20代の転職でありがちな失敗する原因・パターンとは?失敗を防ぐコツ

20代の転職で失敗する原因

20代で転職に臨むのなら、安易に考えてはいけません。

比較的転職しやすい年代ではありますが、深く考えずに転職先を選んでしまったがために、今後の人生に悪影響を作ってしまった方も多いのです。

本記事では、以下に20代の転職で失敗してしまうパターンや原因をご紹介していきます。参考にしてください。

20代転職が失敗してしまうパターンとは?

業務内容と合わない

20代転職で一番多い失敗パターンが、「業務内容とのミスマッチ」です。

求人票と異なる労働条件や、社風が事前に調べたものが違う、といった失敗が多く見られます。
「自分の思い描いていた仕事と違う」と思い悩み、早期退職してしまうことに繋がります。

求人票の条件を鵜呑みにしないことです。そこに書かれた条件だけを信じて入社すれば、実際とのギャップに思い悩まされるでしょう。面接の際にしっかりと確認する、といったことが大事となります。

転職先がブラックだった

ブラック企業が嫌だったのに、転職先でもブラックだった…、なんてケースも。

特に仕事に対するやりがいを重視して転職先を決める人ほど、多く該当するでしょう。

「成果を出したのに評価してもらえず、おまけに給与も上がらない」
「サービス残業が多すぎる」
「プレッシャーが強すぎて耐えられない」

といった理由で、早期退職してしまう例もあります。

やりがいも確かに大切ですが、それだけで生活できるほど甘くはありません。給与が低すぎると生活できませんし、長時間労働が続けば体調を崩す原因にもなります。プレッシャーに負けてしまえば、鬱になってしまう可能性だってゼロではありません。

若い世代はどうしても「やりがい」という言葉の魔力に取り憑かれやすいです。しかしやりがいだけを求めず、年収や福利厚生などの労働条件をしっかりと確認することも大切です。

実際の手取り額が少なかった

求人票に掲載されている年収が、そのまま自分の手元にくるお金だと思っていませんか?

給与が自分に振り込まれる前には、「所得税」「社会保険」「住民税」といった税金が引かれます。ですので、実際には提示された年収よりも手取りは少なくなるのです。そうした知識がないと、振込額をみて、「あれ、少ない…?」と落胆してしまうかも。

税金の仕組みや社会保険の計算方法といった、細かなことまで知る必要はありません。毎月、どのくらい引かれるのかをざっくりと把握しておくが、転職時に重要です。最低限の知識だけは、勉強しておきましょう。

転職する前の企業の方が合っていた

自分が現在就いている職種・業界と違うものへと転職しようとしている人は要注意です。なんとこうしたジョブチェンジを考えて転職した人の3人に1人が、転職を後悔しているというのです。

その理由に、「自分の理想と実際の業務のギャップに戸惑った」り、「転職前の職業の良さに気づいた」という人が多いようです。

「前はもっと給与良かったのに…」
「前の職場のほうが雰囲気や人間関係が良かった…」

と、転職してから前の職場の良さに気づいてしまう人も少ないないようです。

学歴=仕事のスキル、と勘違い

特に高学歴の20代に多いケースです。学歴を自分の実力を勘違いしてしまうのです。

「自分は勉強できたのだから、仕事でももっとできる」と思い込み、自分の成果を発揮できる環境を求めて転職を繰り返してしまいます。さらに思い上がってしまうと、上司や目上の人に対して、偉そうな態度になってしまう人も。

もちろん、高学歴で仕事もバリバリこなせる優秀な人材も存在します。しかしそれは、仕事の中でも努力してきた結果だと言えます。

学歴がすぐさま仕事のスキルに繋がるわけではありません。その点をしっかりとわきまえておく必要があります。

給料が安い

「仕事内容に不満はない、人間関係も良好。だけど給料が低いし、昇格する見通しもない」といった理由で転職してしまうと、後に後悔する要因となります。

給料も、もちろん生活していくうえで欠かせない重要な要素です。ですが給与だけを重視して転職活動をしてしまえば、その他の条件が疎かになりがちです。

給与アップしても、人間関係や業務内容が合わなかったりすれば、「前の方が良かった」と後悔してしまうのです。

失業手当がもらえなかった

失業手当は、退職すれば誰でも手にできるものではありません。特に注意したいのは、失業手当の「受給要件」です。自己都合退職の場合、

「雇用保険の加入期間が、離職前の2年の間に、12ヶ月以上ある」

といった条件があります。

つまり、就職してから最低でも2年間は勤務していなければならないのです。

さらに、短期間での転職を繰り返していたり、失業手当を以前に受給していた場合、雇用保険の加入期間がリセットされます。

「最悪、失業保険があるからいいや」などと安易に考えて転職するのは避けましょう。

残業、通勤時間が辛くなった

20代はまだまだ体力もありますから、転職先を決める際には、残業の長さや通勤時間を気にしない方も多いと思います。

しかし30代、40代と歳を重ねていくにつれて、長時間労働は体力的に厳しくなっていくでしょう。
管理職になれば残業が減るはず、と考えてはいけません。企業や会社によっては、上の立場の人でも残業が減らず、むしろ増えているケースもあるからです。

通勤時間も同様です。満員電車の通勤ラッシュなど、若い内ならなんとも思わなくても、年代を重ねるにつれてだんだんと苦痛に感じてくるでしょう。車通勤の場合でも、渋滞や交通量の多さにうんざりしてくるかもしれません。

特に家を購入することを考えている人は、転職先までの通勤時間は、よくよく考えておきましょう。

勤めながらの勉強がしんどくなった

専門スキルが求められるような業種へと未経験で転職した場合は、注意が必要です。

20代は若く、将来的に成長が期待されるので、異業種への転職も難しくありません。しかし、転職してからは、仕事のあとに勉強してスキルを磨いていくことが大切です。

面接時では「仕事のあとも勉強をしてがんばります!」と意気込んでいたことでしょう。しかし、新しい仕事を覚えながら、さらにスキルを磨く勉強も両立していくとなると、想像以上に大変です。

仕事に慣れずに帰宅したら疲れてそのまま寝てしまい、勉強ができないどころか上司に叱られてしまい、心が折れて辞めてしまう…、といったケースも珍しくありません。

未経験の業種へと転職する前には、今の環境のままでスキルを磨くことができないか、考えてみることも大切です。

20代転職が失敗してしまう原因とは?

逃げることを目的にしている

転職とは本来、自分のスキルアップなど、現状をより良い方向へとするために行うものです。

しかし転職に失敗する人の多くは、現状の不満点を改善したいために行っています。つまり、現状の不満点から逃げているのです。

「今の職場がツライから、とにかく辞めたい」
「給与が低いから、とにかく良いところへ行きたい」

などの、目先の不満点ばかりに気をとられているケースが多いです。

20代の転職理由 20代の転職理由は何がある?20代に多い転職理由を徹底調査

仕事や会社から逃げること、それ自体は悪いことではありません。しかし、逃げることだけを目的にしてはいけません。

より良い環境で、条件良く働くことが大前提。そして自分のビジョンを明確にすることも重要です。転職先はこれらを踏まえて、慎重に選ぶようにしましょう。

転職面接の退職理由の答え方 転職面接の退職理由の答え方や伝え方の注意点を解説!

情報の収集不足、自己分析不足

ブラック企業から逃れたくて転職したのに、結局ブラックだった…、という失敗に陥る人に多いのが、「情報の収集不足」です。

転職したい企業の情報を集める際には、求人票の文字だけを見てはいけません。そこには平気で嘘を書く企業だって存在するのです。面接の際に再度聞いてみるなど、自分自身で確認することも大切です。

企業や仕事の情報だけではなく、自己分析もしっかりと行いましょう。自分の本当の希望がわからないまま、なんとなく転職してしまっても、失敗の原因となります。どういった仕事がしたいのか、どういう職業が向いているのか、しっかり分析しましょう。

転職活動は大変ですし、面倒な作業も多いものです。しかし、企業の情報収集や自己分析は、絶対手間を惜しんではいけません!

視野が狭くなっている

20代は、30代・40代といった、将来のことも考えて転職を決めることが大切です。

会社の将来性はどうか。
給与アップは望めるのか。
スキルアップできる環境が整っているのか。

今後数十年に渡って自分が勤める企業なのですから、今後の将来も踏まえた転職先を選ばなければなりません。

仕事内容・労働環境・職場の雰囲気・労働条件などを総合的に考えて、バランス良く検討していくようにしましょう。

「20代」という年代を上手に活用できていない

もしも「営業の経験者募集!」と謳っている企業に、第二新卒が応募したらどうでしょうか。経験がないために、即お断りされてしまうのがオチです。

求人の応募条件を確認してみてください。「経験三年以上」「○歳以下」「未経験歓迎」といった条件が並んでいますよね。

「第2新卒歓迎」「若い年代募集」なら20代でも大丈夫ですが、「経験○年以上」と実績を求められている募集は、控えた方が無難でしょう。

コツは、20代の若い人材を欲しがっている企業を見つけて応募することです。そうすれば、選考も比較的通りやすくなるはずです。

20代募集の企業に応募できても、上手にアピールできなければ意味がありません。

正社員経験がない・アルバイトしか経験がない・すぐに辞めてしまった、などの理由で、落ち込む必要はないです。なぜなら、20代に求められているのは、経験やスキルではありません。

帝国データバンクの調査によれば、企業が20代にもとめている三大要素は、

「入社意識の高さ」
「一緒に働ける人材」
「社内の雰囲気に打ち込める人材」

とあります。要するに、その人の人柄が重視されているのです。経験やスキルに自信がないなら、やる気をアピールするようにしましょう!

就職活動と同等に捉えている

転職活動を就職活動と同じように捉えている人が多いです。しかし、この二つは根本的に異なります。
転職活動は、主に前職での実績や経験が重視されます。

さらに就職活動と違って期限がありませんから、余裕を持って準備できます。なによりも、社会人経験が少なからずありますから、仕事に対する価値観が少しずつ形になっているはずです。

就職活動のときよりも、自分の希望する職種や働き方の理想について、より具体的に考えられるでしょう。

こうした転職のメリットを意識することが大事です。就職活動のように、なんとなく選んでしまえば、後悔する原因となるのです。

周りのせいばかりにしている

「自分が活躍できないのは周りの環境が悪いからだ」と、不満の原因を自分と違う要素にしているなら、いくら転職して環境を変えても、同じことの繰り返しとなります。

仕事が上手くいかない原因は、もちろん環境のせいもあるでしょうが、自分にもあります。周りを変えることは難しくても、自分を変えることはできます。どういう風に改善していけばいいのか、変えていけばいいのか、考えてみましょう。

20代転職を失敗させないためのコツ

経験をあまり重視しないこと

経験したことのない職種・業界へとキャリアチェンジするのは、同業種・同職業へと転職するのと比較して難しいと思っていませんか?

20代なら、そこまで気にしなくて大丈夫。未経験者や第2新卒を歓迎している企業もたくさんあります。特に20代前半は、「その人物の熱意や伸びしろを期待している」企業が多いものです。

「この業界に入ってみたいけど、経験がないから、難しいかも…」なんて諦める必要はありません。希望する職種・業界の「未経験歓迎」「第2新卒歓迎」の求人を探してみましょう。そして熱意を十分にアピールできれば、採用される可能性も。決して諦めないで!

20代の転職方法 20代の転職を成功させるためのポイントとは?プロが語る転職方法

20代向けの転職エージェントを活用しよう

転職の際には転職サイトを活用する人が多いと思います。転職サイトを利用するなら、20代向けの転職サイトや転職エージェントを利用すると有利です。

幅広い年代層のサイトを利用すると、どうしても20代は他の年代より埋もれてしまいがちです。20代の若者向けのサイトを活用し、チャンスを掴みましょう。

20代におすすめの転職エージェント 成功者に聞いた!20代におすすめ転職エージェントを比較

自分のキャリアプランをしっかりと考えよう

20代は他の年代を比較しても、キャリアチェンジがしやすいです。かといって、誰でも希望どおりに転職できるかと言えば、そうでもありません。20代でキャリアチェンジに成功させるには、以下のようなことをしっかりと考えておく必要があります。

  • どうしてキャリアチェンジしたいの?
  • 職場や業界が変われば、現状が改善されるのか?
  • 自分の希望の仕事が、本当に転職先でできる?
  • 転職後、5年10年に渡ってどのような働き方がしたい?

特に将来へのビジョンがしっかりと定まっていないと、転職先候補が多すぎて目移りしてしまいますし、効率も悪いです。

「志望動機」や「自己PR」も薄っぺらいものになりますし、面接時も一貫性がない回答をしてしまいがちです。たとえ転職に成功しても、入社してから「こんなはずではなかった」と失望してしまう原因にもなります。

自分の希望はなにか。将来はどういうキャリアを描きたいのか。しっかりとした自分の軸を持って、転職に挑むようにしましょう。

自分の「武器」をアピールしよう

将来のビジョンが明確になって、勤めたい業界や会社が絞れるようになってきたら、今度は自分の「武器」を探してみましょう。

  • これまでの仕事の経験(正社員、派遣、アルバイト。どれでも可)
  • 学生時代にがんばったこと(資格取得、サークル活動)

などを振り返ってみてください。なるべく具体的に、細かく思い出してみましょう。特に思い当たらなければ、他人から評価されたことや自分の得意分野を洗い出してください。「これをやっていると楽しい」「上司や先輩から積極的に任された」などを中心にしていくと良いでしょう。

そのポイントをまとめて、自分の「武器」として、採用担当者にアピールできれば上出来です。

自分には「武器」が不足している…、と感じているのなら、すぐにでも準備を始めてください。そうすれば、面接時に「今は勉強中です」「○○という教材を使用しています」「スクールに通っています」といったアピールが可能です。採用担当者に、あなたの本気を伝えられるはずです。

コツは、採用担当者に「すぐに即戦力になってくれそうだ」と思わせること。ですから、「武器」がないと諦める必要はありません!

転職面接で採用を勝ち取る長所の答え方と例文 転職面接における自己PR 転職面接における自己PRのコツと採用を勝ち取る例文まとめ

「柔軟性」と「熱意」をアピールしよう

20代でキャリアチェンジ転職を成功させた方は多くいます。その理由は、採用担当者が彼らの「柔軟性」と「熱意」を見込んで採用したからです。

「柔軟性」とは、どんな環境でもすぐに馴染んで知識を吸収してくれる力。

「熱意」とは、真摯な態度で仕事に取り組んでくれる情熱のこと。

こうした要素に、採用側の企業は惹かれるのです。

キャリアチェンジ転職を成功させたいなら、仕事や職種を狭めてはいけません。もしも面接時に

「希望の部署と違う部署へ配属されたらどうしますか?」

と聞かれても、

「違う部署での経験を積んで、希望する部署への配属時に役立てたい」

と、前向きに答えることが大切です。

応募書類に記載する経歴が少なければ、「入社後に挑戦したいこと」を書いておくと良いでしょう。採用する側も、「熱意がある人物だ!」と評価してくれるはずです。

一般常識やマナーを「強み」にしよう

20代や第2新卒での転職は、社会人経験が少ないです。他の年代と比較すれば、その点が不利となります。しかし、社会人としての基本的なビジネスマナー・コミュニケーション能力・OAスキルなどは、他の年代に劣ってはいけません。

これらの能力や知識は、どんな企業や業種でも求められるものです。基本的なスキルと考えられていますが、しっかりとあなたの「強み」になります。

そこをしっかりとアピールしながらも、社会人としてふさわしい振る舞いを心がけると良いでしょう。

20代転職にはプロのアドバイスが有効!

転職で失敗すると、一度の失敗が大きなキズとなってしまうケースもあります。しっかりと情報を集め、慎重に選ぶことが大切です。

ですが、若いと社会経験も少ないので、自分を客観的に判断することも難しいでしょう。

そんなときにオススメなのは、転職のプロからのアドバイスです。つまり、「転職エージェントの活用」です。

転職エージェントでは、担当のコンサルタントがあなたに付きます。求人探しから志望動機の書き方といった相談に乗ってくれますし、面接対策までサポートしてくれるのです。

転職エージェントのサービスは無料。転職活動に息詰まったら、一度利用してみると良いですよ!

20代におすすめの転職エージェント 成功者に聞いた!20代におすすめ転職エージェントを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。