20代の転職を成功させるためのポイントとは?プロが語る転職方法

20代の転職方法

転職を考えたとき、20代なら転職先の選択肢も多く未経験の仕事にもチャレンジできるため、ほかの年代と比べると転職しやすいと言えます。

企業も実績やスキル以上に将来性ややる気を評価して採用してくれる傾向にあるため、転職活動もスムーズに進むでしょう。

そういった状況なので、深く考えずに転職してしまう方も多くいらっしゃいます。もし自分の適性や将来のビジョンを深く考えることなく転職してしまった場合、いざ転職先で働くことになった際にギャップに悩み、すぐに転職、そしてそれを繰り返すという悪循環に陥ってしまう可能性があります。

早いサイクルで転職を繰り返すと再就職が難しくなりますし、年収も下がってしまうでしょう。ですから転職しやすいからといって、安易に転職先を決めてはいけません。

将来後悔することになりかねません。20代で転職しようと考えている方は、今一度しっかり検討するようにしましょう。

20代の転職について知っておくべきこと

まずは、20代の転職を取り巻く環境について知っておきましょう。

大きな実績がなくても転職可能

転職市場において20代の転職希望者には、これまでの実績や経歴よりも仕事に対する情熱やポテンシャルの高さ、将来性が求められています。

転職後も即戦力としてすぐに現場で仕事を担当するというよりも、将来的に会社の中枢で働く人材に育てるため教育のための期間を設けられることが多いです。

これが30代以上になると、現場ですぐに働くための即戦力を求められるようになりますし、これまでの社会人経験で培ったスキルやキャリアも採用の段階で評価されるようになります。

つまり、転職するのであれば20代のうちのほうが有利です。20代であれば特出したスキルや実績がなくても、どのような会社にでも就職できる可能性を秘めているのです。

ちなみにこれまで働いてきた業種や職種とは違う、未経験の分野への転職も20代であれば可能です。若ければ若いほど新しいことを吸収する力もあります。未経験の業界で働きたいと考えている方は、一刻も早く転職活動を始めたほうが有利です。

第二新卒向けの求人にも応募可能

新卒から3年以内の期間は第二新卒と呼ばれ、ほかの年代よりも有利に転職活動を進めることができます。

第二新卒という言葉にはっきりとした定義はありませんが、「一度就職したものの3年以内に離職、転職活動を行っている若手求職者」を指すことが一般的です。

第二新卒は新卒と違って、ある程度の社会人経験があるため名刺交換や電話対応などのビジネスマナーをすでに習得しています。

そのため社会人としての基本中の基本を教育する必要がなく、企業としても使いやすい人材です。それに加え、前職の社風に染まっていたり、働くことに対しての固定概念ができているわけではないので、すぐに転職先の企業に馴染みやすいという特徴もあります。

こういった理由から最近では新卒を採用するよりもコストが掛からないとして、第二新卒を積極的に採用する企業も増えているようです。

20代前半であれば、この第二新卒向けの求人に応募すると、良い条件で転職することができるでしょう。

大幅な年収アップ、キャリアアップも可能

30代以降の転職では、年収がダウンしてしまうことも考えなければいけません。しかし20代の転職ではポテンシャルの分だけ年収をプラスすることができます。

そのため中小企業で働いていた人が大企業に転職するなどして、大幅に年収をアップさせることも可能です。

また、キャリアアップという意味でも有利です。20代前半ならキャリアアップは難しいかもしれませんが、20代後半になると役職がついていたり部下や後輩をマネジメントしていた経験もあるかもしれません。

そういった場合は現職よりも給料がよく、立場も良い仕事につける可能性が高いです。もちろんキャリアアップするためにはポテンシャルだけでは厳しいですが、相当のスキルやキャリアがあれば積極的にチャレンジしていけるはずです。

20代で転職する際の注意点

とはいってもメリットばかり、というわけではありません。注意しなければいけないポイントもあります。

簡単に考えすぎないこと

実績よりもポテンシャルが重視されるということばかりを考え、対策が不十分な状態で転職活動に臨んではいけません。

たしかにポテンシャルは重視されるポイントですが、まったく何も考えておらず「やる気だけはあります!」といっても採用には至らないでしょう。

ポテンシャルが加味されるのは、年齢相応のスキルと事前準備ができていることが前提です。

20代だからといって楽観的になりすぎず、これまでの社会人経験がどのように転職先で活かせるか、自分の強みは何なのか、といったことを明確にしておきましょう。

未経験職への転職はしっかり事前調査をしておく

未経験の仕事では、わからないことがたくさんあります。業界での立ち位置、業界の環境、企業の風土など、実際にその職種についてみないとわからないことばかりです。

ですから事前準備を怠ってしまうと、いざ転職してから「前の方が良かった」といったことになりかねません。

これは転職に対する考え方が甘く、転職に対する準備が不足しているからにほかなりません。後悔しないためには、転職活動中にしっかりと「どのような働き方をするのか」「どのくらい忙しいのか」「業界内での企業ランキングはどのようなものか」といったことを、調べておく必要があります。

本当に転職したほうが良いのか考える

20代ので転職活動をしていると、企業の方が「若手を採用したい」と思っているため、熱心に入社を薦めてくる場合があります。

ですが勢いで転職先を決めてはいけません。転職はその後のキャリアにも大きな影響をもたらすので、慎重に考えて決断するようにしてください。

20代だとまだ社会に慣れていない部分もあるので、世の中にどのような仕事があって、どのような仕事が自分に向いているのか把握しきれていないことがあります。

今転職したいと思っている現職のほうが、実は向いている場合もあります。どんな会社にも職種であっても、多かれ少なかれ嫌な面があるものです。

転職すればすべてが解決されるわけではありません。転職活動は、今自分がいる環境と将来のビジョン、そして本当の気持ちを見極めることから始めましょう。

20代で何回まで転職できるか

よく「転職は3回まで」などと言われます。しかし転職先がブラック企業だったり、家庭の事情によって勤務地を変えざるを得ない状況になるなど、転職にまつわる背景は様々です。

また、転職をしたいと思いながらいやいや仕事を続けていてもよくありません。ですから「転職は3回まで」という言葉に縛られる必要はありません。

特に20代であればこれからまだまだ働けるので、複数回転職することになったからといって悲観しなくても大丈夫です。

ただし、一度転職してからどれくらいの期間働いているかという点はチェックされます。勤続年数が短ければ短いほど採用側の印象は悪くなってしまいます。

入社して一週間で退職、などという経歴では、簡単には採用してもらえなくなります。この点を考えて転職活動を行う必要があります。

また、転職には費用もかかります。仕事をしながら転職活動をするのであれば心配ないですが、辞めてから転職活動するのであれば、無職の期間の生活費なども考えなければいけません。こういった意味でも、転職にはタイミングを見極める必要があります。

新卒の就活と、転職の違い

新卒時に就職活動の大変さを思い知った方もたくさんいると思います。転職したいと思っても、あのときのような苦労をしたくない、と考えるのは当然です。

ですが新卒時の就職活動と、転職活動はまったく違うものなので安心してください。新卒時はそもそも仕事のスキルや社会人経験がないため、学歴が重視される傾向があります。

しかし、転職では実際の仕事内容や業務内容で培ったスキルが重視されます。つまり転職時には、学歴はほとんど関係ないのです。

勉強ができるかという点よりも、仕事ができるかという点が評価されるので、新卒時のように有名大学出身者が有利になるといったことはありません。それに加え、転職にはタイムリミットがないのも大きな特徴です。

新卒時は卒業までに就職先を決めなければいけないという制約があるので不安が煽られますが、転職活動には自分の好きなだけ時間をかけることができます。ゆっくり自分に合う会社を探せるので、新卒時よりも落ち着いて活動できることでしょう。

20代で転職を成功させるためのポイント

20代で転職するのは、ほかの年代よりも簡単です。とはいっても会社選びに失敗してしまうと若いうちから転職回数が増えてしまうので、将来的にキャリアの幅が狭められてしまう可能性があります。

そのため一度の転職で成功させたほうが良いのですが、それにはいくつか抑えておきたいポイントがあります。

退職の理由をはっきりさせる

まずは、「なぜ転職したいのか」という気持ちを明確にする必要があります。今の会社が嫌な理由と、どのような環境であれば意欲的に働けるか、この2点を軸に考えてください。

すると次に働きたい会社の具体的な条件が導き出せるはずです。もちろん、考えているうちに「転職しなくても解決する問題ではないか?」もしくは「今が転職するタイミングではないのではないか?」と思うこともあるでしょう。

そう思ったときは、転職するには時期尚早なのかもしれません。無駄に転職回数を増やさないためにも、もう一度いまの会社で頑張ってみるというのもいいことです。結果的に問題をクリアすることがキャリアアップにつながることもあります。

自己分析をしっかり行う

転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、自己分析が必須です。応募書類の自己PRや志望動機を書く際にも自己分析が役立ちますし、自己分析をしておけば「自分がどんな仕事をしたいのか」「どんな仕事に向いているのか」なども探ることができます。

自分のスキルを伝える

20代では実績やキャリアがあまりないことがほとんどでしょう。そのため応募書類に書く志望動機が「やりたいこと」中心になる傾向があります。

転職後にやりたいことがたくさんあるのは良いことですし、ポテンシャルの高さもアピールすることができます。

しかしいくらやる気があったとしても新卒の採用とは違うので、企業はある程度の経験やスキルも欲しています。

ですから「やりたいこと」ばかりではなく、短い期間であってもこれまでに経験したこと、任されたこと、仕事でどんな結果を出したか、をきちんと伝えるようにしましょう。

スケジュール管理

転職活動をする上で大切なのがスケジュール管理です。スケジュールを考えずに転職活動をしていると、思っている以上に長引いてしまったり、急に転職が決まって現職を退職できなかったりと、さまざまなトラブルが起きる可能性があります。

ですから転職活動を始める前に「○月までには結果を出したい」といったような、大まかなスケジュールを立てておくようにしましょう。

だいたい転職活動には3カ月~半年が必要といわれています。これ以上の時間をかけてしまうと無職の期間が長くなってしまうので、できるだけ3カ月を目標に転職活動を行ったほうが無難です。

「3カ月後に転職するためには」と考えていくと、情報収集と応募書類の作成に2週間、選考に1カ月、といったようにだいたいのスケジュールが見えてくるはずです。

自分の市場価値を見極める

20代といっても、プレイヤーとしてそれなりの実績を出している方もいると思います。若くして実績を持っていることは誇れることですが、それを過大評価してはいけません。

例えば営業成績が良かったとしても、それは実はその商品が「黙っていても売れる物」だったのかもしれません。

先輩たちが作り上げてきた信頼の上で売れた物なのかもしれません。また、大手企業に新卒で入ったがゆえに「自分はすごい人間だ」と思い込んでいることもあります。

です、が今の環境から離れたときも、同じように自分のことを「すごい」と評価できるでしょうか。転職では会社の外に出たときにどれくらい活躍できるかが大切です。

20代のうちはとかく自分の力を過信しがちなので、一歩引いた状態で「自分自身の力」について客観的に把握する必要があります。

在職中に転職活動を始める

転職活動が長引いてくると、生活のために再就職先を妥協で決めてしまうことがあります。妥協で決めてしまうと結局、転職を繰り返すことにもなりかねないので、できるだけ転職活動は在職中に行うようにしましょう。

仮に転職活動に長い期間がかかってしまった場合でも、採用側は「仕事が忙しいせいでなかなか転職活動ができなかったのかもしれない」と思ってくれます。

一方、退職してから長い期間転職活動をしていると、「仕事を辞めて余裕もあるはずなのにまだ転職先が決まっていないということは何か問題があるのかもしれない」と思われてしまいます。

こういった観点からも、できれば在職中に転職活動を始めておいたほうがよいと言えます。どうしても会社を辞めた状態で落ち着いて転職先を探したいという方は、最低でも3カ月分の生活費は用意しておきましょう。

転職先の条件だけではなく社風もチェック

20代を対象とした求人はたくさんあります。いい条件を提示している企業もたくさんありますし、ネームバリューのある企業の求人も多数あります。

こういった状況にあると、どうしても社風まで目が行き届かないことがあります。特に20代では社風の違いを知らないことも多いので、転職してから文化の違いに苦労してしまうことも。

そうならないためには、「Vorkers」などの口コミサイトを利用して、社内の実態をチェックしておくことをおすすめします。

「Vorkers」ではその会社に勤めている人や、勤めていた人の生の声を知ることができます。企業の人間関係や社風などをチェックするために利用してください。

転職サイトと転職エージェントを併用する

実際に転職活動を進めることに決めたら、転職サイトで応募したい企業や求人を見つけて、転職エージェントを通じて応募するという方法をとりましょう。

具体的には、まず20代の転職に強い強い転職サイトに登録、転職サイトで求人情報を検索、気になった求人を転職エージェントに伝え推薦状付きで応募するという流れです。

20代は実績やキャリアがないため、面接でやる気やポテンシャルをアピールする前に履歴書や職務経歴書などの書類で選考に落とされることがあります。ですが転職エージェントを利用することで、選考に通過しやすくなります。

20代におすすめの転職エージェント

20代で転職を考えている方にぜひ使って欲しい転職エージェントも紹介しておきます。それぞれに特色があるので、自分にあったものを使うのが一番ですが、まずは大手のエージェントを使っておくと便利でしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大の転職エージェントです。転職を考えている人がまず登録するエージェントでもあります。求人数も多く、サポートも徹底しているので初めて転職する方にもおすすめです。

転職サイトのリクナビNEXTで事前に求人を調べてから、リクルートエージェントを利用すれば、スムーズに転職活動を進めることができます。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

新卒No.1メディアのマイナビを運営している、総合転職エージェントです。人気の企業の多くが新卒採用にマイナビを使っていることもあり、第二新卒や20代の転職に強いのが特色です。

マイナビエージェントのみで第二新卒の募集をかけている人気企業もあるので、登録しておいて損はないでしょう。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特色は、大手転職エージェントの中でも特にキャリアコンサルタントの質がいいところです。

転職を検討している段階の人やキャリアが浅い人にも誠実な対応をしてくれるので、転職に不安を抱えている人はパソナキャリアを使ってみるといいかもしれません。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

20代におすすめの転職サイト

転職エージェントと併用すべき転職サイトについても紹介しておきます。

転職サイトもそれぞれ特色があり、掲載されている求人が異なるのでいろいろと試してみると自分にあったものが見つかるはずです。

キャリトレ

キャリトレ

20代に特化しており、登録が簡単にできるのがキャリトレの特色です。希望条件や職務経歴を細かく入植しなくても、おすすめの求人を紹介してくれます。

「いい転職先があれば転職したい」と思っている方におすすめです。ベンチャー企業から外資系企業まで幅広い求人が掲載されています。転職市場にどのような企業があるのかを知るためにも、一度登録しておくと便利です。

キャリトレ キャリトレの評判から見た特徴、弱点、強い業界を解説

マイナビ転職

マイナビ転職

大手人材広告企業の株式会社マイナビが運営しているマイナビ転職は、日本最大級の転職サイトです。

取扱い求人数は業界トップクラスで、毎週2回新着求人の更新もあるので、常に新しい情報をチェックすることができます。

それだけでなく、転職を成功に導くための転職ノウハウも掲載されているので、初めて転職する方の役に立ちます。

あらかじめ情報を登録するだけで直接オファーが届くスカウトサービスや、履歴書を添削してくれる転職MYコーチなど、サポートも充実しています。FacebookやYahoo!JAPANのアカウントでも登録できるので、とても便利です。

関連記事のIDを正しく入力してください

doda

doda

求人の量と質に定評がある大手の転職サイトです。20代向けの求人はもちろん、第二新卒向けの求人が多数掲載されています。

大手企業や外資系企業、ベンチャー企業のと幅広い求人が揃っているのも魅力です。dodaはエージェント機能も持っているので、併用するとより有利に転職活動を進めることができるでしょう。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

まとめ

20代は需要があるため、転職活動が成功しやすい年代です。求人も多数ありますし、採用する企業側も積極的に選考に進めてくれるでしょう。

大切なのは30代、40代以降のキャリアを考えて、自分にあった企業を選ぶことです。有利に転職活動を進められるからといって気軽な気持ちで転職するのではなく、しっかりと見極めることが必要です。

そのために自己分析をして転職する意味や目的をはっきりさせ、妥協せずに取り組めば必ずいい結果を出せるでしょう。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録して、どのような求人があるのかをチェックしてみてはいかがでしょうか。転職すれば今よりもいい条件で、満足のいく仕事ができるかもしれません。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。