20代の転職理由は何がある?20代に多い転職理由を徹底調査

20代の転職理由

20代での転職は、まるで一大イベントのように感じられるかもしれません。
いざ転職しようと思っても、

  • 「くだらない理由なんかで転職してもいいのだろうか」
  • 「今の会社は勤め続けるのは微妙なんだけど、他の人と比較すればまだ良いほうなのかな」
  • 「給料アップのために転職したいけど、果たして良いのだろうか」

などと、さまざまな心境を抱えているかと思います。

この記事では、20代の人たちがどのような理由で転職をしているのか、ご紹介したいと思います。

20代の転職理由・不満関係

おそらく、今勤めていている会社に不満があって転職を考える20代が多いと思います。
では、一体どのような不満があるのでしょうか。

希望していた職種と違っていた

新卒で条件の良い会社に入ったはいいものの、希望する職種に配属されずに不満が溜まり、転職した人も多いです。

こつこつと几帳面な仕事が好きで事務職希望だったのに、真逆の営業部に配属されてしまった、などの例もあります。

大きい企業であるほど、自分の希望する職種に就けない、といったケースが多いようです。

人間関係・業務内容が耐えられない

仕事をする上で重要なのは、職場の人間関係や業務内容だと思います。人間関係が悪ければ居心地が悪くなります。また業務内容が合わないと、仕事自体が辛くなってしまうでしょう。

しかし、「なんとなく嫌だから転職したい」と漠然と考えている人は、転職するにはまだ少し早いかもしれません。

どの仕事に就いても、嫌な部分はあります。どういった部分が自分に合わないのか、改善策はないか、よくよく考えてみましょう。

給料が低い

「若いから」と言われてサービス残業ばかりの毎日だと、働いても働いても、給料が増えることは難しいでしょう。おまけにあなたの体調が崩れれば、企業はお構いなしにリストラする可能性だってあります。

体調に変化が起き始めたら、すぐに辞職する勇気も大切です。それから転職について考えても遅くはありません。

上司の姿に失望した

上の世代である30代・40代の上司の姿が、自分の思い描いたキャリアに沿わないと感じて、転職を考えるケースもあります。

たとえば、プライベートを重視したいのに残業ばかりで疲弊している上司、管理職に叱られてばかりの上司、など。

上司の姿は、10年20年後の自分でもあると言えます。その姿と自分の思い描いている将来像が合わないと感じたら、転職するのも一つの道でしょう。

プライベートの時間が少ない

プライベートも重視したいという「ワークライフバランス」を考慮して、転職を考える20代も多いです。

仕事ばかりで終電続きの毎日を過ごしていけば、そのうち身が持たなくなってしまうでしょう。
たとえ給料が減ったとしても、プライベートが充実できたり、友達や大切な人との過ごす時間を確保したい、といった意見が多く目立っています。

20代の転職理由・キャリア関係

20代は背負う責任が他の年代と比較すれば軽いため、挑戦しやすいと言えます。キャリアを積むために、いろいろと経験したい・転職したい、と希望する人も多いです。

仕事を通じて自分のやりたい職種を見つけたから

新卒キップを手にしての就職活動だと、「新卒ブランド」を活かさなければ、といった気持ちから「とにかく就職しなければ」と焦りがちです。

業界研究や自己分析をしようにも、アルバイトしか社会経験がなければ、難しいでしょう。

その結果、「とりあえず内定がもらえた会社にしよう」と就職先を決める人が多数だと思います。

新卒採用された企業で働いていくうちに、社会経験を通じて視野が広がっていくうちでしょう。そして自分の目や耳でさまざまな経験を積んでいくうち、「自分が本当にやりたい仕事」がはっきりと見え、その職種へと転職する、というケースも多いです。

学生時代は社会経験が少ないために、就職先をなんとなく選んでしまいがちです。しかし実際の実務を通じて、自主的にやりたい仕事や希望の職種が見えてくるようになります。

20代は挑戦しやすいから

企業が積極的に欲しいと思う人材は、「新卒」と「第2新卒」です。これらに該当する20代前半の年代は、若いほど育成しやすいと考えられているからです。

ですので、求人広告などに「未経験歓迎!」と書かれていれば、多くは20代の学習意欲の高い人を募集していることが多いのです。

30代となると、転職のハードルはぐっと上がります。これまでの実績や即戦力が求められるからです。また、20代の頃のような体力や精神力があるとは限りません。

20代といったリスクが少ない年代で転職をしておけば、体力や精神面に余裕があります。自分が希望する職種へ転職をしたいと思うなら、早いうちの行動がオススメです。

キャリアアップを目指して

今勤めている職場の経験だけでは、自分が思い描く将来像に届かないと判断して、転職する20代も多いです。

特に知見を広めるために異業種へと転職するケースが目立ちます。「人材」×「IT」などといった、二つの得意分野を組み合わせることによって、自分の強みになるからです。

また、単純にスキルアップや給与アップ、より多くの経験が積める会社を希望して、同業種へ転職する人も多いです。

日本はかつて終身雇用が主でした。一つの企業で退職まで働くのが普通でしたので、転職にはあまり良いイメージがありませんでした。

しかし現在は、転職を複数経験することで自分のキャリアを積み上げ、市場価値を上げていく生き方が目立ってきています。

将来の自分がどうなりたいのか、逆算しながら転職先を絞っていくことが求められていくでしょう。

20代の転職理由・安定関係

結婚や子供といったライフプランを意識して、仕事のやりがいよりも年収や福利厚生、企業の規模や将来性を考慮して転職する傾向があります。以下で詳しくご紹介します。

結婚などのライフプランを意識して

男性の場合、結婚を意識しだすと

  • 「給料をもっと上げたい」
  • 「家族のために年収を安定させたい」
  • 「今後のために体力を温存させよう」

と考えるようになります。仕事のやりがいよりも、家族を養うことを優先するようになるのです。現在の働き方で都合が悪いと判断すると、転職を考え始めるようです。

一方の女性は、仕事と家庭の両立を考えるようになります。かつては、女性のおよそ6割が、出産予定で退社するなどと言われていました。ですが現在は、育休後も仕事をしたいと考える女性が多くなっています。
ですので、転職先を選ぶ際に「時短勤務はできるか」「育休・産休の取得実績があるか」「働くママはどのくらいいるのか」といった点を重視しているのです。

将来性のある会社に就きたいから

現在の経営状況が悪かったり、ブラック体質が抜けないままの会社に勤めていれば、「このままで大丈夫だろうか」と危機感を覚えるでしょう。

そこで、もっと基盤の安定した企業や安心して働ける会社に勤めたいと考えて、転職を考える人も多いです。

20代の転職理由には、ワークライフバランスが重要

いくら給料や福利厚生がよくても、仕事が激務だとプライベートが十分に確保できません。自分の時間や大切な人との時間が取れないと、人によってはストレスに感じてしまうでしょう。こうした理由により、転職する20代も現在は多いのです。

しかし、現在の不満から焦って転職を探してしまうのは、得策ではありません。焦ってしまうと、今よりももっと待遇が悪くなったり、逆に忙しくなってしまう、といったケースも見受けられるからです。

自分のワークライフバランスを重視して転職を希望するなら、決して焦らずに。じっくりと自分の希望の働き方を見つめ直し、しっかりとしたプランを立てて、戦略的に転職していきましょう。

まとめ

20代の転職理由は、現在勤めている会社への不満から、キャリアアップ、ライフワークバランスの重視など、人それぞれです。

転職の際に重要なのは、志望動機をポジティブな理由にすることです。たとえ不満だらけで転職に望んだとしても、決してネガティブな理由を面接官に伝えてはいけません。

もしも志望動機が上手く見つからないのであれば、総合転職エージェントの活用をオススメします!担当のエージェントが、親身になってあなたのサポートをしてくれるでしょう。

また、「良い求人があれば紹介してもらいたい」といった理由で転職エージェントを利用するのも良いと思います。

上手く活用して、20代の転職を成功させましょう!

20代におすすめの転職エージェント 成功者に聞いた!20代におすすめ転職エージェントを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。