30代に多い転職理由には何がある?30代が転職する理由を徹底調査

30代に多い転職理由

昔は、「一つの会社で定年まで働く」が主流のスタイルでした。ですが現在では、働き方改革や経済の変化などのさまざまな変化により、多様な働き方が認められてきました。そのため、30代になって転職することも珍しくないです。

しかし、いくら30代の転職が多くなったとはいえ、今後のキャリアプランを考えなければなりません。
この記事では、30代が転職する理由や志望動機を良くする方法などをご紹介していきます。

30代に多い転職理由とは?

以下に、30代が転職する理由をご紹介していきます。

自分のスキルを磨くため

30代の転職理由のトップが、「スキルアップのため」でした。

転職先で新たな知識やスキルをつけたい。
その企業の業種を経験したい。

一定の経験を積んだので、もっと専門のスキルが磨ける環境へいきたい。
そう考える30代の転職者は多いです。中には、一度退職をして、資格を取得してから新たな職へ就くケースもあります。

20代の頃は、その人物の「伸びしろ」が期待されますから、スキルがなくても転職しやすいと言えます。しかし30代は、「即戦力」が期待されます。今までの実績や経験が重視されますので、未経験への業種の転職は、しっかりとしたキャリアを積まないと厳しいかもしれません。

生活・環境が変化したから

30代になれば、結婚や出産といったライフイベントや、親や親戚が病気になって介護が必要、といった変化もあるでしょう。

プライベートに時間を割くため、「残業を減らしてほしい」といった働き方の相談を上司にしたものの、聞いてくれなかった…。その場合、転職を考える人が多くなります。

他にも、

  • 産休や育休を申請したら「会社を辞めろ」と言われた
  • 家族の介護のために短時間勤務を申請したけど「そんな制度はない」と拒否された
  • 残業が多い、早朝出勤が多く重なり、体調を崩した

などの理由で、30代と同じように働けなくなり、転職を決意する人もいます。

勤め先の企業に不安や不満があるため

勤め先の企業が赤字経営であったり、規模の縮小が目立つようになると、「果たしてこの会社は大丈夫なのだろうか?」と不安に感じるでしょう。

勤め先が倒産してしまえば、自分も無職になってしまいますよね。家族がいるならなおさら、転職を考え始める人も多いと言えます。

また、「残業が月に100時間ほどある」「土日に休みが取りにくい」といった、労働環境に不満があるケースも、もっといい環境に行きたい・ワークライフバランスを重視したい、と転職を決意する人が多いです。

給料アップのため

20代の頃はがむしゃらになって仕事に励んでいた人でも、30代になれば体力や時間に制限が出てきます。30代になって冷静に振り返り、給与や昇給が想像していたよりも進んでいない…と悩む人は多いです。

  • 特に重要なポジションに就いたのにも関わらず、給料に変化が見られない。
  • 自分より上の世代である40代、50代の上司を見ていても、給料がアップしているように感じない。
  • 結婚や子供が生まれたために家計が苦しくなった。

上記のような理由により、30代は転職を意識していくようになります。

40代ともなると、転職はさらに厳しくなります。自分のスキルアップや給料アップ、ライフバランスを充実させたいと考えるなら、30代での転職は最適だと言えるでしょう。

30代の転職は、転職理由をしっかりと考えよう

30代の転職は、複雑な心境を抱えながら転職を決める人が大半なのではないでしょうか。たとえば、

  • 人間関係に耐えられなくなって転職を決めたのだが、仕事の内容自体に不満はない
  • 勤め先企業の将来が不安なので転職を考えたのだが、そこでは多くの経験が積める

など。

上記のような心境で転職を考えるのであれば、「悪い部分が改善することによって自分がどう改善されるのか」を考えてみると、転職理由がポジティブになるでしょう。
上記の例であれば、

  • 人間関係が改善すれば、仕事にもっと励める
  • 勤め先企業が安定すれば、もっとスキルアップできる

すると、転職する際の強い動機にもなります。
「仕事に集中したい」「スキルアップしたい」という正直な気持ちが、しっかりとした転職理由ですから、そこをアピールすると良いでしょう。

30代の転職は、転職理由・志望動機・自己PRをしっかりと準備しよう

上記の方法で自分の「転職理由」が見つかったなら、それを上手く表現して伝えるのが重要です。特に、「志望動機」や「自己PR」と関連付けておきましょう。

もしも、志望動機や自己PRがバラバラだったりすると、一貫性がなくなり、採用されづらくなってしまいます。

たとえば「スキルアップをしたい」という転職理由だったなら、志望動機を「ここの企業ならこういった経験をつめてスキルを磨けるから」、自己PRを「今まではこういう経験を積んでスキルがアップしました」、といった具合です。

特に、「転職理由」「志望動機」「自己PR」の3つが「転職先に貢献できること」につながっているとベストです。すると面接官にも「しっかりとした応募者だ」といい印象を与えることもできるでしょう。

面接官は、「応募者が転職に対して一貫した姿勢があるかどうか」を重要視しています。一貫性があるということは、「その仕事に対して真剣に向き合っている」「やる気を感じられる」「自分の将来に対してしっかりとマネジメントできる」と受け止められるからです。また、しっかりとした軸があれば、信頼してもらいやすいです。

30代の転職は、強い動機が必要となります。他の応募者と差をつけられるポイントでもありますから、しっかりと準備して面接に臨むようにしましょう。

転職面接の志望動機 転職面接で志望動機を聞かれたら?答え方のポイント 転職面接における自己PR 転職面接における自己PRのコツと採用を勝ち取る例文まとめ

まとめ

30代の転職は、現状に不満があるために転職希望する人が大半だと思います。ですが、転職の際の志望動機が最重要です。以下のようなポイントを抑えながら、しっかりと準備しておきましょう。

  • 「転職理由」「志望動機」「自己PR」の3つを関連付けながら、一貫性をもたせる
  • 志望動機が転職先にてどういった貢献に繋がるのか

もしも、転職理由が浮かばず悩んでいるのなら、「30代転職に実績のある転職エージェント」に依頼するのがオススメです。

担当のエージェントが、あなたの悩みや不安の相談に乗ってくれます。アドバイスをくれたり、志望企業を一緒に探してくれたりと、心強い味方になってくれるはずです。一人で悩むよりも、転職エージェントを是非活用してみましょう。

30代におすすめの転職エージェント 30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。