30代で未経験の仕事に転職出来る?未経験でも転職しやすい業種・職種

30代で未経験の仕事への転職

「仕事が忙しいのに、なかなかお給料が上がらない」「将来に不安しかない」「現状を打破したい」など、30歳を過ぎてから転職を考える方がいます。

30代でも転職が難しいわけではありません。その職種が経験職種であればですが・・・。

今の仕事を辞めて、新しい仕事がしたいと思うのに年齢は関係ありません。50代、60代でも新しいことにチャレンジしたいという思いはあります。

ですが、それが仕事となると難しいのが現実です。

ここでは、30代未経験では「なぜ転職が難しいのか」「転職できる職種や業種があるのか」「ベースアップは望めるのか」などについて解説していきます。

なぜ「未経験OK」と書いてあるのに30歳以上は断られるのか?

未経験OKの企業に応募したのに、29歳は採用されて30歳は採用されないということも、現実的には良くある話です。

現在、法律で年齢制限を設けて求人を出してはいけないことになっています。そのため、これまでは募集条件の年齢の欄に「30歳未満」「20~25歳」とはっきり書けたのですが、今では「不問」としなければなりません。

企業側の本音としては、30歳を超えた未経験者は欲しくないのですが、それを声を大にしていうことが出来ない現状があります。

では、どうして30歳以上の未経験者を採りたくないのでしょうか?

30代の未経験者が企業から嫌われる理由

  • 年収が高い
  • 専門的知識がなく、教えるのに時間がかかる
  • 教育係が新人よりも年下となる
  • 教育しても使えるようになるまでに時間がかかり、気付けば管理職の年齢になっている
  • プライドが高く、教えを乞う姿勢がない

これらの理由について、1つ1つ解説します。

年収が高い

日本の企業の多くは、今でも給与や役職に「年功序列制度」を用いています。

つまり、未経験であっても30代となればそれなりの給与・人件費が必要となります。

ですが、未経験ということは、言葉は悪いですが「仕事では使い物にならない見習い」です。

20代であれば人件費もまだまだ安く、「見習い」を育てながら支払うのには負担が無いと考えられます。

ですが、30代の求めるような人件費を払いながら「見習い」を育てるのは企業側としても負担でしかありません。

では、30代の未経験者も20代と同じ給与で採用できるかというと、それも難しいのが現実です。

いくら本人がそれでも構わないといったところで、仕事を覚え始めれば考え方も変わってきます。同じ職種の同年代の方に比べ安い給料で働くことに不満を覚えるようになります。

その不満はいずれ会社に向けられることになります。そのまま転職を考えてくれればいいのですが、30代での転職が難しかった経験から次の転職に踏み切ることが出来ません。そのため、不満を抱えたまま仕事をすることとなり、仕事への意欲が薄れ、周りにも悪影響を与えるようになります。

企業側にとっては厄介なお荷物となってしまうのです。そのようなリスクが高い人材を雇いたい企業はありません。

専門的知識がなく、教えるのに時間がかかる/教育しても使えるようになるまでに時間がかかり、気付けば管理職の年齢になっている

例えば、これまで全く経験が無いのにいきなりWebデザイナーになりたいといっても知識が無ければできません。

HTMLだけでなくCSSも同時に覚えなければならず、更に写真加工やデザインのソフトの使い方も同時進行で覚えていかなければなりません。

それらを覚えても、1人前として仕事を受けられるようになるまでに時間がかかります。

設計という仕事も同じです。特に建築設計や建築デザイン、インテリアデザインという仕事は、資格が必要となる仕事でもあります。

建築基準法を覚えるだけでなく、建築の構造・使用している材料など、多岐に渡って勉強をしなければなりません。

筆者は以前機械系技術者育成の職業訓練で就職支援をしていたことがあります。その時に、OJT先の方から聞いたのが「未経験者が使い物になるまでに10年はかかる」という厳しい言葉です。

30歳を過ぎて仕事を覚え一人前になった頃には40代管理職の年齢です。

そんな長い時間をかけて育てるだけの魅力が30代の転職者にはないというのが、多くの企業の意見なのです。

教育係が新人よりも年下となる/プライドが高く、教えを乞う姿勢が無い

20代後半ともなると、職種によって違いはありますが、ある程度責任のある立場に立ち新人教育を任されることもあります。

自分よりも年上の新人を1から教育するのは、教育係としてもやり辛い部分があります。

同様に、30代ともなればこれまでの社会人経験で培ってきたスキルがありますし、何より自分の仕事や経験に対するプライドというものがあります。

そのブライドが邪魔をして、年下に教えを乞うことが出来なくなってしまいます。

人によっては「年下に教えてもらうことはない」と、無意識に拒絶をしてしまうこともあるようです。

そのため、中々仕事が覚えられずその責任を教育係に転嫁してしまいます。

勿論、全ての30歳以上の方がそうだというわけではありません。中には謙虚に教えを乞う方もいます。

ですが、企業側としては育てるのに時間がかかるだけでなく、既存の社員と問題を起こすかもしれないからと、30歳以上の未経験者を嫌うのです。

30代未経験でも狙える転職先とは?

30代未経験だからと言って全く採用されないわけではありません。

30代ともなれば社会人として10年以上働いてきた経験があり、培ってきたスキルがあります。未経験であっても、それらの経験やスキルを活かせる仕事を狙っていけば、採用される可能性は高くなります。

異業種の経験職種を狙う

経験職種であれば、異業種であってもこれまでに知識やスキルを十分に活かすことが出来ます。入社後に覚えることも、これまでと違う業種で必要とされる知識だけです。

同じ職種ですので、企業側としても育てるのに時間がかかるわけでもなく、むしろほぼ即戦力として使えるというメリットもあります。

但し、いくら経験職種でも専門知識や資格を必要とするような職種の場合、採用されないこともあります。

経験業種の異職種を狙う

これまでに経験してきた業種の中で違った職種にチャレンジするという方法です。

筆者がこれまでに実際に目にしてきた例を以下に上げてみます。

  • 大工 ⇒ 設計士

大工さんは、建築現場で実は設計士よりも建築構造に詳しく、時として設計士にアドバイスをすることもあるほど知識を有しています。

この方は、ほぼ独学で勉強をして1級建築士の資格を取りました。

  • 薬剤師 ⇒ 医者

薬剤師として働いていた方が、一念発起して医学部に入り直して医師免許を取得しました。

  • 機械部品加工 ⇒ 3DCADを使った加工モデルの制作

CADは未経験でしたが3DCAD(CATIA)の操作を学び、加工する側ではなく、加工モデルを製作する側に変わりました。

このように、これまでの職種で得た知識に加え、新しい知識や技術を身に付けて同じ業種の中で職種を変えるという方法もあります。

上記2つの例は資格も必要となるので、特殊すぎる例かもしれません。ですが、3つ目の例は特に資格は必要なく、新しい技術を身に付けるだけで転職を成功させました。

業種が同じであれば必要とする知識に大きな違いはありません。新たな技術を習得することで、転職の可能性が広がります。

30代が異業種・異職種に転職するには?

人手不足の職種を探す

30代未経験で転職を成功させるためには、経験職種や経験業種での転職をお勧めしました。

それでも全く違った業界で、これまでとは違う仕事がしたいと望む場合は、現実を見て狙える職種を探すようにします。

厚生労働省や各都道府県のハローワークなどが発表している「有効求人倍率」の一覧表を見ると、倍率が高い求人が意外と多いことに気が付きます。

例えば、求人倍率「1.00」であれば求職者1人に対して求人1つです。求人倍率が「3.00」なら求職者1人に対し求人は3つと多くなります。

この、求人倍率が高い職種というのは、慢性的に人手不足で常に求人を出しています。

そのため、30代未経験であっても本人にやる気・熱意があれば、採用される確率が高くなるのです。

求人倍率が高く慢性的に人手不足の職種

営業職

営業職は、どの業種でも求人が出ています。30代未経験でも一部上場企業へ転職する可能性もあります。

介護職

介護の分野では慢性的に人手不足です。特に、介護では男性の手が欲しい場面が多くあり、男性の介護職はどの職場でも歓迎されます。

ドライバー

タクシー、ハイヤー、バス、トラックなど、ドライバーの種類も様々です。

ですが、外国人旅行者が増えているような観光地では、外国語が出来るタクシードライバーは歓迎されているようですし、需要も増えているようです。

事務系職種

人事や経理などは経験者を求めますが、一般事務・OA事務、営業事務、総務事務は未経験での募集も少なくありません。

但し、職種による男女差別をするわけではありませんが、特に一般事務の場合は女性が優先的に採用される傾向にあることを知っておきましょう。

未経験から事務職に転職する方法 未経験から事務職に転職するにはどうしたらいい?転職のプロが徹底解説
サービス業

サービス業にも色々ありますが、「接客が苦手」「夜遅いのはイヤ」「土日休みじゃないのはイヤ」などとわがままを言っていては、仕事はありません。

完全に視野に入れないのではなく、求人情報をしっかりと読み込んで、仕事内容を理解し検討してみましょう。

自分の経験・スキルを活かせる職種を探す

異職種であっても、これまでの自分の経験やスキルを活かせるのであれば、転職の可能性は高くなります。

コンサルタント

コンサルタントとは「専門的知識や経験から、クライアントの抱える問題の相談にのりアドバイス・解決する人」のことです。

経営コンサルタントやイベントコンサルタントなどのほか、転職をサポートするキャリアコンサルタントなど、様々なコンサルタントがあります。

これまでの経験や知識を活かすことが出来れば、コンサルタントという職種への転職も可能です。

インストラクター

例えば、Webデザインやプログラミングの仕事をしていたとしたら、それらの経験と知識を活かしてパソコンスクールなどでインストラクターになるという方法もあります。

人に教えることが好き、人と接することが好きという方に向いています。

30代未経験での転職に失敗しないためには?

企業が30代に何を求めているのかを知る

30代と言ってもアラサーとアラフォーでは、企業が求めるものが全く違っていることを知っていますか?

30代の転職者に多くの企業が求めているのは「即戦力」です。そのため、30代の未経験者を採用する企業が少なくなるのです。

ですが、30代前半であれば

  • 近い将来事業の中核を担えるかもしれない
  • 変化への対応力がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 問題解決力がある

など、将来的な可能性を見出すことが出来れば採用される可能性もあります。

特に、求職者本人に将来に対する明確なビジョンがあり、キャリアプランが明確であれば尚のこと採用の可能性は高くなります。

一方アラフォー、つまり30代後半の場合、これまでの経験・知識・人脈・スキルなどが企業の利益に貢献できるかどうかが求められます。それに加えてマネジメント経験も同時に求められる傾向にあります。

30代後半は30代前半に比べて、未経験職種への転職はさらに厳しくなります。

30代未経験職種への転職を成功させるポイント

自分の強みを知る

今まで積んできた経験の中で、自分に何が出来るのかを知らなければ、どのような転職であっても成功しません。

特に未経験職種の場合、自分の強みをその企業・仕事で活かすことが出来るのか、貢献できるのかがポイントとなってきます。

そのためにも、自分に何が出来るのかを知る必要があります。

応募先企業がどのような人材を求め、どのようなスキルを求めているのかを知り、それに自分のどのスキルが合っているのかを考えてアピール方法を検討します。

必要な資格や技術は転職活動の前に取得

本気で異職種への転職を望むのであれば、その職種に必要な知識・資格・技術は、転職活動を始める前までの取得しておく方がベストです。

少しでも早期で転職を考えるのであれば、現在勤めている企業を辞める前に資格取得のために勉強を始めます。

また、ハローワークで紹介している離職者の為の職業訓練があります。

この制度を利用すれば、給付金を貰いながら勉強が出来ますし、その間にも就職活動が可能となります。

ハローワークへ行かなくても各都道府県で実施されている職業訓練の情報は、HPで確認できます。

自分が受けたい講座の情報を検索し、応募締め切りに間に合うようにスケジュールを立てて現在の仕事を辞めるという方法もあります。

自分が住んでいる都道府県外の講座も、通うことが出来るのであれば受講できます。

全くの未経験・知識なし・技術なしで未経験職種にチャレンジするよりも、前もってある程度の知識を得てからチャレンジする方が、転職の可能性が広がります。

給与が下がることを覚悟する

現在の待遇に不満を持って転職を考えている方もいるかもしれません。

ですが、未経験職種への転職ともなれば、当然初任給を期待することは出来ません。

現在の所得額から確実に安くなるのだという覚悟を、最初から持っていた方が良いでしょう。

業種・職種によってはベースアップを望めるかもしれませんが、それはほんの僅かな可能性です。

プロの手助けを借りる

自分一人で転職活動を行うよりも、転職エージェントでキャリアコンサルタントの助けを借りて転職活動をした方が、成功率は高くなります。

特に、異業種・異職種への転職を希望するのであれば、プロのアドバイスを受けながら、転職活動をすることをお勧めします。

転職エージェントであれば、応募書類の添削や面接対策をしてくれるだけでなく、応募者のキャリアやスキルから判断した、適した仕事の求人を紹介してくれます。

また、応募者の気づけなかったスキルや能力を見つけてくれます。

30代におすすめの転職エージェント 30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

最後に

30代であってもキャリアチェンジが出来ないわけではありません。

自分が出来ることを活かせる職種であれば、可能性は0ではないのです。

自分一人で転職活動を頑張るのではなく、ステップアップのための転職だと考えているのであれば尚のこと、転職エージェントなどを上手に活用して、キャリアチェンジを実現させましょう。

30代におすすめの転職エージェント 30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。