未経験で経理に転職するのは難しい?未経験で経理に転職する方法

経理に未経験で転職する方法

どんな職種であっても未経験の職種へキャリアチェンジするのは難しいものです。

特に経理のように専門性の高い職種に転職する場合、特にハードルが高いというイメージが持たれることも多いでしょう。

しかし、経理が未経験であってもキャリアチェンジすることは十分可能です。

この記事では、未経験者が経理にキャリアチェンジするために心得ておきたいポイントをご紹介します。

経理は新卒採用と中途採用で採用条件が異なる

経理を目指す場合、その就職先は、経理セクションがある一般企業や監査法人、経理業務のアウトソーシングを請け負う企業などになります。

経理は専門性が必要な事務ではありますが、学歴や特別な資格が問われることはありません。

新卒採用の場合は入社後、経理に向いている人材が経理セクションに配属されて、実際の業務を行いながら仕事を覚えていくのが基本です。

一方、中途採用の場合は求人を出すほとんどの企業が経験者を求めていることが多いです。

実際、経理の経験者であれば、学歴や資格の有無は問われないことが多く、むしろどのような経験を積んできたかによって採用の有無が決まると言っても過言ではありません。

実際、第二新卒や未経験者の転職の場合、中途採用を募集している企業は少ないですが、簿記検定2級以上の資格があると数少ない求人の中でもあなたを採用してくれる可能性がアップします。

未経験者が転職する際に準備しておきたいポイント

資格の習得

経理に活かせる資格として有名なのは簿記検定ですが、簿記資格を持っていてもそれを活用した経験が無いと中途採用はなかなか難しいです。

何度も言うように中途採用者に求められるのは「即戦力」であることですから、簿記資格を持っていてそれをどう活用してきたか、あるいは入社後どう活かせるのかをアピールしないと採用まで近づかないでしょう。

また経理業務は、グラフや表などの作成を行うこともあるので、ワードやエクセルを使うことも頻繁にありますから、パソコンに関するスキルも取っておきたいです。

特にお勧めなのがMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。

MOSはエクセル・ワードだけでなくパワーポイントやアクセスなど、マイクロソフト商品を使いこなせる資質をアピールする資格としてはうってつけなので、資格を持っている場合はかなり転職に有利となるでしょう。

前職の経験をどう活かすのかを提案する

未経験者でも経理への転職は可能と言っても、誰でもどの会社でも転職できる可能性があるわけではありません。

特に、前社での経験を新たに就く経理としていかに発揮できるかをアピールしたり、そう言いきれる理由をしっかりとアピールしていく必要があります。

例えば営業事務の経験であれば、交渉や契約に関する法律、粗利計算などを学ぶ機会を得ているのでその経験をアピールすれば済むでしょう。

また、どんな事務経験であっても経理セクションと一緒に仕事をする機会は絶対にありますから、その時に得た経験を活かして経理として活躍したいとアピールすることも十分効果があるでしょう。

特にお勧めなのは給与計算などの事務で、これは個人ごとに複雑な計算をしなくてはなりませんが、その分専門的な計算が求められることもあり、そつなくこなしていた経験がある場合はアピールすればかなり好印象を与えることが出来るでしょう。

コミュニケーション能力をアピールする

経理と言っても黙々とパソコンに向かって仕事をするだけではなく、別部署の人や取引先の担当者と話すことも多いものです。

いくら、普段からお世話になっている人であっても不正を行ったりするわけにはいきませんから、情に厚すぎる人にとっては難しい職場かもしれません。

実際、経理になってからは他人との距離感のとり方がなかなか難しいので「以前に比べて嫌な人になった」と公言されてしまうような場合もあるかもしれません。

それらを含めてもしっかりとコミュニケーションが出来ると言うことをアピールするには、前職でのコミュニケーション経験をしっかりと語り、他部署の人とも問題なく仕事をこなしてきたことをアピールするのが良いでしょう。

もしあなたがコミュニケーション能力の不足を感じている場合は、専門の講習会やセミナーを行っていることも多いのでぜひ学びの機会を活用してみてはどうでしょうか。

コミュニケーション能力に教科書はありませんから、社交的な場に自らを置いて研鑽するなどの方法もよいでしょう。

経理で未経験の求人を選ぶ際に気にしておきたいポイント

規模の大きな会社であるかどうか

経理と一口に言っても、その中で行う仕事には様々な種類があります。

規模の大きな会社であれば経理の中でも細分された「決済担当」「入金担当」などのように一部分を担当することになりますから、そんなに事務量が多くなることはないでしょう。

ですが規模の小さな会社であれば「あれもこれも」自分で行わねばならなくなり、指導を受ける社員も数名しかいないので十分な指導を受けられないかもしれません。

未経験の場合は、できる限り「部分的」な仕事に従事できるような環境を選ぶことで、入社後の苦労を軽減できますし、自分の能力を確実に発揮できるのでお勧めです。

とにかく数で勝負する

未経験可の経理求人に、片っ端から応募してみるのもよいでしょう。

もともと求人数が一般の求人比べて少ないのは事実ですから、数少ない求人のチャンスを得るためにいろいろな企業に応募するのは当然でしょう。

ただし、内容すらも見ずに求人ばかりしていると、あとになって自分のやりたいこととのギャップを感じてしまったり、入社してから思ったように自分の能力を活かすことが出来ず後悔することになるかもしれませんので、あらかじめ注意が必要です。

数字を扱った経験を積極的にアピールしよう

未経験可とされている求人とはいえども、年齢が30代であれば「社会人として即戦力」とされて採用されることも多いです。

経験値は十分評価されやすいのですが、それは他の応募者も同じことですから、そこからあなたが一歩先に抜き出るためには資格や経験が勝負のポイントになります。

例えば、会計知識を証明するために簿記などの資格を取っておくと、採用の可能性がアップします。

日商簿記の資格などは、選考基準として必須に挙げている会社も少なくありませんし、実際に採用されて簿記の知識が無い状態で経理業務に携わっても苦労するだけですから、転職を機会に学んでおくことをお勧めします。

自分が希望する条件を下げる 

自分の中は「あんな企業に行きたい」とか「年収600万は確保したい」など、さまざまな条件を持って転職活動をしていると思いますが、ハードルを上げ過ぎて転職先を少なくしてしまうのは逆効果です。

どんな求人であっても、年収がいいとか福利厚生が充実しているなど、労働条件のよい求人には多くの人が集まりますから、ライバルは当然多くなります。

ですから、最初は自分の条件を下げて、次の次を見据えて経理を働きながら学べるような中小企業に籍を置くことも考えてみるべきです。

給与は安くなってしまいますが、実務経験はお金では買えませんから、むしろ堅実な手段と言えるでしょう。

年代別!経理への転職で注意するポイント

経理への転職を考えたときに、年代別に注意するポイントもいくつかあります。

年代によっては経験値がかなり違いますし、採用する側も求める資質が大きく変わってきますので、これから紹介するポイントをぜひ参考にしてください。

将来活躍が見込めるかどうかを見られる20代

20代は経理が未経験であっても、将来性さえあれば採用される確率は高いです。

20代はまだまだ新鮮さもあって新たな技術や知識を得る能力にたけているので、その部分の資質を見せれば十分採用してもらえるチャンスがあります。

ですから、採用する側も「どれくらいやる気があるのか?」とむしろ見るようになります。

能力や意欲はあったとしても、入社後の研修に耐えられるか、そもそも入社後の業務量に耐えられるかどうかが将来性を判断するためには重要視されます。

採用を求める側としても「とにかく経理に就きたい!」ではなく、「経理で得た経験をこのように発揮したい!」と具体的に述べられるようでなければ採用のチャンスも少なくなってしまいます。

20代の場合は、自分が持っている資格や知識をアピールする方が将来性をアピールすることにつながります。

今は資格を持っていない場合でも、今取得に向けて努力をしているアピールをするだけでも十分効果はあるでしょう。

20代の転職方法 20代の転職を成功させるためのポイントとは?プロが語る転職方法

即戦力になりえるかどうかを判断される30代

30代ともなると聞こえのいい志望動機だけでは採用されることは少ないです。

むしろ社会人経験者として即戦力になりえるかどうかをアピールすることとが採用されるための大きなカギになります。

いくら面接などで「頑張ります」と言ったところで、前職での職務経験が大したことなければ採用には至りません。

30代ですから社会人のいろはをもう教える必要はないわけで、その分仕事にすぐ取り掛かって欲しい即戦力の能力を求めるのは誰でもわかることです。

例えば「コミュニケーション能力にたけている」ことをアピールするならば、実際に前職で取り組んだ仕事の内容や成果について具体的に説明できるぐらいでないと採用担当者を納得させられないでしょう。

20代のうちは「こんなことをしたい!」と言えばまだ美しいでしょうが、30代になると「こんなことが出来ます!」と言えるようでなければならないのです。

30代で未経験の仕事への転職 30代で未経験の仕事に転職出来る?未経験でも転職しやすい業種・職種

人材の管理もできることがセールスポイントになる40代

40代で経理を希望する場合、採用する側はただ経理が出来る経験者を応募しているわけではなく、そのセクション字体で重要な役割を担わせることを期待するでしょう。

特に大きいのが人材の管理、マネジメント能力と言われる部分です。

40代ともなれば既に係長などの職歴もあり、部下と上司の間に立って円滑な仕事が進行できるようマネジメント能力を発揮しているでしょうから、それを求めている企業側はあなたのマネジメント経験を知りたがるでしょう。

会社の規模にもよりますけど、大企業での業務経験がある40代の人ならば係長レベルの食的は持っていて当たり前なので、それが無いと経理だけでなくいかなる業種への転職も厳しいかもしれません。

まとめ

正直なところ、未経験であっても経理に転職することは不可能ではありません。

転職を希望するあなたは、採用時にあなたがどんなキャリアを送りたいかをしっかりと考えることも大切です。

そもそも「経理事務はキャリアアップのステップに過ぎない」のか、経理事務で一緒海を立てていこうと考えているのかでは、その意欲もアピールポイントも違ってきます。

あなたを採用しようとする企業側も、あなたに一生働いていて欲しいと思えるぐらいあなたの能力がすごいならば、あなたが望むだけの待遇で対応してくれるでしょう。

特に社会人として一定の経験を持っている場合、その経験のどこが経理事務に活かせるのかわからないこともあるでしょう。

その場合は転職エージェントの相談を受けてみることもよいでしょう。

転職エージェントはあなたの職歴を見て経理事務転職時に欠かせないアピールポイントを見つけてくれますし、具体的なキャリアプラン作りもサポートしてくれるので頼って損はありません。

経理におすすめの転職エージェント 経理の転職におすすめの転職エージェントとは?未経験、経験者別に解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。