成功者に聞いた!20代におすすめ転職エージェントを比較

20代におすすめの転職エージェント

新卒で就職活動を行った時、自分の望む企業に就職できた方もいれば、望んでいない企業に就職した方もいたでしょう。

望んだ企業に就職できても、自分が思っていた環境とは違っていたり、将来に希望が持てなくなったりと、その企業で頑張っていく気力を無くした方も少なくないでしょう。

更なる飛躍を求めて転職を決意した方も、今の環境から逃げ出したくて転職を望む方も、転職活動を行う上で、転職エージェントを利用するのとしないのとでは、その就職成功率に差が出てきます。

ハローワークを利用したり、転職雑誌を利用したりして就職を探すのも間違いではありませんが、転職エージェントには転職を成功させるためのサービスが充実しています。

今回は、20代の転職者の方にお勧めの転職エージェントの紹介をします。

なぜ20代は転職エージェントを利用した方が良いのか?

ハローワークを利用しても、若ければ早期就職は難しくはありません。ですが、希望する職種や企業の就職情報が思ったほど多くはないといったデメリットがあります。

また、公共ということもあり、履歴書や職務経歴書の添削やキャリア相談などといったサービスを受けることが難しいというデメリットもあります。

多くの転職エージェントでは、無料で以下のようなサービスを行っています。

転職エージェントの無料サポート
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 求人紹介
  • キャリアコンサルタントによる就職アドバイス
  • 面接指導
  • 面接日程の調整
  • 条件交渉

転職エージェントに登録すれば、以上のようなサービスを無料で受けられるだけでなく、ハローワークなどでは公開されていないような求人が多数あるというメリットがあります。

また、どの転職エージェントにもキャリアアドバイザーがいますので、初めての転職でもキャリアアドバイザーに相談しながら行えるというメリットもあります。

仕事をしながら転職先を探しているのであれば、転職エージェントに登録・利用することで、時間をうまく使いながら転職活動を行えます。

また、既に会社を辞めてしまい、直ぐにでも転職しなければならないというのであれば、尚のこと転職エージェントを活用して、早期就職を目指すこともできます。

早期に転職を目指すなら、転職エージェントの利用は有効な手段です。

20代向けの転職エージェントの選び方

これまで転職エージェントを使ったことが無い方から売れば、そのメリットもよく解らなければ、多数あるエージェントからどこを選べば良いのか分からないといった問題があります。

そこで、転職エージェントを選ぶ際に何を基準にすればいいのかを説明します。

テレビCMなどで名前を聞いたことがある転職エージェントを選ぶ

doda」や「リクナビ」など、テレビCMでもお馴染みの転職エージェントは、かなり昔から就職支援事業を行っています。

皆さんが生まれる以前から、学生のアルバイト支援をはじめ、就職や転職をサポートしてきた企業です。

当然、その実績だけでなく求人数も業界のNo.1とNo.2ですので、安心して相談できます。

名前を聞いたことが無い転職エージェントの場合、実績はあまりないと思った方が良いでしょう。

自分の人生を決めるかもしれない転職を、名前もよく解らないような転職エージェントに任せるような方はまずいません。

当然、転職者の登録が少なく、転職させた人数も限られてきます。大手に比べてキャリアコンサルタントの実績に不安を持ってしまいます。

また、登録されている求人数もあまり期待できないといった不安も拭えません。

初めて転職エージェントを利用するのなら、まずは大手に相談することをお勧めします。

非公開の求人が多い転職エージェントを選ぶ

どの転職エージェントにも「非公開求人」というものがあります。

転職エージェントに登録していなくても、ネットなどで閲覧ができる求人は「公開求人」といいだれでも閲覧ができます。

この「公開求人」であっても、応募するにはサイトへの登録が必要となります。

これに対し「非公開求人」というのは、転職エージェントに登録した利用者にしか公開されない求人のことです。

そのため、この「非公開求人」が多いのか少ないのかは、転職エージェントに登録してみなければわかりません。

求人数の数が多いということは、それだけ多くの企業との取引があるということで、当然、転職者にとっては転職の選択肢が増えるため、より多くの利用者を獲得できます。

また、多くの企業との付き合いが多ければ多いほど、「非公開求人」というものも増えていきます。この「非公開求人」は企業と転職サイトとの信頼関係を表します。

つまり、より良い転職者を企業へ紹介できる転職エージェントは、それだけ企業からの信頼を得やすく、非公開の求人も得ることが出来るのです。

「非公開求人」の中には、利用者でも閲覧できないものがあります。これは、その転職エージェントのキャリアコンサルタントが持っている求人で、その求人内容にあった転職者にのみ公開されます。

どの転職エージェントが多くの「非公開求人」を持っているのか分からないので、まずは2つ以上の転職エージェントに登録しましょう。

キャリアコンサルタントを見極める

転職エージェントへの登録は基本どこも無料です。

いくつかの転職エージェントに登録をしたら、キャリアコンサルタントと相談をしましょう。

その相談の中で、キャリアコンサルタントの能力を見極めていきます。

能力を見極めるといっても難しいことではありません。

キャリアコンサルタントを見極めるポイント
  • 転職者の話をしっかりと聞いてくれるかどうか
  • 転職者が望む条件を理解しているかどうか
  • 転職者が望む条件に合った企業を紹介できるかどうか
  • レスポンスが速いかどうか

キャリアコンサルタントとの面談時に、自分の話しをしっかりと聞き、その内容を理解しているかどうかが重要となります。

話しを聞かないキャリアコンサルタントは、経験が浅いか能力が低いかのどちらかです。

また、希望しないような条件の求人情報ばかり持ってくるのであれば、転職者の希望を全く理解していないか、求人企業側からの信頼があまりなく、有効な求人情報を持っていない可能性があります。

最初にあたったキャリアコンサルタントだけが、能力があまり高くないということもありますので、その能力が気になるのであれば、担当を変えてもらうこともできます。

性格が合わないということもありますので、気になるのなら遠慮をしないで担当を代ってもらいましょう。

目的に合った転職エージェントに登録する

転職エージェントの多くは、どの業界にもネットワークを持っています。

ですが、中には業種や職種に特化した転職エージェントもあります。

例えば、あなたが医療関係の仕事をしているのであれば、その分野に特化したエージェントを探すのも。転職成功のカギとなります。

中には、外資系に強いエージェントやハイクラス(高給・高待遇)の求人だけを扱うエージェントもあります。

大手の転職エージェントを利用するだけでなく、自分の条件に合った転職エージェントにも登録をしておきましょう。

20代におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 運営企業:株式会社リクルートキャリア
  • 事業内容:人材紹介、転職支援 など

リクルートの創業は昭和60年代で、学生が学生のための就職支援を目的として創った会社です。

現在は転職者の支援がメインとなっており、転職実績No.1を誇っています。

リクルートエージェントだけでなく、「就職Shop」という新卒者や既卒者に向けた転職支援サイトも持っています。

但し、この「就職Shop」は都心部と関西圏に強く、地方での就職・転職を望む方にはあまり向いているとは言えません。

ですが、未経験者であっても採用してもらえるような案件を数多く持っており、書類選考なしで側面説をしてもらえる企業がほとんどです。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

doda

doda

  • 運営企業:パーソナルキャリア株式会社
  • 事業内容:転職支援、アルバイト情報発信、就職支援 など

皆さんも見たことがある、アルバイト雑誌やアルバイト紹介サイトの「an」は、このパーソナルキャリアが運営しています。余談ですが、「an」の創刊は1967年です。

DODAという転職のための雑誌が創刊されたのが、1989年です。

そのDODAが人材紹介を始めたのは、2000年代に入ってからですが、これまで築き上げてきた企業との信頼関係の元、その実績を伸ばしてきました。

初めての転職者にとってうれしい機能「レジュメビルダー」があるので、職務経歴書の書き方がわからなくても、この機能を使って書いていけば、使える職務経歴書を作成できます。

また、キャリアコンサルタントの評判は、他の転職エージェントに比べると高く、親身に相談にも乗ってもらえるようです。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

パソナキャリア

パソナキャリア

  • 運営企業:株式会社パソナ
  • 事業内容:派遣紹介業、就職支援、インソーシング、アウトソーシング など

1976年に大阪で創業された派遣会社です。現在のグループ代表が学生時代に起こしました。

派遣企業が母体となっているため、女性の就職・転職に強みを持っているエージェントです。

また、派遣業から人材紹介業まで運営しているので、各業種の専門アドバイザーが在籍しています。そのため、異業種への転職を希望しても、転職者のスキルだけでなく、志向性や性格、適性などを見て適切な求人情報を紹介してもらえます。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

  • 運営企業:株式会社マイナビ(毎日新聞社の関連企業として発足)
  • 事業内容:出版、留学支援、派遣業、住宅賃貸、ウェディング事業など、多岐にわたる

マイナビ転職を検索すると、「マイナビ転職○○」と様々な転職サイトが表示されます。

中には、新卒者の就職支援を目的としたサイトや、中高年を対象とした就職支援を行うサイトなど、様々です。

その中には、「20代・第二新卒」に特化したサイトもあります。このサイトに登録をしておけば、20代の方や第二新卒の方に適した就職情報を検索することが出来ます。

株式会社マイナビは、300社以上の人材紹介会社と連携し、500名以上の転職エージェント(キャリアコンサルタント)と契約をしています。

そのため、より多くの非公開求人を有していると言えます。

特に、法人向けに行っている事業の中に「新卒就職支援」というものがあり、新卒者の就職にとても強い転職エージェントであることもわかります。

ということは、20代の方にとっても利用する価値のある転職エージェントと言えます。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

ウズキャリ

  • 運営企業:株式会社UZUZ
  • 既卒者の就職支援に特化した転職エージェントです。

登録絵のTOPページにはっきりと「ブラック企業排除」をうたっています。

会社の待遇や残業の多さ、休日出勤の多さなどが原因で転職を考えた方にとっては、安心して転職先を探せるという利点があります。

目的別でエージェントを選ぶ

今回は初めての転職者にお勧めの転職先ばかりをリストアップしましたが、大手転職エージェントの多くは、外資系に特化したサイトや医療関係に特化したサイトなど、業種や目的に応じた転職サイト・転職エージェントを運営しています。

自分の転職の目的に合った転職エージェントに登録をしましょう。

転職エージェントに登録してから就職するまで

転職エージェントは、登録して終わりではありません。

転職に向けてスタートラインに立っただけだと認識しましょう。

転職エージェントに登録してから就職するまでの、簡単な流れは以下の通り通りです。

エージェントに登録

登録時に簡単な経歴や転職先の希望条件を書かなければならないので、ある程度経歴と希望条件をまとめておきましょう。

担当者からの連絡

登録した電話やメールへ連絡があります。
この時に最初のキャリアカウンセリングの予約をします。

キャリアカウンセリング

自分の経歴と転職先の希望など、自分自身をしっかり理解しておきます。

カウンセリングの元となる履歴書や職務経歴書をある程度完成させておきます。

求人の紹介

転職者の経歴・能力・希望条件から、転職者に適していると判断した求人を紹介してもらえます。

応募書類の添削と面接対策

紹介してもらった求人を気に入れば、応募となります。

応募先企業に合わせて、応募書類の添削や面接対策を行ってもらえます。

企業面接

面接の日程なども、キャリアコンサルタントが調整してくれます。

公開求人の場合は、すべて自分で行います。

内定

自分からも連絡を取ること

以上のように、転職エージェントは転職までのサポートを行ってくれます。

ですが、キャリアコンサルタントから頻繁に連絡が来るわけではありません。特に現在もまだ就業中であれば、尚更キャリアコンサルタントからの連絡は少なくなります。

最初の求人紹介のときに断ったり、内定をもらえなかったりした場合は、キャリアコンサルタントからの連絡を待つのではなく、自分からも定期的に連絡するようにしましょう。

また、就業中の方は特に、転職の意志が固いことをしっかりと伝えておく必要もあります。

転職者からの連絡が少なければ、転職の意志が低いのだと判断されてしまいます。

転職の意志が無い方のために転職エージェントは手厚いサポートをしません。

定期的に連絡を取ることで、転職する意思を示すこともできます。

この連絡のときに、「何かいい求人はありませんか?」と聞くのではなく、「○○の求人はありませんか?」といった、業種や職種を具体的に示すような聞き方をしましょう。

自分の希望を言うことで、キャリアコンサルタントも転職者にとって有効な求人を探しやすくなります。

20代の転職を成功させるために必要なこと

若年層、特に20代でありながらなかなか転職に成功できない方には、以下のような共通点があります。

  • 自分の転職を他人任せにする
  • 自分の能力を理解していない
  • 高望みをしすぎる
  • 希望する職種や業種について何も情報を持っていない
  • 転職活動を行うための具体的な計画・スケジュールをたてていない

自分の転職を他人任せにしない

転職エージェントに登録しただけで満足し、全てをエージェント任せにしてしまうと、なかなか転職は出来ません。

まずは、転職エージェントが何をサポートしてくれるのか、しっかりと理解しておきましょう。

希望する職種・業種について知っておこう

以前筆者は、機械系の転職支援を行っていたことがあります。

紹介先は主に特定派遣の企業でしたが、それらの企業の担当者から言われたのは、

「自動車産業では、20代の若い人しか採用したがらない。特に未経験者は25歳までと言われているので、若い人を紹介してほしい」

「航空機産業は、工業系の大学卒しか採用してくれない」

といった、特定された人材しか採用しないということでした。

自動車産業や航空機産業の多くの企業では、設計部門で実際に図面を書いたり3Dモデリングを行ったりしているのは、このような特定派遣の企業からの派遣社員です。

そのため、一流大学を卒業していなくても航空機の設計や自動車の設計に携わることも可能です。

ですが、未経験者を採用するには先程のような条件を付けてくる企業が殆どなのです。

キャリアコンサルタントに相談する時も、どのような仕事をしたいのかしっかりとしたビジョンを持って相談することで、仕事に必要な知識や資格を取得することなどをアドバイスしてもらえます。

自分を知ろう

キャリアの浅い20代の転職者の場合、これといった実績も経験もなく、自分にできることは少ないと感じている方が多いようです。

確かに、大学や専門学校で知識を得ていたとしても、実務としての経験は少ないでしょう。ですが、その少ない経験の中で、自分が何をしてきたのか、何が出来るのかを正しく把握することが、早期転職に繋がっていきます。

また、自分が何をしたいのかがわかっていなければ、転職を繰り返すことになりますので、最初の転職のときにしっかりと、自分の目的を理解しておく必要もあります。

そのためには、「なぜ、転職を考えたのか」という理由が解っていなければなりません。

会社内の雰囲気や体制が気に入らなかったのか、望んだ職種ではなかったのか、もう一度よく考えてください。

棚卸をしよう

自分の能力を知るためには、自分の棚卸をしなければいけません。

入社してから今日までに、仕事で何をしたのか

電話応対、接客、伝票整理など、初心者がするような事ばかりでも構いません。

仕事で何を学んだのか

新しい知識や技術を学んだのであれば、その内容を書きだします。

何が出来るようになったのか

パソコンのソフトの操作でも構いません。

数字で表示できる実績があれば書き出す

営業実績や、成約実績、売上実績などです。

小さなことでも構いません。出来ること・学んだことを全て書きだして下さい。

使える能力かどうかの判断は、キャリアコンサルタントがしてくれます。

就職までのスケジュールを具体的に立てる

転職活動を始めたら、まずはいつまでに転職するのか、目標をたてます。

3か月後なのか、半年後なのか、1年かけてじっくりと気に入る企業を見つけるのか、自分の中である程度の転職時期を決めておきます。

就業中の方の場合、あまり時間をかけすぎると、自分を取り巻く環境が変わってしまうこともあるので、あまり悠長にしないように短期での転職を考えた方が良いかもしれません。

転職の時期を決めたら、あとは就職までのある程度のスケジューリングを行います。

スケジューリングの例

第1週:自己分析と履歴書の作成

第2週:転職エージェント登録とキャリアコンサルタントとの面談

第3週:求人情報検索と応募

第4週:応募書類の添削と面接準備

具体的なスケジュールと言っても、思う通りにはいきませんので、ある程度の余裕を持たせたスケジューリングを行います。

複数の転職エージェントに登録している場合は、尚更しっかりとスケジュール管理をしていないと、ダブルブッキングといったミスを犯しかねません。

どのような仕事も、タスク管理が重要であるように、転職活動にもタスク管理が必要だと心得ておきましょう。

その他の20代の転職成功の秘訣はこちらで紹介しています。

20代の転職方法 20代の転職を成功させるためのポイントとは?プロが語る転職方法

最後に

転職エージェントをうまく活用することで、早期転職を成功させることが出来ます。

1つのエージェントに絞るのではなく、複数のエージェントに登録し、より多くの求人情報を得るようにしましょう。

また、転職は他人任せではうまくいきません。自分でも積極的に転職活動をするようにしましょう。

20代はまだ若く、新しいことにもチャレンジしやすい年齢です。躊躇うことなく、失敗を恐れず、新しいことにどんどん挑んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。