事だと言えます。

中小やベンチャー企業といった、人事や広報部といった部署を持つほど人員に余裕がないところでは、総務事務がそのほとんどを担うのがほとんどです。

給与計算や勤怠管理といった人事や労務関係の仕事から、契約書の作成や管理、コンプライアンス体制の整備も総務の仕事になります。さらに一般事務や秘書がいない会社では、来客や電話応対、会議室の手配やお茶出しなども仕事となることもあります。

まとめると、大企業では「総務部」として独立しているところが多く、少人数の規模の企業や組織の総務は、人事や労務・経理といった他の部署と兼ねることが多い、ということです。

総務事務の給与・年収は?

総務の平均年収は400万円前後

総務の平均年収は、およそ400万円前後になります。

他の職種のように、年齢が上がれば年収もあがる「年功序列」の傾向が強いです。20代であれば300万円前後、40代を超えると500万円を超えるケースが多いです。

年齢や勤続年数だけではなく、勤務先の組織の規模や地域などによっても、給与は大きく変動します。

民間企業の場合、上場企業であれば業務範囲が広く責任が大きくなるので、給与水準は大きくなります。

管理職として部下を抱えるようになれば、年収が600万円を超える人もいます。

能力での給料差はほとんどない

総務は、営業職などのように、基本給に上乗せして報酬金が支払われるような「インセンティブ制度」が採用されることは、ほぼないでしょう。

ノルマもありませんし、決められた規定も存在しません。会社の中間部門として裏方で働くのがメインですから、個人個人の能力が問われることは少ないのです。

そのため、能力差による給料差は出にくいと言えます。

総務で給料アップを目指すには?

給料アップを目指すなら、会社に貢献していることをアピールする必要があるでしょう。

たとえば、株主総会における企画や運営の重要なプロジェクトを担当するなど、日々の業務で責任ある仕事が増えて成果が増えれば、収入アップにつながりやすいです。

まとめると、総務職は平均の年収より高い仕事ではありません。その中で給料アップを目指すのであれば、一番上の役職、つまり管理職を目指すのが早いでしょう。

さらに、経験を積んでスペシャリストになれれば、より良い条件への企業に転職することも容易でしょう。

総務のやりがいとは?

以下では、総務のやりがいをご紹介していきます。

組織全体を改善する仕事に取り組める

総務は基本的に、社員が働きやすい環境を作り、最終的には組織が円滑に働けるように、裏で作業するのがメインとなります。
そのため、営業や開発のような、一つの分野に特化した仕事ではなく、組織全体を把握して仕事をすることになります。

外部との接触が少なく、あまり目立たないために、存在意義が問われることもありますが、総務がいないと組織が上手くいかなくなります。つまり、企業の重要な潤滑油でもあるのです。

このように、裏で働きながらも重要なポジションにいれる実感を味わえるのは、総務ならではの魅力でしょう。

他の事務職にも転職しやすい

総務は、基本的に必須となる資格やスキルは存在しません。それ故に、未経験でも就きやすい職業でもあります。

そして、総務は広い分野の業務を担当していきます。人事や経理・法務・広報など、多くの事務作業を経験することもできるのです。

つまり、未経験者であっても、総務につけば数多くの事務経験を積むことが出来、結果として経験者が優遇されている他の事務所への転職が容易になる、ということなのです。

プライベートの両立がしやすい

総務は事務職でもありますから、残業が少なく、定時になれば帰宅しやすい職業でもあります。

アルバイトやパートや派遣社員はもちろん、正社員だとしても、残業は少ないです。
自分のプライベートを重視したい、ワークライフバランスを考えた働き方をしたい人には、最適でしょう。

社員に頼ってもらえる

総務は多くの部門との関わりがあります。

人対人の業務が中心となりますから、他の社員の希望に沿うように対応してあげれば、喜んで感謝されることも多くあるでしょう。

感謝の気持ちを貰えれば嬉しいですし、「◯◯さんはとても頼りがいがある!」なんて声をかけてもらえれば、大きな達成感も得られるでしょう。

改革を起こしやすい

上記のように、総務は多くの部署と関わりをもちながら働く職業です。多くの組織に関わる仕事でもありますから、積極的に行動していくことにより、会社全体に大きな変革をもたらす仕事にも携わることができるでしょう。

他の社員と蜜にコミュニケーションを取りながら、社内にある規定や環境の不満を見つけ出し、改善案を考えて提案し、改善する。それが理にかなったものであるならば、社内で大きなプロジェクトに発展する可能性もあります。

自分の行動によって会社全体に変革をもたらせるのも、総務のやりがいだと言えます。

基本的なビジネススキルが身につける

総務は、社内の社員とのコミュニケーションがメインですが、社外の人とも接する機会があります。その中でビジネススキルを鍛えることが可能です。

社内の人であれば、新人社員と役員とのパイプ役となって活動したり、社外の人とは会社の顔として窓口に立つ機会もあるでしょう。

こうした業務をとおし、相手の立場を考えた行動を取ることを学べますから、コミュニケーション能力が上がるだけではなく、ビジネスマナーも身につけることができるのです。

さらにオフィスワークにとって重要な基本的なPCスキルも身に付けられます。議事録や社内文書の作成にはワードを使用しますし、備品や勤怠管理にはエクセルを、そしてプレゼン資料の作成にはパワーポイントを使用します。

この能力は他の事務職でも通用しますから、覚えておいて損はありません。

他人をサポートできる

総務の仕事は、備品の管理やオフィスの環境整備など、一見すると地味な仕事にみられがちです。しかし、社員の仕事が滞りなく行われるためには重要な仕事であるともいえます。

裏方で人々のサポートをしていることに喜びを感じられるなら、非常にやりがいのある仕事です。

総務の転職は?

以下では、総務の転職に関して、解説していきます。

総務は他の企業へ転職しやすい

総務は、組織全体に関わる事務です。

自ら商品やサービスを開発したり、売って利益に貢献するわけではありませんが、組織が問題なく機能して、社員が気持ちよく働いてもらうために、なくてはならない存在であると言えます。

そこでの経験を積めば、組織全体を俯瞰したキャリアを積むことができますし、小さな組織であれば、経理や人事などさらに多くの業務も兼任することができるでしょう。

つまり、事務としての経験が幅広くできますから、転職先の選択肢が広くなり、より安定した企業へ転職しやすいのです。

専門性を高めれば、より貴重な人材に

総務は業界にかかわらず、企業にとって必要な存在であります。つまり職種のニーズが減ることがありませんから、総務を目指す人にはいつでもチャンスがあります。

しかし一方で未経験でも就きやすいので、給料が上がりにくい・平均年収より低いというデメリットもあるのが事実です。

より優位な転職をしたいのなら、貴重な人材になる努力をする必要があります。つまり、「スペシャリスト」を目指すのです。

特に株主総会の取りまとめといった、高い専門性が問われる分野の知識やスキルがあれば、上場企業や大手企業に歓迎されやすいです。

人事やIRといった、他の職種経験も積んでおけば、さらに専門性を高めることができるでしょう。

自分が今後どのようにスキルアップして転職していきたいのか、しっかりとイメージをし、努力していくようにすれば、多種多様な選択肢が広がります!

総務になるには?総務への転職を成功させるコツ

総務の転職活動をするのにおすすめなのは、「転職エージェントを活用して求人を探す」方法です。

総務の経験はとても貴重なものです。それを上手く活用するためにも、専門家である人の意見を聞きながら活動したほうが、より優位な転職活動を行えるでしょう。

経験を武器にしながら、是非活用を検討してみましょう。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

まとめ

総務は地味だ、やりがいがない、なんの役に立つのかわからない。

そういった悩みをかんじているのなら、総務の仕事を単なる事務作業だと思っていませんか?

総務は自分の働きかけ次第で、会社に変革を起こしたり環境を改善できたりと、会社全体の成長に大きく関わることができる職種なのです。

総務での業務を有意義なものにするには、積極的に動くことが大切です。

多くの部署と関わりコミュニケーションを取りながら、社内を改善していけば、大きなやりがいを手に入れることができるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。