30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

30代におすすめの転職エージェント

30代で転職を考えているのなら、転職サイトだけでなく転職エージェントにも登録することをお勧めします。

転職サイトは基本的に求人を検索し、自分でその求人に応募します。応募書類の添削や面接対策などは行っていません。

これに対し、転職エージェントでは専任のキャリアコンサルタントなどが転職相談にのってくれるだけでなく、面接対策や応募書類の添削などのサービスを受けられます。

そこで、30代の転職者の方に特にお勧めできる転職エージェントを紹介します。

なぜ転職サイトよりも転職エージェントなのか?

転職サイトと転職エージェントの大きな違いはそのサービス内容です。

どちらも転職をサポートしてくれるのですが、その内容が全く違います。

  転職サイト 転職エージェント
求人検索
求人紹介 △(サイトによる)
就職相談 ×
書類添削 ×
面接対策 ×
面接日の調整 自分で行う エージェントがしてくれる
条件交渉 自分で行う エージェントがしてくれる

サービス内容を簡単にまとめてみましたが、転職エージェントの方が受けられるサービスが多いことが解ります。

これらのことからも、転職エージェントを利用した方が良いことが解ります。

 

30代におすすめの転職エージェント

総合型転職エージェント

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはその名前にあるように、パソナグループの転職エージェントです。

元々女性の活躍の場所を確保することを目的で作られたアウトソーシング企業が出発点ということもあり、女性の転職に特に強みを持っています。

また、登録しているキャリアアドバイザーの質が高く、親身に相談にのってもらえると評判も高い転職エージェントでもあります。

初めて転職を考えている方や女性の方には特にお勧めしたい転職エージェントです。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

doda

doda

dodaは業界大手の人材紹介企業であるパーソナルキャリアが運営している転職エージェントです。

この転職エージェントは、転職サイトと同じサイト内で運営されており、転職サイトとしての側面と転職エージェントとしての側面を持ち合わせている、特異な転職エージェントです。

求人登録数は、非公開求人も含めて13万件以上あり、業界No.1とも言われています。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

エンエージェント

エンエージェント

エンエージェントはエン・ジャパンが運営する転職エージェントです。

特に30代に強みを持っているというわけではありませんが、最初の面談時に受けることが出来る適性診断テストは是非受けてみて欲しいので、登録をお勧めします。

登録後の最初の面談時に、「3E-p」という独自の適性検査を実施しています。このテストで、「特性・性格特性・創造的思考・コミュニケーション力・エネルギー量・職務適性」が解ります。

この結果をもとにキャリアアドバイスを受けることが出来ますので、自分の知らなかった強みや長所などが解ります。

エンエージェント エンエージェントってどうなの?評判から見た弱点・強みを解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の転職や第二新卒の転職に強みを持っている転職エージェントです。

ですが、このエージェントの目標が「30代の転職でもNo.1になる」ということですので、登録をすればトップクラスのキャリアアドバイザーが相談にのってくれる可能性があります。

登録者の転職を成功させるために、親身になって相談にのってくれることは間違いありません。但し、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの質は、あまり高くありません。

急成長したエージェントの場合、キャリアアドバイザー不足を埋めるため、経験の浅い人材を登用することもあります。

アドバイザーの当たりはずれが大きいエージェントでもあります。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

特化型転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

@typeを運営するキャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

首都圏に強く、営業職やIT・Web系の求人が多い転職エージェントです。

このエージェントをお勧めする一番の理由は、年収アップ率です。

このエージェントから転職した方の年収アップ率は71%と、他のエージェントを圧倒しています。

キャリアアップや年収アップを希望する30代の転職者におススメのエージェントと言えます。

type転職エージェント type転職エージェントの特徴や弱点、登録の流れを徹底解説

ビズリーチ

ビスリーチ

ハイクラスに特化した転職エージェントです。

求人の殆どが600万円以上のハイクラスで、管理職や専門職の求人が多いので、キャリアアップを望む方にお勧めです。

但し、一部サービスは有料です。

登録自体は無料で行えます。登録したレジュメや希望条件に合わせてスカウトメールが届きます。

それ以上のサービスを望む場合、課金となりますので、それまでは無料会員のまま利用することも可能です。

ビスリーチ ビズリーチってどうなの?口コミから見たメリット・デメリットと総合評価

JACリクルートメント

JACリクルートエージェント

ビズリーチ同様、ハイクラスに特化した転職エージェントです。

大手企業や外資系企業の求人が多く、管理職や専門職向きです。

こちらは完全無料ですので、安心して全てのサービスを受けることが出来ます。

大手企業への転職やキャリアアップを望む方にお勧めです。

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

最近テレビCMでもよく名前を聞くアイデムが運営している転職エージェントです。

アイデムは求人広告の分野では老舗で、求人フリーペーパーに強みを持っています。そのため、地域に根付いたサポートを行うことが出来るだけでなく、中小企業との取引が多く、25万件以上の企業との取引があります。

中小企業の多くは、未経験でも正社員経験が無くても、本人にやる気があるのなら積極的に採用してくれます。それは、20代の若年層だけでなく、30代でも同じです。

大手を狙うほどの経験やスキルが無いと思うなら、中小企業での再就職を視野に入れても良いのかもしれません。

そういった意味でも、お勧めできる転職エージェントです。

職種別の転職エージェントを探す

特化型の転職エージェントの中には、職業別・業種別の転職エージェントもあります。

進むべき道が決まっているのであれば、その職種・業種に強みを持っている転職エージェントにも登録することをお勧めします。

このような転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーの多くは、その業界出身者が殆どですので、専門的な相談もできます。

是非、検討してみてください。

転職エージェントのサポート内容

キャリア相談

転職エージェントに登録をすると、専任のキャリアアドバイザーから連絡があり、直接面談をする予約をします。

これまでの経験やスキルから転職先の相談まで、様々な話しをします。

時には、転職者が気付いていないスキルを的確に指摘し、それらスキルの活かし方をアドバイスしてくれます。

求人紹介

転職サイト同様、公開求人もありますので、自分で検索して応募することもできますが、最大の魅力は、非公開求人の中からキャリアアドバイザーが転職者に適した求人を紹介してくれることです。

また、登録した職務経歴書や希望する転職先の条件などを見て、企業側から直接オファーメールが届くこともあります。

転職エージェントに登録されている求人のうち、公開求人よりも非公開求人の方が多く、これら非公開求人は転職サイトでは見つけることも難しい求人です。

そのため、転職サイトだけを利用していたら巡り会うことが出来ない好条件の求人情報も、転職エージェントには隠れているのです。

応募書類の添削

転職エージェントによっても違いますが、応募企業ごとに応募書類と添削してもらえます。

勿論、中には添削は最初の1回のみというエージェントもありますが、添削を受けることが出来れば自分の応募書類のダメなところが解り、ブラッシュアップが出来ます。

より良い応募書類で企業に応募できます。

面接対策

この面接対策も、エージェントによって応募企業ごとに毎回行ってもらうことが出来ます。

専任のキャリアアドバイザーが紹介してくれた企業の場合、当然キャリアアドバイザーはその企業の情報を持っているので、その情報に合わせて対策を練ることが出来ます。

応募企業に合わせた面接対策が出来るので、転職者には心強いサポートです。

面接日の交渉

面接日の調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

特に、現在就業中で平日の昼間に面接が出来ない場合など、日時に制限があっても、キャリアアドバイザーが応募先企業と話をして、面接日時の調整を行ってくれます。

就業中は中々電話やメールで相手先企業と話すことが出来ませんので、このサービスも求職者にはとても助かります。

条件の交渉

内定の通知を貰った後で、条件や入社日などキャリアアドバイザーに相談すれば、彼らが代わりに企業側と交渉をしてくれます。

自分では話辛いような内容でも、キャリアアドバイザーが代わりに行ってくれますので、このサービスも転職者にはとても助かります。

転職成功のための上手な転職エージェント活用のポイント

自分の経歴は詳しく登録

より多くのスカウトメールを貰うためには、登録する職務経歴書の内容を充実させなければなりません。

内容が薄ければ、その分マッチする求人情報も少なくなり、スカウトも少なくなります。

また、内容が充実していなければ、ミスマッチなスカウトが頻繁に届くことになります。

職務経歴書を詳細に書くためには、自分の棚卸をしなければなりません。それだけでも結構な時間がかかります。

更にそこから自分のスキルを見出してサイトに登録するとなると、手間がかかり、面倒くさがりの方には億劫な作業です。

ですが、ここで手を抜いてしまうとより良い求人情報を紹介してもらえませんし、企業からのスカウトも少なくなってしまいます。

複数エージェントへの登録

転職の成功は情報量の多さで決まります。

複数の転職エージェントに登録することで、より多くのスカウトメールを受け取ることが出来ますので、自分が希望するような求人にめぐりあう可能性も高くなります。

特に非公開求人の中には、その転職エージェントにしか登録していないというものもあるので、1つのエージェントに限ってしまうと、見落としてしまうことにもなり兼ねません。

自分に合ったエージェントを見つける

転職エージェントの中には、総合型の転職エージェントと特化型の転職エージェントがあります。

総合型は、特に年齢や職種を限っていない転職エージェントで、誰でも登録してサービスを受けることが出来ます。

これに対し、特化型は職種や業種、年齢などに特化した転職エージェントで、希望する業種や職種等に合わせて利用するエージェントを選びます。

中には、ハイクラス求人のみを扱った転職エージェントもあります。

最後に

転職を実行するかどうかを決めるのは、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談してからでも遅くはありません。

キャリアアドバイザーに相談することは、今後の自分のキャリアプランやライフプランの指針にもなります。

キャリアの棚卸もできますので、まずは登録してみることをお勧めします。

どの転職エージェントに登録すればいいのか迷っているのであれば、取りあえず親身にサポートをしてくれるパソナキャリアに登録してみては如何でしょうか?

その他、大手の転職エージェント複数に登録をして、自分と相性の良いキャリアアドバイザーを探すのも、転職成功には有効な方法です。

転職エージェントの複数利用 【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。