30代女性の転職は難しい?転職を成功させるための方法

30代女性の転職

30代での転職は、20代に続いて人数が多いとされています。さらに、転職者の半分以上は、女性。男性よりも、女性のほうがキャリアに対して意識が高い傾向がある証拠ともいえます。

しかし、実際に30代女性が転職活動に臨むと、20代に比べてハードルが高くなりがちです。それは一体、なぜなのでしょうか。

この記事では、30代女性の転職について解説していきます。

30代女性の転職が難しい理由は?

どうして30代女性の転職は難しいとされているのでしょうか。以下に主な2つの理由をご紹介します。

即戦力を期待されるから

30代という年齢は、「即戦力になれるかどうか」が非常に重要視されます。

20代の転職は、その人物の「伸びしろ」が期待されます。たとえ現段階でスキルや経験がなくとも、新人教育に力を入れて、じっくりと育てていこうと企業は考えます。

一方の30代は、即戦力が期待されます。いままでの実務経験や実務実績がどれくらいあるのか、そして管理職としての素質があるのか、などが求められるのです。ですので、経験や実績がないと、転職に成功するのは難しいと言ってもいいでしょう。

結婚や出産といったライフイベント

30代女性の未婚者の場合、採用する企業側にとっては、今後結婚する可能性を考慮します。結婚を機に仕事を辞めることになれば、それまでの教育が無為になるのを恐れるのです。

また、すでに結婚している女性の場合であれば、出産の可能性が考えられます。育休や産休を取得されれば、人手不足になってしまいます。

仮に産休後に復帰する予定だとしても、子供の急な体調不良などにより、早退や休みになる機会が多くなることでしょう。

育休や産休制度が充実していたとしても、入社したてですぐに取得するとなると、会社側にとっては仕事に支障が出てしまう可能性もあります。ですから、30代女性の採用には、企業は慎重になるのです。

30代女性の転職成功率はどれくらい?

実際に、30代女性はどのくらい転職しているのでしょうか。総務省統計局が公表しているデータを参照に、実際の転職人数を見てみましょう。

  • 転職を希望する人数は、女性全体であわせて毎年「約320万人」
  • そのうち、30代女性の割合は「27%」ですから、毎年約「86万人」
  • その86万人のうち、実際に転職に成功した女性は、年間およそ「40万人」

参考:労働力調査(詳細集計) 平成30年(2018年)4~6月期平均- 総務省統計局

つまり、「86万人」のうち「40万人」が実際に転職しているので、転職成功率は50%であるといえるでしょう。

30代女性が多い転職先は?

30代女性に人気の職業は、主に以下のようなものがあります。

  • ツアーコンダクター
  • 一般業務(営業事務、受付など)
  • フラワーコーディネーター
    (女性のための求人・転職サイト「とらばーゆ」参照)

上記の職業に共通しているのが、「人とコミュニケーションを取る仕事」だと言えるでしょう。

ツアーコンダクターやフラワーコーディネーターは、お客さんの求めるものを察知する能力が重要視されます。

事務などの一般業務に関しても、社内の人たちや取引先とのコミュニケーションが大事です。
また、ツアーコンダクターやフラワーコーディネーターに関しては、専門性も求められる職業だと言えるでしょう。

転職先を探す際には、仕事の内容そのものよりも、

「専門性のある仕事がしたい」
「英語を活用したい」

といった「自分が仕事に求めること」を明確にした方がいいでしょう。

さらに、

「残業はあまりしたくない」
「土日祝日は休みたい」

といった、自分が希望する「仕事の条件」も考慮しておきましょう。

30代女性が転職する際に注意するポイントは?

30代女性は、結婚や出産といったライフイベントや、今までの実績や評価が重要視されてしまうため、他の年代に比較して難しい場合が多いです。

しかし、30代女性で実際に転職している人もいますから、諦めることはありません。

では一体、転職する際にはどのようなポイントを抑えれば成功しやすいのでしょうか?
以下でご紹介します。

安易に転職先を選ぶのを避ける

「3年以内には結婚して家庭に入るから、今は契約社員でいいや」などといった安易な理由で、転職先を探すのはオススメしません。

確かに契約社員は、正社員と比較すれば、30代女性でも転職できる可能性は高くなります。しかし、もしも40歳になっても独身のままならどうしますか? 契約が切れてしまえば、また職を探す羽目になってしまいます。

希望する派遣社員の仕事が、「手に職がある」「スキルが付きやすい」といった、次の転職にも活かせる職であれば問題ないでしょう。しかしそうでない場合、転職先を安易な理由で選択するのは避けましょう。

今後のキャリアを見据えて選択する

転職をする際には、今後のキャリアも見据えて転職先を選ぶのがベストです。

「なんとなく」な転職理由だと、面接の転職理由を述べる時に説得力がないものになってしまいます。なによりも、入社してから後で「こんなはずじゃなかった…」と後悔する羽目にもなります。

まずは、今後の将来でどういったキャリアを歩みたいのかを明確にしてから、転職先を選ぶようにしましょう。

結婚や出産などのライフイベントについて考えておく

30代女性にとっては、結婚や出産がリアルに考えられる時期でもあります。受け入れ先である企業も、入社後の結婚による辞職、妊娠による産休や育休を第一に心配します。

未婚であれば「いつまでに結婚したいのか」、既婚者で子供がいなければ「子供はいつまでに作る予定なのか」、幼い子どもがいれば「子供の急な病気の時はどうするのか」などを、真剣に考えましょう。

また、家族からのサポートが得られることなどを面接の時に説明できれば、転職に成功しやすいとも言えます。

また転職する前には、現在勤めている会社で、産休や育休の援助してもらえないか交渉するのも大事でしょう。長年勤めてきて貢献してきた企業なら、充実したサポートが受けられる可能性もあります。転職活動前に、そういった制度を確認し、相談してみることも大事です。

転職先企業が女性を受け入れてくれるか調べておく

30代女性が応募されれば、受け入れ先の企業はどう思うでしょうか?
本音の部分を話せば、未だに「女性差別」の考えが根強く残っている企業が多いです。

  • 女性は結婚や妊娠すれば、すぐに辞めるだろう
  • 子供の世話を優先するあまり、仕事が疎かになるだろう
  • 女性だから、男性よりも能力は低いだろう

上記のような偏見で、実際に30代女性の採用を避けている企業もあります。

もしも転職したい企業を見つけたのなら、転職先で実際に働いている女性の話を聞いてみるのが大事です。

また、妊娠しても仕事を続けたいと考えているのなら、育休制度などが充実しているかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

情報収集は広く行う

現在ではネットでの情報収集が主力となっています。ですが実際に情報を収集する際は、知り合いや身近な人たち・本・採用情報・OG訪問など、広く収集するようにしましょう。

情報集収は、以下の点に注意しておくと良いでしょう。

  • 採用条件や待遇にこだわりを持ちすぎないようにしましょう。応募できる企業の数が限られてしまいます。
  • 同世代の女性からの情報は特に役に立ちます。育休や産休などの制度は整っているのか、女性に対する差別や偏見などはないか、などをチェックしましょう。

第一条件を考える

「残業は少ないほうが良い」「育休は必ず取りたい」「仕事のやりがいがほしい」「場所が近いほうがいい」…など、勤務希望条件が複数あると、転職先を絞ることが難しいです。

何を一番の条件にするのか、最初に定めておくことが重要です。自分の第一条件を軸にして、転職先を決めましょう。

キャリアアップできる環境かどうか見定める

結婚や出産を経ても仕事を続けたいのであれば、キャリアアップについて積極的に考えておきましょう。

実績や経験を積んでおけば、たとえ育休でキャリアが中断しても、次の転職先を見つけやすくなります。そこの企業でどんなキャリアが積めるのか、どんなスキルが身につくのか、などをよく考えておきましょう。

チャンスが多くある環境を自ら選べば、今後のキャリアに大きく影響してきますし、仕事へのやりがいにもつながっていきます。

決して焦らないこと

転職活動は、すぐに決まらないことが多いです。半年や一年といった長期戦になることもしばしばですから、長期に渡ることを心得ておきましょう。

「すぐに転職したい」と焦ってしまっては、転職先や自分のキャリアについて冷静に分析できず、結果として後悔する羽目になります。

さらに長期的に活動していけば、自分の中での希望条件が固まってきたり、企業を見る目が養われていきます。決して焦らずに、気持ちに余裕を持って転職活動を行うようにしましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職活動で一番多いのは、求人サイトを活用する方法だと思います。会員登録をするだけで、自動的にスカウト情報が入ったり、役に立つ情報が手にできたりと、何かと便利ですよね。

ですが、求人サイトを経由して応募すると、応募者が比較的多くなりやすいです。そのため、30代女性の場合、応募時の書類選考などで落ちやすくなってしまいます。

ハローワークで探す手もありますが、そこで募集されている求人は、面接基準が甘くなっていたり、年齢やスキル条件などが緩いので誰でも応募できたりするので、競争率も高いです。

30代女性の転職にオススメしたい方法が、転職エージェントを利用することです。

担当のエージェントが客観的にあなたを分析してくれます。そしてあなたの悩みや相談に、親身になってアドバイスをくれるはずです。

なによりも、企業の紹介のみならず、面接の段取りや企業との条件交渉までも代行してくれます。まさに、一人ひとりの希望条件にマッチするように、転職をサポートしてくれる心強い味方なのです。

30代におすすめの転職エージェント 30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

30代女性が転職の際の面接でアピールすべきポイントとは?

転職活動において面接はとても重要です。それでは30代女性が転職に成功するためには、どのような面接アピールが有効なのでしょうか。以下でご紹介します。

勤務期間や業務経験などをアピールしよう

30代女性の転職で重要なのは、「その企業で長期間に渡って働きたい」旨をアピールすることです。

受け入れ先の企業が30代女性を採用する際に一番気がかりなのが、「結婚や妊娠といったライフイベントで辞めるのではないか」という点です。

「○年の間は仕事に集中したい」「結婚しても仕事を続けるつもりです」といった、働く意欲をアピールすれば、採用されやすくなるでしょう。

同時に、自分の持っているスキルや経験をアピールしましょう。

今までの職歴を述べるだけではなく、そこでどんなスキルを身につけたのかを述べるのです。たとえば事務職であれば、資料の管理能力や丁寧な電話対応などがアピールポイントになるはずです。

どうしてもスキルに自信がないのなら、資格を取得するのも一つの方法です。独学で取得したり、ハローワークなどの講座や訓練を利用するのもオススメです。

ハローワークでは、民間の教育訓練機関が厚生労働大臣の許可を受けて開催している職業訓練もありますから、スキルアップのためにも、ぜひ利用しましょう。

職業訓練には、主に2つのコースがあります。

  • 「基礎コース」…パソコン操作といった基本的な職業能力を身につけられる。ビジネスパソコン基礎科、CADオペレーター科など。期間は2ヶ月~4ヶ月。
  • 「実践コース」…実践に使える専門知識が習得できる。経理・総務事務実践科、簿記・会計マスター科、電気設備技術者養成科など。期間は3ヶ月~6ヶ月。

他にも、公共職業訓練といったコースも用意されています。

国・都道府県が主体となった施設内訓練や、民間教育訓練機関が主体となった訓練があり、およそ半年から2年という長期に渡って学んでいくコースです。より専門的なことを学びたい人にはオススメです。

参考:公共職業訓練校情報 | 東京労働局

専門能力や指導能力をアピールしよう

上述のように、20代の転職であれば、たとえスキルが不足していたり未経験であっても、教育しやすいといった理由で採用されやすいです。

しかし、30代という年代は、どうしても「即戦力」が期待されます。そのため、今までの経験が活かせる同業種への転職が有利になります。

特に「マネジメント能力」や「専門知識」があれば、積極的にアピールしましょう。

仮に、企業の募集要件に「30歳まで」「35歳前後希望」と記載されていても、諦める必要はありません。

あくまでもそれは企業側の目安ですので、絶対条件ではない場合が多いです。その企業で通用するスキルや経験があるならば、たとえ年齢制限を過ぎていたとしても、気にせずにアタックしてみることが重要です。

ただし、「第二新卒募集」や「20代が大活躍のオフィス」といった、明らかに20代を求めているような記載がある場合は、応募は避けたほうが無難です。

30代の転職 30代の転職を成功させるコツと注意点とは?プロが教える転職方法

まとめ

世間一般的には、「30代女性の転職はハードルが高い」と認識されています。

結婚や妊娠といったライフイベントが控えていたり、即戦力になる人材かどうかなどが要因となり、20代の頃と比べればどうしても難しくなる傾向があります。

安易な企業選択をしてしまうと、せっかく転職に成功しても「なんとなく合わないから」といった理由でやめるのが難しくなります。再び転職に成功したとしても、以前と同じ役職に就ける可能性が低くなりますし、キャリアアップも望みにくくなるからです。

しかし、事前にしっかりと準備をしていけば、恐れる必要はありません。

自分の将来プランをしっかりと見据えながら、希望条件を絞り、企業を見定め、転職エージェントを活用するなどして、戦略的に転職活動を行っていきましょう。

30代におすすめの転職エージェント 30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。