転職を成功させたい40代必見!40代の転職が失敗する理由と成功させるための方法

40代の転職

40代で働いていると、今の会社の業績悪化や職場の人間関係の変化などに悩まされることがあります。

そのため心機一転新しい職場で働きたいと転職を検討する方も多くいらっしゃいますが、やはり新卒時や20~30代の頃とは違って、40代の転職市場には求人数自体が少ないというリスクを考えなければいけません。

ですが40代だからこそいい転職ができることももちろんありますし、諦める必要はありません。今回は40代の転職における、気をつけるポイントや選考への対策などについてまとめたので参考にしてみてください。

40代の転職・再就職事情

ヘッドハンティングなどを除き、普通に転職をする場合40代という年齢ではかなり厳しい現実に向き合わねばなりません。同じスキルをもった40代の求職者と20代の求職者がいたら、ほとんどの企業は20代の求職者を採用します。

それは20代の方が給与が安く済む上、将来性があるからです。組織の年齢構成などの面で新卒ではなく、中途採用で第二新卒を積極的に採用している企業もあります。このことから考えても、40代という年齢で転職活動を行うことは、はっきり言うと不利です。

しかしニーズは少なくても、経験豊富な40代を即戦力として迎えたいと考えている企業もあります。

新卒を大量に採用するような大企業では難しいかもしれませんが、社歴の浅い企業や中小企業、または短期間で新規のプロジェクトを立ち上げたいと考えている企業は、指導力や実践力のある40代の人材を欲しています。特に管理部門では、経験豊富な40代が求められることが多いようです。

つまり、40代の転職においては「これまでの経験をもとに即戦力として活躍できる」ということが求められているのです。新卒や20~30代と同等の立場で転職活動を行うのではなく、このことを意識して転職活動をすると良いでしょう。

40代が転職で失敗してしまう理由

40代で転職活動がうまくいかない場合、下記のような理由が考えられます。選考に進めない、理想の企業が見つからないといった場合には、一度立ち戻って考え方を変える必要がありそうです。

固定概念に囚われている

どうしても40代の転職は難しいため、不採用が続くと「年齢が高いせいだ」と考えて諦めてしまうことが多々あります。実は不採用が続くのは「年齢が高いから無理だろう」という固定概念があるからかもしれません。

最初から「どうせ無理」と思っていては、選考に進んでもスキルや能力をしっかりアピールできません。まずはこの固定概念を取り払う必要があります。

企業は年齢も見ていますが、それよりも自社にマッチングするかどうか、自社が求めている人材かどうか、を重視しています。本当に必要な人材であれば年齢は関係ないので、自信を持って転職活動を行うようにしてください。

過去に囚われている

これまでの自分の経歴や実績などで築いてきたプライドのせいで、転職活動が上手くいかないケースもらいます。

特に大企業に勤めていた方や、年収が高かった方、たくさんの部下を指揮する立場にあった方などは、選考においても知らず知らずそのプライド意識が採用担当者に伝わってしまっていることも。

これまでの経歴や実績はもちろん大切なものですが、働く場所が変われば新人も同然です。「これまではこうだったからこうじゃないと嫌だ」という意識ではなく、「これまではこうだったから、今度はこう活躍する」という意識を持ちましょう。尊大な態度はNGです。

年収を気にしすぎている

40代になると、ある程度社内での地位もできていますし、年収は高くなる傾向にあります。そこから転職すると、年収がダウンしてしまう可能性があります。

このことを気にしすぎて、採用に至らないケースが多々あるので注意が必要です。

転職する以上、前の職場よりも高い年収を希望するのは当然ですが、厚生労働省の平成26年度の調査によると40代の転職で前職より年収が増えた人の割合は約36%です。年収が減少した人は28.5%、変わらなかったという人は34.5%だそうです。

参考: 平成26年雇用動向調査結果の概況ー厚生労働省

このことから考えても40代で転職することで前職より年収を増やすことは難しいといえます。ですから転職活動を成功させるためには、初任給や初年度年収へのこだわりを捨てた方がいいかもしれません。

前職では経歴や実績を評価された上での年収だったはずなので、転職先でも同じです。初任給や初年度年収が低くても、入社後活躍すれば昇給、昇格のチャンスは十分あります。

まずは転職活動を成功させるため、年収を気にしすぎることを止めましょう。

転職で年収を上げる方法 転職で年収アップ!転職で年収を上げる方法と年収交渉のコツ

企業が求める人材を見極められていない

企業が40代の求職者に求めているのは、将来性ややる気よりも若い世代にはない職務能力や実績です。このことを理解せず、若い世代と同じようなアピールをしていては転職活動は上手くいかないでしょう。

それよりも具体的な職務能力や、数字に基づいた実績などをアピールした方が良いです。

マネジメント能力を求められることも多いので、役職経験がなくてもリーダーシップや後輩指導・育成力、チームやプロジェクトのマネジメント力があることをしっかり伝えていかなければいけません。

40代が転職後につまづく壁

うまく転職できたとしても、転職後に思わぬ壁にぶつかることがあります。多くの方が下記のようなことに悩んでいるので、「転職後にはこうなる可能性もある」ということを把握したうえで、それでも転職すべきかどうか、じっくり考えてみてください。

専門的な内容についていけない

未経験職へ転職した40代がまずぶつかるのは、専門的な内容です。職種、業種に対する知識がない場合は、いくら40代だといっても業務に関わる知識は新入社員と一緒です。人間はどうしても年齢を重ねると、新しい知識を吸収しづらくなります。

ですから20代の社員よりも何倍も努力して知識を身に付けていかなければいけません。精神力も体力もいりますし、プライドが崩れてしまうこともあります。それに負けないような気概がなければ、40代での転職は厳しいかもしれません。

わからないことを質問しづらい

新しい環境で仕事を始めると、どうしてもわからないことや自分では処理しきれないことが出てきます。そのとき「40代」という年齢がネックになって、自分より若い世代の先輩社員に質問しづらいという悩みを抱えるかたもたくさんいらっしゃいます。

教える側も新入社員のように手取り足取り教えるというわけにもいかないので、人間関係がギクシャクしてしまうこともあります。

その結果、「40代で入社してきたのに使えない」というレッテルを貼られ、職場の同僚から取り残されてしまうといった最悪のケースもあります。

40代の転職を成功させるポイント

いざ転職活動をすると決めたときに、抑えておいてほしいポイントについてもまとめておきます。そもそもハードルが高い40代の転職なので、コツを抑えて動かないと、効率よく転職を成功させることはできません。

会社に馴染めるかどうかどうかを見られている

40代の転職ではこれまでの実績、スキルがチェックされることはもちろんですが、良好な人間関係を築けるかどうかという点も重視されます。

いくら優秀な人材でも、ほかの社員とうまく人間関係を築けないのであれば、自社には必要ないと判断されてしまいます。

上司が40代以下になってしまうこともあるので、そんなときに年齢をかさにきて尊大な態度をとる人間であったり、逆に卑屈になってしまうような人間では、社内の環境が悪くなってしまいます。

ですから面接の際は「これまでに良好な人間関係を築いてきた」ことをアピールする必要があります。明るく前向きな表情で対応することも必須です。

職務経歴書に工夫をする

これまでの経験が多い40代は、職務経歴書がどうしても長くなってしまいます。大学卒業からすべての経歴と実績を事細かに書いていると、要点が何かわからず、ただ長いだけの職務経歴書になってしまいます。

それでは人事担当者に印象を残せないので、応募先企業で生かせる経験や実績を強調して記載するようにしましょう。書き方も時系列に並べるのではなく、現在から過去にさかのぼって逆年代で記載するのも良いでしょう。

転職の理由は本音を隠して伝える

面接では必ず転職するに至った理由を聞かれることでしょう。ですがここではっきりと本音を言う必要はありません。労働環境が厳しく仕事がつらくなったので、もう少しゆったりと働ける職に転職したいという場合なら、家庭環境や心身への影響を理由に。

人員削減でリストラされ、やむなく転職せざるを得ない場合なら、会社の将来性に不安を感じたことや自身のキャリアプランにそぐわなかった旨を理由にしましょう。

このように転職の理由は、生活環境や自身のキャリアなどをうまく組み合わせて複合的な内容にするのがベストです。妻子のことや両親のことなど、抱えるものが多い40代だからこそ、前向きな転職理由も考えつくはずです。

もしネガティブな理由から転職を考えたのだとしても、それをストレートに伝えてしまうのはNGです。まだまだ未来がある20代と違って、40代は心身の衰えが仕事への意欲や集中力にも大きな影響をもたらします。

人事担当者もそのことを実感しているはずなので、「この人はまだまだがんばれそうだ」と思わせなければいけません。

40代の転職で重視されるマネジメントスキルとは

40代の転職で重視される、マネジメントスキルがどういったものなのかもしっかり把握しておきましょう。

現職で管理職に就いていないという場合でも40代になれば部下や後輩もいることでしょうし、日常の業務の中で彼らを指導したりアドバイスをする場面もあると思います。

チームを組んで業務に取り組んでいる場合もあるでしょう。そういった経験も、マネジメントスキルに通じます。

また、面接では「マネジメントとは何か?」という質問をされることがあります。この質問にも、きちんと答えられるようにしておかなければいけません。

とはいっても「マネジメントとは何か?」にはっきり答えられる人は少ないのが実情です。

マネジメントとは、組織のトップと現場をつなげて、組織のパフォーマンスを最大限に高めるための仕組みを作ることです。つまりマネジメントに携わる人は、自分の属している組織への理解を深め、自分がどう動けば組織がうまく回るか、ということを考えなければいけません。

そのためには社内の人間のスキルや能力を把握し、適切な業務に担当させる必要があります。そして適正な評価を与えたり、社内の円滑なコミュニケーションをとるなど、マネジメント担当者は種々のことに気を配らなければいけません。

マネジメントは直接売り上げを生み出したり、生産数をアップさせたりするものではありません。そのため外からはわかりづらいのですが、マネジメントスキルはとても大切なものです。

40代で転職を成功させる具体的な方法

転職を成功させるためのポイントもお伝えしておきます。まず大切なのは、これまでの経験が活きる職種で転職先を選ぶことです。未経験で要する業界や職種に、40代で転職するのは厳しいのが現状です。

ですが特に語学力やIT系、金融系のスキルを持っている場合は、経験豊富な40代が重宝されます。いい条件で転職をしたいと考えているのであれば、転職活動の前にこういったスキルを高めておくことも良いでしょう。

転職エージェント、転職サイトを利用する

自分の市場価値を見極めて、転職を成功させるためには転職エージェントや転職サイトを利用するのが一番です。転職エージェントに登録すればキャリアアドバイザーがついてくれ、転職を希望している企業の分析や、面接などのサポートを行ってくれます。

転職後のミスマッチを防ぐことも転職エージェントの役割なので、インターネット上の情報だけではわからない企業の内部事情を教えてくれることもあります。

選考が終わって内定したあとも、年収や待遇面での条件交渉も依頼することができるので、自分ひとりで転職活動を行うよりも効率的に転職活動を進めることができるはずです。

転職サイトでは24時間いつでも自分のタイミングで求人を検索することができます。

希望条件にマッチした求人情報をメールで受け取ることもできるので、働きながらの転職活動も可能です。20〜30代ばかりでなく、40代からの求人も多数掲載されています。

転職活動をするなら、こういったサービスを利用しましょう。40代の転職におすすめの、転職エージェントと転職サイトも紹介しておきます。

40代におすすめの転職エージェントと転職サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートが運営している転職エージェントサービスです。

業界でもトップの求人数が掲載されており、豊富な転職実績を誇っています。キャリアコンサルタントの質が高いことでも有名で、40代の転職でも多くの求人を紹介してもらうことができます。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

doda

doda

人材サービス大手のパーソルキャリア株式会社が運営している転職エージェントです。

10万件を超える業界トップクラスの求人数が掲載されていることと、求人紹介を担当するキャリアアドバイザーと企業の内部情報の提供を担当する採用プロジェクト担当の2人体制で転職活動をサポートしてくれるのが特徴です。

紹介してもらえる求人にも定評があるので、求人を探すことに苦労している方や、できるだけたくさんの求人を知りたい方におすすめです。

リクナビネクスト

リクルートが運営している転職サイトです。サイトに登録すると、登録している人だけが見ることのできる非公開求人が多数あります。

求人の質と量は業界トップクラスなので、転職を考え始めたタイミングで登録しておくことをおすすめします。

▽その他40代におすすめの転職エージェントはこちら

40代におすすめの転職エージェント 40代におすすめ!40代の転職を成功に導く転職エージェント9選

40代で未経験の職種へ転職できる?

40代で未経験の職種へ転職することは確かに難しいですが、まったく不可能というわけではありません。企業は他業種からのノウハウを取り入れたいと考えていることもあるからです。

企業が求めている職務のスペシャリストであれば、未経験の職種でも問題なく転職できるでしょう。

同業に転職する場合は即戦力としての活躍が期待できるので有利ですが、その反面で「なぜ同業界に転職するのか」という疑問を持たれることもあります。

同業界ゆえに、前職の企業とのトラブルも懸念されます。そういった意味では、まったく経験のない職種へ転職するほうが有利とも言えるのです。

未経験の分野への転職では、配達・集荷のスタッフ、警備員、建設現場のスタッフ、一般事務などの仕事があります。これらの職種では人手不足が続いているので、年齢問わず求職者が歓迎される傾向にあります。

まとめ

40代で転職を考えている方へのアドバイスをまとめてみました。40代の転職活動は決して簡単なものではありませんし、理想通りにいくとは限りません。

しかし自分の市場価値を知り、しっかりとこれまでに培ってきた経験やスキルをアピールすることができれば不利というわけではありません。

不採用が続いても諦めず、いい転職先を見つけてください。転職サイトや転職エージェントを利用することも忘れずに。

40代におすすめの転職エージェント 40代におすすめ!40代の転職を成功に導く転職エージェント9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。