経理の転職におすすめの転職エージェントとは?未経験、経験者別に解説

経理におすすめの転職エージェント

転職を考えている方のサポートをする転職エージェントですが、数が多すぎてどこを選べば良いのか迷ってしまいます。

特に、大手の転職サポート企業が運営している転職エージェントに登録するべきなのか、それとも職種に特化した転職エージェントに登録すべきなのか、その選択にも迷います。

そこで、今回は経理職の方が活用するべき転職エージェントについて、ご紹介します。

経理におすすめの大手の総合型転職エージェント

総合型転職エージェントとは、職種に特化せず誰でも登録が出来る転職エージェントのことです。

この総合型の場合、誰でも一度は聞いたことがあるテレビCMでもお馴染みの転職サイトを運営している企業が、運営しています。

そのため、求人数も多くまた、地方の求人まで網羅しています。

そこで、ここでは有名な大手の転職エージェントについてご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職支援企業としては最大手のリクルートが運営している転職エージェントです。

業界No.1の実績を誇るだけあり、非公開求人数が10万件以上と、圧倒的な求人数を保有しています。

公開求人も合わせれば、125、000件以上です。

このような多くの求人の中から自分の経歴やスキルに合った求人を紹介してもらったり、スカウトされたりしますので、希望するような条件の求人に出会える確率も高くなります。

登録後にキャリアコンサルタントの面談などがありますが、このキャリアコンサルタントも、経験が豊富な方が揃っていますので、安心して転職の相談が出来ます。

但し、総合型の転職エージェントですので、経理職に特化しているわけではありませんし、担当になったキャリアコンサルタントがその職種に就いて詳しくない場合もあります。

このような大手の転職エージェントの場合、登録者数も多いので、経歴やスキルによってはサポートを断られたり、対応が遅れたりします。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

女性の就職をサポートするために創設されたパソナグループが運営している転職エージェントです。

特に女性の転職に強い転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの質の高さも、この転職エージェントの強みです。キャリアアドバイザーの質の高さが、サポートの質の高さにもつながっています。

初めて転職をする方に特におススメしたい転職エージェントでもあります。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

若年層の転職に強みを持っている転職エージェントです。

特に、第二新卒やフリーターなど、正社員としての実務経験が無い方でも支援してもらえる転職エージェントです。

但し、求人多くが首都圏や関西圏に集中していますので、地方での就職を希望されている方には、利用しづらい転職エージェントです。

更に、若年層の転職サポートに力を入れていますので、中高年の方の転職者には向いていません。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

doda

doda

リクルート同様、歴史の古い転職エージェントです。求人数は10万件以上あり、業界No.1です。

dodaは、転職サイトに登録すると自動的に転職エージェントにも登録されます。

他の転職エージェントとは違い、転職サイトと転職エージェントのサイトが同じなのです。

dodaの特徴は、積極的な転職セミナーによるサポートです。これにより、より実践的なサポートが期待できます。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

経理職におすすめの専門性に特化した転職エージェント

職種に特化した転職エージェントで、その職種経験者がキャリアアドバイザーとしてサポートしてくれるエージェントもあります。

また、職種ではなくキャリアに特化した転職エージェントもあります。

こちらは、管理職希望だったり高額年収希望だったりする方に特化した転職エージェントですので、ハイクラスの求人が揃っています。

但し、このような転職エージェントの場合は、キャリアやスキルによってはサポートを断られてしまいます。

MS-Japan

MS-Japan

経理職や財務職に特化した転職エージェントです。また、管理職クラスの求人など、ハイクラス求人も多く取り扱っていますので、自身のキャリアアップにつながる転職エージェントです。

経理職として更なるステップアップとキャリアアップを望むのであれば、登録すべき転職エージェントと言えます。

特に、ハイクラス求人が多いということで、転職実績の年齢層や経験数から、中高年の方の転職に強みがあります。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

経理職、税理士、公認会計士に特化した転職エージェントです。

扱っている職種は細分化され、経理と一言で言っても、「月次決算業務」や「日常業務」など、大手企業での経理部門の細分化にも合わせた、求人となっています。

そのため、経験年数の浅い「経理スタッフ」という求人もありますので、若年層の方でも安心して利用できます。

但し、特化していることもあり、日商簿記2級以上の資格を持っているか、一般事務として経理の処理経験があるなど、「未経験OK」の求人はほぼ有りません。

また、求人の多くが東海圏と関西圏に集中していますので、地方での求人はあまり期待できません。

ですが、他の転職エージェントと比べ、職種に特化した転職エージェントですので、経理職・公認会計士・税理士として、またそれらの経験や資格を活かした新たな仕事を探すのには、一番有利な転職エージェントでもあります。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

経理職ではありませんが、税理士に特化した転職エージェントもあります。

一般企業の中には経理職だけでなく、財務や会計などの職務もあります。そのため、税理士資格を保有していたり、税理士試験科目に合格していたりする方もいます。

その様な方が利用する転職エージェントで、転職先も税理士事務所だけでなく、一般企業も含まれていますし、コンサルタントファームなどもありますので、キャリアアップやステップアップを望む方にお勧めする転職エージェントです。

若年層の転職実績もありますので、資格を持っていたり資格試験科目に合格している方は、登録してみては如何でしょうか?

JACリクルートメント

JACリクルートエージェント

経理職に特化した転職エージェントではなく、ハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

最低年収が500万円と、高年収を希望される方や、現在の年収から下げたくない方などが利用する転職エージェントです。

経理職の方の場合、30代でも高額な報酬を得ている方がいます。そのような方々が、ステップアップやキャリアアップを希望して活用するのに、お勧めする転職エージェントです。

このようなハイクラス求人に特化した転職エージェントの中には、月々の会費を求めるものもあります。ですが、このJACリクルートメントであれば、登録から転職先への入社まで一切無料で利用できます。

ハイクラスでの転職実績も業界トップですので、登録してみては如何でしょうか?

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

転職エージェントは複数登録しよう

転職エージェントは、登録をすると専任のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。そのため、「1社にしか登録できない」と思っている方も多いようです。

ですが、転職エージェントも転職サイト同様に、複数登録をして活用するのが正解です。

複数登録のメリット

紹介してもらえる求人情報が増える

転職エージェントによって、保有している求人情報の内容が違っています。特に非公開求人の場合には、求人を出している企業がそのエージェントを信用して、1社にのみ求人を出していることも少なくありません。

そのため、複数のエージェントに登録することで、より多くの非公開求人を紹介してもらいやすくなります。

キャリアアドバイザーのやる気を引き出すことが出来る

複数の転職エージェントに登録した場合、その事を登録した転職エージェントのキャリアアドバイザーに報告することで、彼らのやる気に火をつけることもできます。

キャリアアドバイザーは、利用者が自分の転職エージェントを通じて転職を成功させることで、評価が上がっていきます。

彼らにとっても、転職を成功させることが成績となって評価されますので、他の転職エージェントに負けないように、転職をサポートしてくれます。

こちらからの問い合わせに対して、対応が遅かったりサポートが弱いと感じた時には、他の転職エージェントに登録したことを告げてみましょう。

キャリアアドバイザーの能力査定

転職エージェントで活躍しているキャリアアドバイザーの中には、経験が浅く能力が低い方もいます。

1社登録の場合、その方の能力が高いのかどうかが判断できませんし、疑問に思いながらもそのまま、その経験不足のキャリアアドバイザーのアドバイスを受け続けることになります。

よく、病院などでセカンドオピニオンというのを聞きますが、転職エージェントでも複数のエージェントに登録して、様々な経験を持つキャリアアドバイザーのアドバイスを聞くことで、どのアドバイザーが一番自分を理解してくれているのか、自分に合っているのかを判断できるようになります。

そのためにも、複数の転職エージェントに登録をします。

独自のサポートを受けられる

転職エージェントによって、独自のアプリを使って転職をサポートしていたり、性格診断や適職診断を行っていたりします。

その様な転職エージェントごとに特化したサービスを受けようと思うと、登録が必要となります。

また、サービスの1つでもある応募書類の添削や面接対策なども、転職エージェントによってその回数が違っていることもあります。

複数の転職エージェントに登録しておけば、登録したエージェントの数だけ、応募書類の添削や面接対策を受けることが出来ます。

複数登録のデメリット

複数の転職エージェントに登録することで、デメリットも多々あります。

情報過多と管理不足

経理職の方の場合、情報の整理と分析には慣れていらっしゃるので、まずありえないことだと思いますが、複数の転職エージェントに登録することで、紹介してもらえる求人数が非常に多くなります。

その求人の中には、複数の転職エージェントで重複していることもあります。

ここに落とし穴があるのです。

この重複した求人に気が付かないまま、別々の転職エージェントから応募してしまい、求人を出している企業側だけでなく転職エージェントからも信用されなくなり、その後のサポートが打ち切られてしまうこともあります。

また、スケジュールをしっかり把握しているつもりで、面接のダブルブッキングということも少なくありません。

特に転職エージェントの場合には、企業面接の予約をキャリアアドバイザーに行ってもらうことが多いので、その様なブッキングというミスを犯してしまいます。

複数の転職エージェントに登録する場合には、その情報の整理と管理が重要となります。

転職エージェントの正しい活用方法とは

転職エージェントは複数登録

ここまで説明してきたように、メリットの方が大きいので転職エージェントは複数登録しておきましょう。

転職後のキャリアビジョンまでしっかり出来上がっている方は、大手総合型の転職エージェント1社と、特化型の転職エージェント2社を登録しておきます。

希望職種が決まっていない方でも、自分の経験を活かした転職を希望するのであれば、同じように特化型2社と総合型の1社は最低でも登録しておきます。

経理職を完全に辞めて全く違った仕事を希望しているのであれば、総合型の転職エージェント2社を最低でも登録しておきましょう。

特化型の転職エージェントの中には、年齢層に応じたものもありますので、その様な自分の年齢層に強みをもっている転職エージェントを探して登録してみても良いかもしれません。

キャリアアドバイザーのチェンジ

登録した転職エージェントで担当となったキャリアアドバイザーと、どうしても合わないということがあります。

また、経験が浅かったり経理や財務についての知識が無かったりと、不安を覚えることもあります。

その様な場合には、担当を変えてもらえることもありますので、遠慮なく担当をチェンジしてもらいましょう。

自分の一生がかかっている転職活動ですので、より良いアドバイザーにサポートしてもらうことで、希望に沿った転職が出来ます。

但し、転職成功率が高いエージェントの中には、転職者の意志に沿わない転職先を強く推してくることもありますので、注意が必要です。

使えない転職エージェントは早々に見切りをつける

専門に特化していても、希望する求人があるとは限りません。また、求人数が多いからと言って自分に合った求人が多いとも限りません。

そのため、登録したのに求人情報を紹介してもらえないとか、希望しているものとは全く違った求人を紹介されるなど、不満を感じることもあります。

信用できない、使えないと思えばその転職エージェントは早々に退会します。

経歴やスキルを正確に細かく登録

自分のキャリアやスキルに合った求人を希望するのであれば、自分の経歴やスキルにうそをつかないことです。

また、登録されている内容が浅ければ、その浅い内容に合わせた求人しか紹介してもらえません。そうすると、全く見当違いな求人が多く紹介されてしまうこともあります。

より良い条件の求人を紹介してもらうためにも、自分の経歴・スキルは出来るだけ正しく、詳細に登録をしておきましょう。

面接前に推薦文の確認

転職エージェントから紹介された求人に応募した場合、担当のキャリアアドバイザーがあなたの推薦状を作成し、応募企業に提出します。

但し、作文の上手いアドバイザーばかりではありませんので、中には経歴を写しただけといった推薦状もあるほどです。

そこで、面接の前にアドバイザーに推薦状を見せてもらうようにお願いしてみましょう。

「面接前に自分を客観的に知りたい」とお願いすれば、大抵は見せてもらえます。

最後に

経理職の場合、キャリアアップが望める職種ですので、キャリアプランも立てやすくまた、転職もしやすいというメリットがあります。

より良い企業でキャリアアップを図るためにも、自分が納得できる転職をするためにも、転職エージェントを活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。